閻 錫山(えん しゃくざん、1883年10月8日 - 1960年5月23日)は、中華民国台湾)の軍人・政治家。伯川。号は龍池

閻錫山
Yan Xishan.jpg
国民政府時代の閻錫山
プロフィール
出生: 1883年10月8日
光緒9年9月8日
死去: 1960年民国49年)5月23日
中華民国の旗 中華民国台北市
出身地: Flag of China (1889–1912).svg 山西省代州五台県河辺村
職業: 政治家・軍人
各種表記
繁体字 閻錫山
簡体字 阎锡山
拼音 Yán Xīshān
ラテン字 Yen Hsi-shan
和名表記: えん しゃくざん
発音転記: イエン・シーシャン
テンプレートを表示

軍人としての最終階級は中華民国陸軍一級上将。中国同盟会に加わり、辛亥革命では山西省での蜂起を主導した。中華民国成立後、北京政府から山西督軍に任じられると、軍政を握る一方で省内の近代化を推進した。1927年中国国民党北伐が本格化すると、蔣介石と同盟し、国民政府内で重鎮となった。しかし、権力の拡大とともに蔣介石と次第に対立、反蔣介石戦争の中原大戦で敗北し、一時下野している。復帰後も山西省に拠り、日中戦争期には中国共産党や日本軍と交渉・対立した。最後は国共内戦で共産党に敗北し、台湾へ逃亡している。

事績編集

 
北京政府時代の閻錫山
Who's Who in China 3rd ed. (1925)

辛亥革命から山西派指導者へ編集

1883年光緒9年)に山西省代州五台県河辺村で高利貸を兼ねた地主の家に生まれた。1902年(光緒28年)、19歳のときに太原にある国立山西武備学堂に入学している。1907年(光緒30年)7月に日本へ留学し、東京振武学校(士官学校の予備校)を経て陸軍士官学校で学ぶ。日本留学中に孫文(孫中山)と知り合い、中国同盟会に加入した。弘前歩兵第31連隊勤務などを経て、1909年宣統元年)に陸軍士官学校を卒業して帰国している[1][2][3]

帰国後[4]1910年(宣統2年)に朝廷から新軍第43混成協[5]第86標標統[6]に任命された。しかし、その一方で、同盟会の構成員として秘密裏に革命派の活動を行っている。そして、1911年(宣統3年)の辛亥革命の際に革命派を率いて挙兵、山西省内の清軍を撃破すると、山西軍政府大都督として推戴された。中華民国成立後の1912年民国元年)3月、袁世凱から正式に山西都督に任命されている[7][2][3]

都督に就任すると閻錫山は山西省の軍政両権を握る。当初の閻錫山は孫文ら革命派ではなく、袁世凱らの北京政府を支持した[8]。しかし、1917年護法運動勃発後、湖南に派遣した商震率いる山西軍(晋軍)が護法運動派に殲滅されると、北京政府とは不即不離の関係をとるようになる[3]。また、「保境安民」(山西モンロー主義)を唱えて内政に力を入れ、豊富な資源を利用して工業化を進め、山西省を模範省に育てた[9]。こうして閻錫山は山西派(晋系)の指導者として、中華人民共和国成立直前まで山西省をほぼ掌握し続けた[10][11]

国民革命軍への易幟、反蔣戦争での敗北編集

1924年(民国13年)、馮玉祥北京政変(首都革命)を発動した際には、当初中立の姿勢をとったが、最終的に馮玉祥を支持した。しかし、1925年(民国15年)末頃に張作霖呉佩孚が「討赤」を唱えて対馮玉祥包囲網を形成すると、閻錫山は馮玉祥を見限って討伐する側に転じている[3]。馮玉祥の国民軍が西北へ退却すると、閻錫山は綏遠省も掌握し、自軍を「晋綏軍」と称した。その一方で部下の趙丕廉武漢に派遣し、密かに国民政府との連携も確立させ始めている[12]

