メインメニューを開く

闇を斬る!大江戸犯科帳

闇を斬る!大江戸犯科帳』(やみをきる!おおえどはんかちょう)は、1993年3月9日~12月21日まで、毎週火曜日20時00分~20時54分の時間(2時間スペシャル時は19時00分~20時54分放送)に日本テレビ系列で放送された、時代劇である。全22話。

目次

作品概要編集

所帯を持つ大目付の一色由良之助と独身で堅物の北町奉行・小笠原能登守は幼馴染。法で裁く小笠原と、法で裁けぬ悪を闇奉行と名乗り斬り捨てる由良之助、対立しつつも信頼し合う、互いの友情関係を軸に江戸に蔓延る悪と対峙していく。 最終回で由良之助が将軍徳川家斉を諌めるべく切腹したため、1シリーズ限りで終わった。

キャスト編集

  • 大目付・一色由良之助:里見浩太朗 ・・・ 幕府大目付。普段は浪人体に身をやつしつつ遊びを好むなどしているが、法では裁ききれない悪を「闇奉行」と称して解決しようと暗躍する。その回の悪党と対峙する場面では「闇」の紋が付いた黒い着物に宗十郎頭巾の出で立ちで登場し、「闇奉行、参上」と名乗る。そして悪党が正体が一色であると気づいて部下を呼び出すと「じたばたするでぇ!」と一喝入れてから罪状を読み上げ、白を切って証拠はあるのかを尋ねると「やかましい!闇奉行の俺に証拠なんざいらねえんだ!叩き斬る!性根を据えて、かかって来い!!」と返しつつ太刀を抜き、次々と斬り捨てる。
  • 北町奉行・小笠原能登守泰久:西郷輝彦 ・・・ 時の江戸北町奉行として、法と職務に忠実たらんとするため、一色と相容れないこともある。一色より年下の幼馴染みでもある。堅物の性格の持ち主。
  • 一色の妻・きよ:田中好子 ・・・ 一色の妻。夫が裏で何をしているかは知らないが、「闇奉行」の存在を口にしたりする。夫とは仲良しである。
  • 一色密偵・六助:火野正平 ・・・ 按摩でありながら「いかさま師」として賭場荒らしを繰り返していた男。第1話で一色に窮地を救ってもらったことを機に密偵となる。最初は一色の正体を知らなかった。第14話で風魔の刺客から君江を庇って絶命。
  • 一色密偵・伝六:鈴木ヒロミツ ・・・ 六助とは旧知の飴売り。偶然六助と再会したことがきっかけで一色と出会い彼の手伝いをするようになる。第14話から出演。
  • 辰己芸者・桃太郎:岡まゆみ ・・・ 一色が懇意にしている芸者。当然、その正体も知っている。一方、小笠原(踊りの弟子という)のことも知っており、双方に通じている。
  • 小笠原密偵・助六:桜金造 ・・・ 小笠原の密偵として働く人物。似た名前の六助とは犬猿の仲。普段は紙問屋の行商人として行動している。
  • 北町同心・北見礼四郎:長谷川恒之 ・・・ 小笠原の配下で働く北町奉行所の同心。第1話で、一色を大目付と知らずに賭場で捕縛してしまう。
  • 一色御用人・白髭権十郎:今福将雄 ・・・ 一色家の用人。しばしば屋敷を抜け出したりする一色に気を揉んでいる。
  • 老中・兵頭丹後守:丹波哲郎(特別出演) ・・・ 幕府老中。一色の法から逸脱した手法を認めている。

スタッフ編集

  • 原案:小川英
  • プロデューサー:岡部英紀、菊池昭康、大藤博司、今井正夫
  • 撮影:原田裕平、小林善和、片山顕、羽田辰治、萩屋信
  • 照明:伊勢晴夫、土居欣也、大谷康郎、武邦男、亀山譲、畑下隆憲
  • 録音:神戸孝憲、面屋竜憲、木村均
  • 美術:高見哲也、鈴木孝俊、山下謙爾、栗崎元成、三浦寮二
  • 編集:藤原公司
  • 記録:西村直美、小川加津子、三橋千尋、西野敏子、内藤幸子
  • 助監督:喜田川隆義、佐藤晴夫、梅原重行
  • 音楽:川村栄二
  • 音楽ディレクター:鈴木清司
  • 音楽協力:日本テレビ音楽
  • 整音:加藤正行
  • 計測:長谷川光徳、原田国一、作村龍二
  • 衣裳:米田稔
  • 装置:水谷好孝、小川善春
  • 装飾:三木雅彦
  • 小道具:高津商会
  • 美粧・結髪:東和美粧
  • かつら:山崎かつら
  • 特技:宍戸大全
  • 邦楽監修:中本哲
  • 演技事務:西村尚三
  • スチル:林晋、深野隆、佐々木千栄治
  • 広報:織田弘美
  • 進行:木岡敦、土生川明弘、宮崎俊弥、松田渡
  • 擬斗:菅原俊夫・上野隆三(東映剣会)
  • 折り紙監修:河合豊彰
  • 現像:IMAGICA
  • プロデューサー補:大澤雅彦
  • 題字:片岡脩
  • ナレーター:田畑猛雄
  • 進行主任:進藤盛延
  • 協力:瞼企画
  • 制作協力:東映太秦映像
  • 制作著作:ユニオン映画

