関金駅(せきがねえき)は、かつて鳥取県東伯郡関金町大鳥居(現・倉吉市関金町大鳥居)に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)倉吉線廃駅)である。倉吉線の廃止に伴い、1985年昭和60年)4月1日に廃駅となった。

関金駅
関金駅跡.jpg
かつての駅前通り(2007年2月撮影)。
駅のあった場所はこの道の奥。
せきがね
Sekigane
上小鴨 (4.6km)
(3.0km) 泰久寺
所在地 鳥取県東伯郡関金町大鳥居*
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 倉吉線
キロ程 15.2km(倉吉起点)
電報略号 セカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1941年(昭和16年)5月17日
廃止年月日 1985年(昭和60年)4月1日
備考 倉吉線廃止に伴い廃駅
*廃止当時
テンプレートを表示

駅構造編集

廃止時は、1面2線の島式ホームを有する地上駅かつ有人駅で、構内南側に有蓋車用の貨物ホーム(1面1線)があった。機関車牽引の列車は、この駅より先の泰久寺山守の両駅での機関車の付け換えが不可能だったため、全て当駅で折り返していた。

歴史編集

駅跡地編集

線路跡は当駅のやや倉吉寄りの地点から、関金と泰久寺の中間あたりまでが農道に整備されている。駅舎の跡地は駐車場や花壇に整備され、現在は駅前通りだった道と「駅前自治公民館」という公民館が残されている。

駅跡地周辺編集

交通アクセス編集

  • 倉吉駅より日交バス関金バスセンター・明高方面行で37〜38分、「中学校入口」または「関金庁舎前」で下車。

隣の駅編集

日本国有鉄道
倉吉線
上小鴨駅 - (4.6km) - 関金駅 - (3.0km) - 泰久寺駅

脚注編集

[ヘルプ]