1927年(民国16年)4月、閻錫山は国民政府から国民革命軍第3集団軍総司令に任命され、6月に易幟を公式に宣言した[13]。また、中国国民党第3期中央執行委員にも選出された[14]1928年(民国17年)2月からは北京天津方面へ出兵して奉天派の軍を駆逐し、平津衛戍総司令に任命された。同年10月には国民政府内政部長に任じられている[15][2][3]。これにより閻錫山は、従来の根拠地山西省だけでなく、綏遠察哈爾河北・北平・天津へと勢力圏を広げたのである[16]

国民政府の北伐完成後から間もなく、反蔣介石派の軍閥らが次々と挙兵し、各地で戦争が頻発した。閻錫山は初め親蔣介石の姿勢を保っていた[17]。しかし、1930年4月、ついに他の反蔣介石派と連合して4月に陸海空軍総司令を自称し、中原大戦を発動した[18]。ところが、張学良が蔣介石を支持して関内に進軍したため、反蔣介石連合軍は瓦解、閻錫山は大連に逃れ、日本の庇護を受けた[19][2][3]

復帰後、山西派壊滅まで編集

1931年(民国20年)8月、山西に戻り、1932年(民国21年)3月に太原綏靖公署主任に任命されて復権した。1935年(民国24年)4月に陸軍一級上将銜を授与され、12月には軍事委員会副委員長に任じられている。しかし、1936年(民国25年)2月、陝西省から「東征」してきた紅軍中国共産党)に晋綏軍は惨敗を喫する。これに危機感を覚えた閻錫山は反共から「連共抗日」路線への転換を表明して共産党と和解し、9月には犠牲救国同盟会を成立させた[20][21][2][3]

1937年(民国26年)、日中戦争(抗日戦争)が勃発すると、第2戦区司令長官兼山西省政府主席として日本軍に対峙する。閻錫山の地盤は、日本軍、国民党中央軍、共産党軍の進出で動揺した。1939年(民国28年)には、勢力を増大させた共産党軍との間で衝突(晋西事件)も起きる。1941年(民国30年)9月には日本の「対伯工作」を利用して現地日本軍と停戦協定を締結し、兵力を温存した[22][23]

1946年(民国35年)から始まった国共内戦では、山西軍に加え、残留した日本兵(中国山西省日本軍残留問題を参照)の部隊(暫編独立第十総隊)を使い、中国人民解放軍と戦った。しかし、閻錫山は次第に劣勢に追い込まれて省会(省都)太原を人民解放軍に包囲されてしまう。1949年(民国38年)3月、代理総統李宗仁が閻錫山を召還したことも理由となり、飛行機で太原を脱出、南京に逃れた。太原では娘婿の王靖国らが残留して抗戦を継続したが、4月24日に陥落、37年もの間続いた山西派の勢力はここに消滅した[24][3]

晩年編集

1949年6月に行政院長国防部長に任じられたが、内戦の劣勢により広州を経て台湾に逃れた。この間、香港に逃亡した李宗仁に代わって総統代行に就任[25]1950年(民国39年)3月1日に蔣介石が総統復帰を宣言するまで在職し、1950年3月までに各職を辞任する。台湾では総統府資政や国民党第7期・第8期中央評議委員を務め、その傍ら反共主義の著述に専念した。引退後は台北北部陽明山に隠居し、執筆活動に専念。手が不自由になっていたため、第2戦区司令長官就任以来秘書を務めていた原馥庭に口述筆記させていた[26]1960年(民国49年)5月23日、居宅で死去。享年78(満76歳)[27][28][3]

