この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213CJK統合漢字拡張B)が含まれています詳細

阜部(ふぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。

康熙字典 214 部首
門部 阜部 隶部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

康熙字典214部首では170番目に置かれる(8画の4番目、戌集の4番目)。

概要編集

源字となった「𠂤」「𨸏」には「積み重なったもの」の意味があり、さらに古い異体字で「𠼛」「𠻰」など、元は「大きな崖山の上に大きな岩が積み重なっている様子」を表した。ここから「大きい」という意味となり、「阜」字は小高い土山丘陵、「おか(丘)」を意味し、異体字に「峊」「𡶫」がある。

説文解字』によると、大きな「陸」(台地・高原の意)で、「山」に石がないものといい、その象形とする。また階梯の形に象るといった説もある。

なお、山地を表す字の一つで類義字が多いが、小さい方から「丘」「阜」「陵」「阿」の順とされる。また「山」は『説文解字』に「石有りて高」いものとあり、「山」は岩山、「阜」は土山という違いとされる。なお「岳」は「嶽」の簡体であり成り立ちが異なる。

篆書の字形では「𨸏」のように左側の縦画に「コ」字形が3つついた形であり、隷書にいたって最下の「コ」形が貫く横画に変形し、楷書ではこれを「十」字とするようになった。

偏旁の意符としては土山や丘陵といった地形、通行の障害、昇降、高低などに関することを示す。このとき左側の偏の位置に置かれるが、楷書では「𠂤」から2つのコの字を崩し、最後の横画を省略して「」のように変形している。これは邑部の偏旁と同形である。

阜部はこのような意符を構成要素に持つ漢字を収める。ただし、「隣」字の意符は「」であり、元々「鄰」と書かれていたものがなまったものである。

部首の通称編集

  • 日本:こざとへん(同じく「」の形になる「邑」が「おおざと」を意味することから)
  • 中国:左耳旁(人間の耳のような字形であることから)
  • 韓国:언덕부부(eondeok bu bu、おかの阜部)・좌부방(jwa bu bang、左の阜の旁)
  • 英米:Radical Mound

部首字編集

例字編集

画数 例字
0
3
4
5
6 7)・
7
8 )・
9
10 )・
11
12 13)
13 8)・9)
14 11)・
16