皇貴妃閻氏(こうきひ えんし、1510年代? - 1540年2月9日嘉靖19年1月2日))は、嘉靖帝の妃嬪。

経歴編集

山西の庶民であった閻紀の娘として生まれる。容貌が美しく、嘉靖10年(1531年)に方氏(後に皇后となった)ら9人と共に、選抜されて後宮に入り、麗嬪となった。

嘉靖12年(1533年)、皇長子朱載基が生まれたが、その2か月後に夭折した(哀沖太子とされた)。嘉靖帝は閻氏を憐れんで麗妃に封じた。嘉靖15年(1536年)、貴妃に進んだ。父の閻紀は正三品錦衣衛指揮使に任じられた。

嘉靖19年1月2日(1540年2月9日)、薨去した。享年は20代だったとみられている。嘉靖帝はその死を悲しみ、閻氏は皇貴妃に追封され、栄安恵順端僖とされ、天寿山に葬られた。

伝記資料編集

  • 『明世宗実録』
  • 『明故戚畹昭勇将軍錦衣指揮使閻紀墓志銘』