メインメニューを開く

闘鶏国造(つげのくにのみやつこ・つげこくぞう)は大和国北東部を支配した国造。都祁国造・都下国造とも。

闘鶏国造
No image available.svg
本姓 闘鶏稲置
家祖 神八井耳命
(初代神武天皇皇子
種別 皇別
出身地 大和国山辺郡都祁
主な根拠地 大和国山辺郡都祁
著名な人物 闘鶏大山主
闘鶏御田
凡例 / Category:日本の氏族


概要編集

祖先編集

神八井耳命神武天皇皇子で、綏靖天皇の兄。弟に皇位を譲り、神祇の奉斎者となった。

氏族編集

闘鶏氏。姓はだが、允恭朝忍坂大中姫皇后に不敬があったため、稲置姓に落とされた。

本拠編集

大和国山辺郡都祁。現在の奈良県奈良市の旧都祁村近辺。ただし、元の本拠は坐摩神社大阪市中央区)近辺ともいう。

氏神編集

都祁水分神社か。祭神は速秋津比古命・大国御魂命または天之水分神・国之水分神。

子孫編集

  • 闘鶏大山主 …… 仁徳朝の国造。氷室の氷を初めて御所に献上し、以後、氷室の管理者となった。 
  • 闘鶏御田 …… 猪名部御田とも。雄略朝の大工。とびの達人で、楼閣上を走ること飛行するがごとくであったという。

関連項目編集

参考文献編集