メインメニューを開く
阪南スカイタウン内情景

阪南スカイタウン(はんなんスカイタウン)は、大阪府阪南市の中央部の丘陵地帯に、大阪府企業局が開発したニュータウンである。

目次

概要編集

  • 入居者数
    • 4,231人(H23.2月末)
    • 3,604人(H19.11末)
  • 入居者世帯数
    • 1,347世帯(H23.2月末)
    • 1,105世帯(H19.11末)
  • 計画人口 9,000人
  • 計画戸数 約2,500戸
  • 事業名称 阪南丘陵新住宅市街地開発事業
  • 事業主体 大阪府
  • 事業地 阪南市桃の木台地内
  • 敷地面積 約171ha

歴史編集

  • 1986年(昭和61年)12月 関西国際空港関連地域整備計画。
  • 1987年(昭和62年)8月 阪南市西部丘陵開発基本構想。
  • 1988年(昭和63年)3月 新住宅市街地開発事業の都市計画決定。
  • 1989年(平成元年)6月 土砂搬出開始。
  • 1992年(平成4年)12月 土砂採取完了。
  • 1993年(平成5年)8月 宅地造成着手。
  • 1993年(平成5年)9月 まちの愛称を「阪南スカイタウン」と決定。
  • 1996年(平成8年)3月 第一期入居開始。
  • 1996年(平成8年)4月 まちびらき式典開催。
  • 1996年(平成8年)4月 阪南市立桃の木台小学校、阪南市立飯の峯中学校が開校。
  • 2000年(平成12年)4月 私立桃の木台幼稚園が開園。
  • 2003年(平成15年)4月 第二阪和国道(桜ヶ丘北~箱作)部分開通。
  • 2005年(平成17年)7月 第二阪和国道(箱作ランプ・和歌山側)が開通。
  • 2007年(平成19年)4月]前山緑地がオープン。
  • 2008年(平成20年)3月 飯ノ峯川緑道がオープン。

交通編集

 
箱作ランプ

鉄道編集

バス編集

阪南スカイタウン内と箱作駅前を結ぶ路線を運行している。
阪南市を巡回するコミュニティーバスの桃の木台・万葉台コースが運行されている。尾崎駅前(12時34分)発の便を除き、全てのバスがタウン内を経由した後に箱作駅前を経由する。

道路編集

  • タウン入口に、第二阪和国道箱作ランプがあり、大阪・和歌山方面共に乗り入れることができる。
  • 箱作駅前線
阪南スカイタウンと大阪府道752号和歌山阪南線(旧国道26号)箱作駅前を結ぶ市道。

教育施設編集

幼稚園・保育園編集

  • 私立桃の木台幼稚園
  • 桃の木の森子ども園

小・中学校編集

公園編集

タウン内を貫く約4haの公園をはじめ、関西空港、明石海峡大橋、淡路島を望む展望公園が楽しめる。

  • 飯ノ峯川緑道
  • 展望緑地
  • 前山緑地
  • 桃の木台中央公園

 桃の木台西公園  桃の木台東公園  桃の木台南公園

その他の施設編集

 
デイリーカナートはやし 阪南店

介護・医療施設編集

  • さくらデイサービスセンター
  • きたの歯科医院

商業施設編集

  • デイリーカナートはやし(スーパーマーケット)
  • ホームセンターナフコ(ホームセンター)

関連項目編集

外部リンク編集