メインメニューを開く

阪下 優友(さかした ゆうすけ、1991年5月24日 - )は、日本プロボクサー愛知県豊橋市出身[1]WBOアジアパシフィックフライ級王者。角海老宝石ボクシングジム所属。かつてはとよはしボクシングジムに所属していた[2]

阪下 優友
基本情報
本名 阪下 優友
階級 フライ級
身長 167cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-05-24) 1991年5月24日(28歳)
出身地 愛知県豊橋市
スタイル 右ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 18
KO勝ち 13
敗け 8
引き分け 3
テンプレートを表示

来歴編集

2009年7月12日のプロデビュー戦はKO勝利[3]だったが、8か月後の試合でプロ初黒星[4]

2011年フライ級新人王西軍代表として、東軍代表青山功を相手に5回3-0(48-47、49-47x2)判定勝ちで全日本新人王を獲得[5]

その後2013年5月、角海老宝石ボクシングジムへ移籍[6]2014年10月4日後楽園ホールで日本フライ級王者の村中優と日本フライ級タイトルマッチを行い、8回2分42秒TKO負けで日本王座獲得に失敗[7]

2015年11月2日、後楽園ホールで開催された「日本タイトル最強挑戦者決定戦」にて日本フライ級2位の黒田雅之とフライ級8回戦を戦い、8回0-3(74-78、76-77x2)判定負けで日本王座挑戦権獲得に失敗[8]

そして2019年5月26日に大阪市大第二体育館で世界挑戦経験のある坂本真宏WBOアジアパシフィックフライ級王座決定戦を行い、6回1分6秒TKO勝ちでアジア王座獲得に成功[9][10]

獲得タイトル編集

戦績編集

  • プロボクシング - 29戦18勝8敗3分(13KO)

脚注編集

  1. ^ WBOアジアパシフィックWタイトル BOXING RAISE
  2. ^ プロボクシング選手「阪下優友」さんの声 まほろば治療院 2015年9月15日
  3. ^ 2009年7月試合結果 日本ボクシングコミッション
  4. ^ 2010年5月試合結果 日本ボクシングコミッション
  5. ^ 2011年度全日本新人王 フライ級 ボクシングモバイル
  6. ^ 小國がリング上から移籍あいさつ 角海老ジムへ Boxing News(ボクシングニュース) 2013年5月28日
  7. ^ 村中優が8回TKOで2度目の防衛、日本フライ級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月4日
  8. ^ 最強後楽園ミリオン、MVPは有川 Boxing Times 2015年11月3日
  9. ^ 阪下優友、ストロング小林佑樹がWBO・AP王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2019年5月27日
  10. ^ 理系大学院ボクサー坂本真宏無念…母校でTKO負け 日刊スポーツ 2019年5月26日

関連項目編集

外部リンク編集