各話サブタイトルリストとゲスト出演者編集

話数 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト出演者
第1話 「闇奉行誕生!」 小川英
中野顕彰
金鐘守 綾部頼母:風間杜夫(友情出演)、お静:増田恵子
堀口天源:青木義朗、今泉軍兵衛:南条弘二
喜三郎:西園寺章雄、綾部家用人:水上保広、賭場元締:有川正治
谷口孝史福本清三、西山清孝、木下通博
第2話 「君よ怒りの剣を取れ!」 小川英
胡桃哲
結城格之進:梨本謙次郎、しのぶ:北原佐和子
伊奈隼人正家継:伊藤高、別府半助:石倉英彦、牧野:久賀大雅
菊三:上野淳、千太:平岡秀幸、辰五郎:遠山金次郎
主人:有島淳平、浪人:藤沢徹夫
第3話 「闇奉行対闇奉行」 小川英
蔵元三四郎
小野田嘉幹 井坂圭吾:萩原流行、横手但馬守:中田浩二
荒木覚兵衛:中田博久、笹木:芝本正、遠州屋:疋田泰盛
おとよ:五代百絵、小峰隆司、藤長照夫
第4話 「風花に泣く女」 和久田正明 小りん:蜷川有紀、月形刑部:浜田晃、堀田左仲:滝田裕介
室町屋嘉兵衛:幸田宗丸、笠次郎:高松しげお、おちか:一谷伸江
田中弘史紅萬子、波多野博、峰蘭太郎
第5話 「悲しい嘘」 小川英
井川公彦
金鐘守 お咲:上野めぐみ、稲垣民部:川合伸旺
大黒屋利左衛門:西田健、鮫三:高峰圭二、清庵:徳田興人
木崎:荻原郁三、大矢敬典、窪田弘和
第6話 「忠義よりも武士道よりも」 小川英
杉昌英
有賀彦太郎:大橋吾郎、有賀数馬:鷲生功、小枝:松本友里
山脇主膳:高野真二、猪俣謙良:北原義郎
佐伯伊予守:溝田繁、藤長照夫
第7話 「危うし北町奉行!」 ちゃき克彰 小野田嘉幹 浅見壱岐守:亀石征一郎、戸田玄蕃:小沢象
河内屋仙蔵:高桐真、磯上:小笠原弘、弥助:重久剛一
定八:武井三二、小船秋夫、峰蘭太郎
第8話 「雪姫ご乱行」 和久田正明 雪姫:辻沢杏子、座光寺蔵人:松橋登水戸斉脩:宗方勝巳
おきた:津島令子、若年寄:小笠原弘、白井滋郎、浜田雄史
第9話 「闇奉行に罠をかけろ!」 小川英
中野顕彰
井上泰治 疾風の万七:中野誠也、坂田出雲守:外山高士、鬼塚左内:成瀬正孝
岬屋徳兵衛:長谷川弘、利吉:大竹修造
第10話 「江戸城御金蔵を狙え」 小川英
北川哲史
片岡儀右衛門:神田正輝、三島多門:和崎俊哉
千田備前守:高城淳一、村野龍一郎:小林正希、小夜:加藤由美
安田:五十嵐義弘、遠山金次郎、志茂山高也
第11話 「運命の銃弾」 小川英
胡桃哲
五月雨の紋次:菅貫太郎、山科上総介:原口剛
浅吉:崎津隆介、松五郎:阿木五郎、宗兵衛:伝法三千雄
有島淳平、井上茂、木谷邦臣、藤沢徹夫、司裕介
第12話 「鬼の棲む島夢の島」 中野顕彰 金鐘守 徳兵衛:峰岸徹、溝口出羽守:江見俊太郎、入船屋伍平:黒部進
お久:三浦リカ、竜之助:福原学、田中弘史、赤城太郎
西園寺章雄、伊庭剛、中嶋俊一、志茂山高也、波多野博
第13話 「捨て猫を拾う男」 小川英
山田貴美子
お登和:竹井みどり、松倉出雲守:深江章喜
政五郎:中村孝雄、直次郎:井上高志、市松:海津亮介
第14話 「筆頭老中への陰謀」
(2時間スペシャル)
小川英
中野顕彰
斉藤光正 勝山九十郎/しろがね屋治兵衛:中尾彬(二役)、君江:喜多嶋舞
徳川家斉:森次晃嗣、長谷部大学頭:長谷川明男
後藤金右衛門:石田太郎、木三郎:原田清人
第15話 「故郷からの恋文」 ちゃき克彰 井上泰治 矢沢左近:荒木しげる、足立織部正:田中明夫
綾乃:伊藤美由紀、正木隼人:平田桃介、おふみ:速川明子
赤石源之丞:出水憲、田島屋:松田明、寺社奉行:大木晤郎
第16話 「道化の涙」 和久田正明 原田雄一 半田珍阿弥:吉田次昭、おしの:松原ひろの
土御門宗冬:立川三貴、飛鳥井時房:沖田さとし、錦小路正光:広瀬義宜
側用人:芝本正、若年寄:荻原郁三、勘定奉行:朝日完記
第17話 「人情裁き!裏表二人奉行」 小川英
中野顕彰
義太郎:佐野圭亮、小菊:桜井久美、野々山河内守:中田浩二
桑原多聞:高品剛、大貫長明:楠年明、喜作:石倉英彦
若年寄:荻原郁三、境:下元年世、源太:井上茂
第18話 「闇に咲く花」 田村多津夫 金鐘守 菊恵(おきく):吉川十和子、滝川景之:名和宏、梅吉(おうめ):片桐夕子
秋葉主殿:永井秀明、片野勝三郎:水上保広
若年寄:荻原郁三、小堀:久賀大雅
第19話 「蛍大名」 小川英
杉昌英
井上泰治 おいと:若林志穂、太吉:新田純一、辰五郎:砂塚秀夫
沢田河内守直之:石山雄大、大村屋治平:西山辰夫
山城:溝田繁、萩の方:谷口友香
第20話 「闇の大物!」 小川英
蔵元三四郎
金鐘守 おなつ:相川恵里、春日部肥前守:御木本伸介
篠山角之進:伊藤高、大津屋喜三郎:須永克彦、本城:当銀長太郎
与力:大木晤郎、女将:宮田圭子
第21話 「流人の島から来た娘」 田上雄 井上泰治 お妙:佐藤忍、慈光:石山律雄
佐伯伊賀守:遠藤征慈、久世相模守:五味龍太郎
第22話
(最終話)
「闇奉行死す!」
(2時間スペシャル)
小川英
中野顕彰
金鐘守 木戸新之助:薬丸裕英、玉置豊後守:神山繁、手まり:立花理佐
徳川家斉:森次晃嗣、林越山:大出俊、栗田:赤羽秀之
川本:山崎りょう、堀田真三黒田隆哉

