関 長誠(せき ながのぶ)は、備中国新見藩の第5代藩主。新見藩関家6代。

 
関長誠
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 延享2年6月24日1745年7月23日)?
死没 文化7年2月11日1810年3月15日
改名 長誠、東鶴翁(法号)
墓所 東京都港区白金台瑞聖寺
官位 従五位下備前守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
備中新見藩
氏族 関氏
父母 関政富:不詳
養父関政辰
兄弟 長誠政辰富矩、浄願院、富昌安藤広峯室、岩瀬氏以養女、金森可英養女
長輝森長義、千衛子
テンプレートを表示

略歴編集

生年は延享2年(1745年)6月24日生まれと言われているが、寛保2年(1742年)生まれという説もある。第3代藩主・関政富の長男であったが、父の死後は幼少の異母弟・政辰が家督を継いだ。これは、長誠の母が側室だったためである。そのため、30歳まで部屋住みの身分であった。しかし安永3年(1774年)に政辰が嗣子無くして死去すると、養子としてその家督を継いだ。

文武両道の名君であって新見生まれであり、豪放闊達な性格を生かし藩政改革を行なった。父・政富が創設した藩校・至誠舘を振興させ、財政再建を主とする藩政改革でも成功を収めた。このとき丸川松隠を招聘し、至誠舘の督学とし、また政治顧問として藩政に起用、殖産事業を行なった。

寛政7年(1795年)11月24日、家督を長男・長輝に譲って隠居し、東鶴翁と号した。文化7年(1810年)2月11日に死去した。享年66、もしくは享年69。

教養人としても一流で、学問に富み、筆に優れ、和歌も嗜む名君であった。

系譜編集