メインメニューを開く
本来の表記は「閻伝紱」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

閻 伝紱(えん でんふつ)は、中華民国満州国の政治家。満州国では司法部大臣などをつとめた。紉韜

閻伝紱
Yan Chuanfu.jpg
『朝日新聞』昭和17年(1942年)9月29日夕刊
プロフィール
出生: 1896年光緒22年)
死去: 1962年
中華人民共和国の旗 中国遼寧省撫順市
出身地: 清の旗 盛京将軍管轄区奉天府金州庁
職業: 政治家
各種表記
繁体字 閻傳紱
簡体字 阎传绂
拼音 Yán Chuánfú
和名表記: えん でんふつ
発音転記: イエン チュアンフー
ラテン字 Yen Ch'uan-fu
テンプレートを表示

事跡編集

金州南金書院を卒業。1913年民国2年)、日本に留学する。県立仙台中学校などを経て、1923年(民国12年)、東京帝国大学経済学部に入学した。帰国後は、大連中華青年会副会長となる。さらに南満州鉄道株式会社嘱託にもなった。1924年(民国13年)、関東庁で勤務する。1928年(民国17年)、大連市市長となった[1][2]

満州事変(九・一八事変)勃発後、閻伝紱は奉天省諮議に任ぜられる。満州国建国後の1932年大同元年)4月8日、立法院長に転じた趙欣伯の後任として奉天市市長に起用された[3]。この他、協和会審査処処長、日満文化協会理事にも就任している[1]1935年康徳2年)5月、浜江省省長兼北満特別区公署長官となる(翌年1月、北満特別区は廃止)。1937年(康徳4年)7月1日、吉林省省長に異動した[4]1942年(康徳9年)9月28日、司法部大臣に任ぜられ[5]、満州国滅亡まで在任した。

満州国滅亡後、閻伝紱はソ連軍に逮捕、連行され、ハバロフスク第45収容所に収監された。1950年8月、中華人民共和国に引き渡され、撫順戦犯管理所に収監されている。1962年4月、獄中で病没。享年67[1]

編集

  1. ^ a b c 孫(1990)。
  2. ^ 徐主編(2007)、2646頁。
  3. ^ 「閻伝紱氏 奉天市長に決定発表」『東京朝日新聞』昭和7年(1932年)4月9日。
  4. ^ 「満州の人事異動 行革に伴い七月発令」『東京朝日新聞』昭和12年(1937年)6月12日。
  5. ^ 「共栄圏の重責完遂へ 満州国大臣全面更迭」『朝日新聞』昭和17年(1942年)9月29日夕刊。

参考文献編集

  • 孫棫蔚「偽満州国大臣省長的大連人」『大連文史資料 第7輯』大連市政協文史資料委員会、1990年。
  • 山室信一『キメラ-満洲国の肖像 増補版』中央公論新社中公新書)、2004年。ISBN 4-12-191138-5
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   満州国
先代:
呂栄寰
北満特別区公署長官
1935年5月 - 1936年1月
次代:
(廃止)
先代:
呂栄寰
浜江省長
1935年5月 - 1937年7月
次代:
施履本
先代:
李銘書
吉林省長
1937年7月 - 1942年9月
次代:
金名世
先代:
張煥相
司法大臣
1942年9月 - 1945年8月
次代:
(廃止)