闘龍門2000プロジェクト

闘龍門2000プロジェクト(とうりゅうもんにせんプロジェクト)は、かつてメキシコを拠点としていた日本人ルチャドール養成学校。運営は闘龍門

歴史編集

2000年闘龍門の傘下団体「闘龍門JAPAN」所属選手を除いた闘龍門所属選手の5期生から8期生を中心に編成された「団体内団体」のような組織。

古曲メキシカンプロレス「ルチャリブレクラシカ」の復興をコンセプトにホルヘ・リベラを講師に迎えて闘龍門JAPANのような跳び技一辺倒ではなくメキシコ秘伝「6角形リング」を採用してメキシコ式複合関節技ジャベ」を駆使したスタイルのレスリングを展開していた。

2001年11月13日、闘龍門JAPAN後楽園ホール大会で日本に逆上陸を果たしてユニット「イタリアン・コネクション」を中心に約1年半の抗争を繰り広げた。

2003年1月27日、後楽園ホール大会を最後に解散。

メンバー編集

イタリアン・コネクション編集

ロイヤル・ブラザーズ編集

無所属編集

関連項目編集