著作編集

  • 『閻錫山の防共政策』(統治問題研究所、1928年
  • 『世界平和のために』(文川堂書房、1950年
  • 『共産主義の何に反対するか?何に依って反共するのか?』(大同学社、1951年
  • 『大同の路』(大同学社、1952年
  • 『大同国際宣言草案』(閻錫山、1955年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 徐珌鴻(1999)、369-370頁。
  2. ^ a b c d e 徐友春主編(2007)、2647頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 劉国銘主編(2005)、2030頁。
  4. ^ 一時、山西陸軍小学の教官や監督を務める。
  5. ^ 「協」は、清末の新軍の編成単位。旅団に相当。
  6. ^ 「標」は、清末の新軍の編成単位。「標」は連隊に、「標統」は連隊長に相当。
  7. ^ 徐珌鴻(1999)、370-373頁。
  8. ^ 1915年(民国4年)に袁世凱が皇帝に即位した際にもこれに賛同し、閻錫山は一等侯に封じられている。
  9. ^ 鉄道建設、教育機関の充実などの功績は高く、現在でも山西庶民の間で評価されている。
  10. ^ 1930年11月に下野してから1932年3月に復権するまでの期間を除く。
  11. ^ 徐珌鴻(1999)、376-377頁。
  12. ^ 徐珌鴻(1999)、377-378頁。
  13. ^ 中国国民党中央政治会議常務委員、党政治会議太原分会主席、国民政府軍事委員会委員等にも任命されている。
  14. ^ 以後第4期でも中央執行委員、第5期・第6期では中央常務委員にそれぞれ選出。
  15. ^ 代理として趙戴文を派遣した。
  16. ^ 徐珌鴻(1999)、379-380頁。
  17. ^ 一時、馮玉祥に与して反蔣介石に転じる動きも見せたが、1930年(民国19年)1月に陸海空軍副総司令に任命されたため、親蔣介石派に留まった。
  18. ^ 蔣介石が、自分の権力剥奪を狙っていると確信したためという。
  19. ^ 徐珌鴻(1999)、380-381頁。
  20. ^ 同時期に起こった綏遠事件では、傅作義率いる晋綏軍が日本の支援を受けた内蒙軍を撃退している。
  21. ^ 徐珌鴻(1999)、381-384頁。
  22. ^ 日本軍が傀儡政権として樹立した汪兆銘政権(南京国民政府)の山西省政府は、蘇体仁ら閻錫山の腹心が長を務めており、戦争中も密かに閻錫山と提携している。
  23. ^ 徐珌鴻(1999)、384-391頁。
  24. ^ 徐珌鴻(1999)、391-394頁。
  25. ^ 中華民国憲法第49条の規定に基づく措置。在職期間は1949年11月20日から1950年2月28日まで。
  26. ^ “我如滄海一粟,漂到台湾——専訪閻錫山秘書原馥庭先生”. 山西新聞网. (2012年4月14日). http://www.sxrb.com/culture/whkd/1412826.html 2018年3月13日閲覧。 
  27. ^ 徐珌鴻(1999)、394頁。
  28. ^ 徐友春主編(2007)、2647-2648頁。

参考文献編集

  • 徐珌鴻「閻錫山」 『民国高級将領列伝 1』解放軍出版社、1999年。ISBN 7-5065-0261-5 
  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1 
  • 劉国銘主編 『中国国民党百年人物全書』団結出版社、2005年。ISBN 7-80214-039-0 
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1 
  • 姜椿芳ほか 編 『中国大百科全書(中国歴史Ⅲ)』中国大百科全書出版社、1992年。ISBN 7-5000-0353-6 
  • 天児慧ほか 編 『岩波現代中国事典』岩波書店、1999年。ISBN 4-00-080091-4 

関連編集

   中華民国
先代
(創設)
山西都督
1912年3月 - 1914年6月
次代
(将軍に改称)
先代
(都督から改称)
山西将軍
1914年6月 - 1916年7月
次代
(督軍に改称)
先代
(将軍から改称)
山西督軍
1916年7月 - 1925年1月
次代
(督弁に改称)
先代
(督軍から改称)
山西督弁
1925年1月 - 1927年6月
次代
(廃止)
   中華民国
先代
(創設)
山西省政府主席
1927年6月 - 1929年8月
次代
商震
先代
薛篤弼
内政部長
1928年10月 - 1929年9月
趙戴文が代理)
次代
楊兆泰
先代
(創設)
蒙蔵委員会委員長
1928年12月 - 1930年4月
次代
馬福祥
先代
趙戴文
山西省政府主席
1943年12月 - 1949年
次代
(廃止)
   中華民国
先代
何応欽
行政院長
1949年6月 - 1950年3月
次代
陳誠
先代
何応欽
国防部長
1949年6月 - 1950年1月
次代
顧祝同
先代
何応欽
美援会主任
1949年6月 - 1950年3月
次代
陳誠
先代
李宗仁
(代行)
総統
(代行)
1949年11月 - 1950年2月
次代
蔣介石