メインメニューを開く

闇のあとの光』(やみのあとのひかり、Post Tenebras Lux)は、2012年のメキシコフランスドイツオランダの映画監督脚本製作カルロス・レイガダス出演はアドルフォ・ヒメネス・カストロやナタリア・アセベドなど。

闇のあとの光
Post Tenebras Lux
監督 カルロス・レイガダス
脚本 カルロス・レイガダス
製作 カルロス・レイガダス
ハイメ・ロマンディア
出演者 アドルフォ・ヒメネス・カストロ
ナタリア・アセベド
撮影 アレクシス・サベ
編集 ナタリア・ロペス
製作会社 No Dream Cinema
Mantarraya Productions
配給 フルモテルモ
コピアポア・フィルム
公開 フランスの旗 2012年5月24日(カンヌ国際映画祭
日本の旗 2014年5月31日
上映時間 115分
製作国 メキシコの旗 メキシコ
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
オランダの旗 オランダ
言語 スペイン語
フランス語
英語
テンプレートを表示

2012年、第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されて、レイガダスが監督賞を受賞[1]。また同年、第25回東京国際映画祭ではWORLD CINEMA部門に『闇の後の光』の題名で出品された[2]

キャスト編集

  • フアン - アドルフォ・ヒメネス・カストロ
  • ナタリア - ナタリア・アセベド
  • ルートゥ - ルートゥ・レイガダス
  • エレアサル - エレアサル・レイガダス
  • セブン - ウィレバルド・トーレス

脚注編集

  1. ^ Awards 2012 : Competition, Festival de Cannes, オリジナルの2013-10-15時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20131015041146/http://www.festival-cannes.fr/en/archives/2012/awardCompetition.html 2014年7月12日閲覧。 
  2. ^ 闇の後の光, 東京国際映画祭, オリジナルの2012-11-08時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20121108075706/http://2012.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=153 2014年7月12日閲覧。 

外部リンク編集