オープニングナレーション編集

  • 「地獄極楽裏表。世間に隠れた闇奉行。御法を仕切る町奉行。裏と表が競い合い、この世に蔓延る悪を絶つ。それが、大江戸犯科帳、闇を斬る!」
初回・第1話のみ、このナレーションは無い。

補足編集

  • 当番組は「松平右近事件帳」から続いてきた一連の里見浩太朗主演時代劇シリーズの最終作となった。
  • 里見浩太朗演じる一色由良之助は、最終回の終盤で陰腹を斬っている。

再放送編集

番組自体が終了した後も、NNN系列局各局やBS日テレ時代劇専門チャンネル等で再放送されてきた。最近では、2015年8月17日より時代劇専門チャンネルでの再放送が予定されているが、これに先駆ける形で、同年7月19日に同チャンネルで放送された『時代劇専門チャンネル夏祭り』にて、15:40頃から同番組の第1話「闇奉行誕生!」が放送された。

  • 放送時間:平日(月曜日 - 金曜日)16:00 - 16:50 ※後日リピート放送あり。なお、2時間スペシャルを放送する場合は、直後の番組を休止もしくは放送開始時間を繰り下げる事で対応する予定。

関連項目編集

  • 長崎犯科帳 - 1975年に日本テレビ系列他にて放送。長崎奉行・平松忠四郎(萬屋錦之介)が、表の法で裁けぬ悪党を、仲間たちと共に闇で裁く、所謂「闇奉行」の元祖にあたる作品。一色由良之助配下の密偵・六助役の火野正平が三次役で出演していた。
日本テレビ 火曜20時枠
前番組 番組名 次番組
闇を斬る!大江戸犯科帳