関電トンネルトロリーバス

関電トンネルトロリーバス(かんでんトンネルトロリーバス)は、長野県大町市にある扇沢駅富山県中新川郡立山町にある黒部ダム駅との間を関電トンネル (5.4 km) を介して結ぶ、関西電力無軌条電車(トロリーバス)の路線である。正式には、関電トンネル無軌条電車と呼称する[1]

関電トンネルトロリーバス
黒部ダム駅に停車中の車両
黒部ダム駅に停車中の車両
基本情報
日本の旗 日本
所在地 長野県富山県
種類 無軌条電車
起点 扇沢駅
終点 黒部ダム駅
駅数 2駅
開業 1964年8月1日
所有者 関西電力
運営者 関西電力
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
路線距離 6.1 km
線路数 単線
電化方式 直流600 V 架空電車線方式
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
BUS
↑路線バス(信濃大町方面)
uSTRrg uBHFq uSTRlg
0.0 扇沢駅
uSTR utSTRa
utSTRa utSTR
utSTRlf utSTRq utABZlg
utSTR+GRZq
長野県富山県
utBS2rf utBS2lf
関電トンネル 5.4km
utBS2l utBS2r
utSTR
utSTRq utABZq+l utABZgr+r
黒部トンネル(専用線)
utSTR utBHF
6.1 黒部ダム駅
utSTRlf utSTRrf
WASSERq uexRESVGl WASSERq
黒部ダム黒部湖
tKBHFa
黒部湖駅
FUNI tSTR
黒部ケーブルカー
扇沢駅に到着した300形
扇沢駅にて回送中の車両

目次

概要編集

立山黒部アルペンルートの一部である。路線のほとんどが関電トンネルと称するトンネルで、関西電力黒部川第四発電所関連施設の建設のために建設され、1958年に貫通したもので、現在でもトロリーバスの運行のみならず、黒部ルートとともに工事用資材輸送にも使用されている。

運営は関西電力(本社・大阪府大阪市)で、同じ運輸業でも、グループ企業の関電アメニックス北アルプス交通)や黒部峡谷鉄道と違い、直営である。

路線データ編集

  • 路線名 : なし
  • 路線距離(営業キロ) : 6.1 km
  • 駅数 : 2駅(起終点駅含む)
  • 複線区間 : なし。全線単線(関電トンネル中央部に行き違い設備あり)
  • 電化方式 : 直流 600 V
  • 閉塞方式 : カウンターチェック(台数確認)式・スタフ閉塞式併用
    途中のトンネル内信号所で対向車と行き違いするが、全区間を一閉塞とした併合閉塞で運行する場合もある。続行運転時は最後尾の車両がスタフを携行する。

運行形態編集

所要時間16分。冬期(毎年12月1日 - 翌年4月中旬)は運休する。

車両編集

歴史編集

  • 1963年(昭和38年)
    • 3月26日 - 「関西電力株式会社の上扇沢・ダム間の地方鉄道(無軌条電車)敷設免許申請について」運輸審議会へ諮問[2]
    • 4月23日 - 運輸審議会が「関西電力株式会社申請の上扇沢・ダム間(5.9キロ)の地方鉄道(無軌条電車)の敷設は、免許することが適当である。」と答申[2]
  • 1964年(昭和29年)8月1日 - 扇沢駅 - 黒部ダム駅間が開業
  • 2017年(平成29年)7月6日 - 扇沢駅にて、トロリーバスの乗車人数が累計6,000万人を達成したことを記念式典が開催[3]

駅一覧編集

駅名 営業キロ 接続路線
扇沢駅 0.0 東日本旅客鉄道(JR東日本)大糸線信濃大町駅方面路線バス
黒部ダム駅 6.1 立山黒部貫光黒部ケーブルカー黒部湖駅(徒歩約15分)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 関電トンネル無軌条電車 平成27年度 安全報告書 (PDF)
  2. ^ a b 1963年7月2日運輸省告示第207号「運輸審議会の答申があつた件」
  3. ^ 北日本新聞2017年7月11日朝刊27面

関連項目編集

外部リンク編集