闘鶏国造(つげのくにのみやつこ・つげこくぞう)は闘鶏国大和国北東部)を支配した国造

闘鶏国造
No image available.svg
本姓 闘鶏氏
家祖 神八井耳命
(初代神武天皇皇子
種別 皇別
出身地 九州
主な根拠地 大和国山辺郡都祁
著名な人物 #人物を参照
凡例 / Category:日本の氏族


概要編集

表記編集

日本書紀』に闘鶏国造とある他、都祁国造都下国造とも。

祖先編集

氏族編集

闘鶏氏(つげうじ、)。多氏同族の国造だが、允恭朝忍坂大中姫皇后に不敬があったため、稲置姓に落とされた。同族に姓も存在した。

本拠編集

大和国山辺郡都祁。現在の奈良県奈良市の旧都祁村近辺。

氏神編集

都祁水分神社か。祭神は速秋津比古命大国御魂命または天之水分神国之水分神

編集

人物編集

子孫編集

  • 闘鶏御田(つげのみた)
    猪名部御田とも。雄略天皇朝の大工。とびの達人で、楼閣上を走ること飛行するがごとくであったという。

系譜編集

神武天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神八井耳命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武宇都彦命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武速前命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敷桁彦命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武恵賀前命
 
武五百建命
崇神朝定賜科野国造
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武諸木命
 
武稲背命
石城国造祖)
 
建借馬命
(成務朝定賜仲国造
 
 
 
 
 
 
 
 
武敷美命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武比古命
成務朝定賜闘鶏国造
 
武忍凝命
多氏祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国造赤目君
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国造大山主君
仁徳朝献氷、是氷室之始也)
 
蛙手君
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国造角古君
反正朝稲置
 
百島君
(都祁直祖)
 
 
 
 

関連項目編集

参考文献編集