閩州(びんしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から唐代にかけて、現在の福建省に相当する地域に設置された。

魏晋南北朝時代編集

南朝陳により閩州が立てられた。ほどなく閩州は廃止された。後に豊州が立てられた。

隋代編集

589年開皇9年)、が南朝陳を滅ぼすと、豊州は泉州と改められ、その属郡は廃止された。606年大業2年)、泉州は閩州と改められた。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、閩州は建安郡と改称され、下部に4県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
豊州 広州 建安郡
晋安郡 建安郡 南安郡 義安郡 閩県 建安県
南安県 竜渓県
原豊県
侯官県
温麻県
建安県
呉興県
建陽県
沙村県
晋安県
竜渓県
蘭水県
莆田県
綏安県

唐代編集

623年武徳6年)、により隋の建安郡は泉州と改められた。711年景雲2年)、泉州は閩州と改称された。725年開元13年)、閩州は福州と改められた[2]

脚注編集

  1. ^ 隋書』地理志下
  2. ^ 旧唐書』地理志三および『新唐書』地理志五