閩南民系(びんなんみんけい)または福佬人とは台湾中華民国中華人民共和国福建省などに居住する漢民族の一派。東南アジアの華僑の多くもこれに属する。会話言語には共通性があって閩南語ホーロー語(福佬話)と呼ばれ、その中には台湾語福建語の2つの方言がある。文書に関しては中国の福建省と東南アジアは中国語を使い、台湾は教会ローマ字(白話字)を使う。

Hoklo People.jpg

閩という漢字が虫を含むため、近年は閩南を河洛あるいは福佬と記す。河洛は河南と洛陽を意味し、そこにいた人々が長い時間を掛けて福建省を中心とした地域に移民したという伝承がある。この一方で抗体やDNAに基づき、元来この地域に住んでいた人々(百越)が混血や同化政策を通じて漢民族中の閩南に分類されたとの研究がある[1]

出典・脚注編集

  1. ^ 『台灣人的族源、夢經絡靈異、及其它』 活石文化、2016年12月7日。ISBN 9789869188791 

関連項目編集