メインメニューを開く

阪口 慶三(さかぐち けいぞう、1944年5月4日 - )は、愛知県出身の高校野球指導者。東邦高等学校愛知県)野球部監督を経て大垣日大高等学校岐阜県大垣市)野球部監督。

阪口 慶三
大垣日大高等学校野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 (1944-05-04) 1944年5月4日(75歳)
選手情報
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 東邦高等学校
  • 大垣日本大学高等学校

経歴編集

東邦高校在学中は投手および一塁手として活躍。在学中、野球部は1961年春(第33回選抜高等学校野球大会)に甲子園出場を果たし、控え選手としてベンチ入り。その後愛知大学に進み中軸打者一塁手として活躍。卒業後の1967年に母校の社会科教諭および野球部監督に就任。当時は中京が愛知県の中で最も強豪校だったため、打倒中京を果たすべく“鬼の阪口”“阪口鬼三”などと恐れられる鬼監督として選手をスパルタ指導で鍛え上げ、愛知の強豪校としての伝統を守る。

1977年の第59回全国高等学校野球選手権大会では、1年生右腕の“バンビ坂本佳一を擁し準優勝。しかし、坂本在学中の甲子園出場は1年夏が最初で最後となった。78年以降、同校は80年春、85年春夏、86年春に出場するも全て初戦敗退。転機が訪れたのは、久々に初戦突破した1988年。第60回選抜高等学校野球大会で、2年生左腕の山田喜久夫を擁し決勝まで進んだ東邦は、春初出場の宇和島東に敗れ、準優勝に終わる。監督の上甲正典をはじめ、笑顔を絶やさずのびのびとプレーする宇和島東ナインに対し、帰名後に見た同試合のビデオテープに映っていた阪口は鬼の形相であったという(バントを失敗した選手に対してものすごい勢いで怒ったりした)。「こんな顔をしていては選手が萎縮してしまう。」と悟った阪口は、試合中に笑顔を見せるよう努める(最初は手の平に書いた「笑」という文字を見るなどして無理矢理笑っていたらしい)などした結果、翌1989年の第61回選抜高等学校野球大会の決勝戦では元木大介種田仁らを擁する上宮に延長10回逆転サヨナラ勝ちし、自身初の優勝を決める(サヨナラタイムリーを放った選手が打席へ向かう際に笑顔で打席へ送り出したという)。その試合後のインタビューでは「前年は、私のベンチでのマナーが悪くて優勝を逃してしまった。」と述べていた。しかし、「甲子園出場を決めても労いの言葉をかけてもらえなくなった。」など、学校の姿勢に不満を抱くようになった阪口は2004年7月11日に今夏限りで東邦監督を勇退することを発表した。(特別講師という形で学校に残ることもできたが、定年退職という形で東邦高校を去る。)後任は1977年夏準V時の4番・主将で1984年からコーチを務めていた森田泰弘。

2004年8月30日に請われて新天地・大垣日大の監督への就任が発表される。(2004年秋時点では顧問、2005年4月より正式に監督就任)。当初は東邦とのレベルの違いに戸惑いを覚えることもあったが、全国制覇の要因となった「脱・鬼監督」路線をさらに進めるなどして選手のハートを掴み(選手と一緒に温泉に行ったりした)、そして東邦時代からの持ち味である守備を重視した指導により2007年、第79回選抜高等学校野球大会に希望枠で初出場。決勝で、前年秋の東海大会準決勝で敗れている常葉菊川にまたも敗れて準優勝に終わるが、ベンチの前で四股を踏んだり、試合中バントがうまくいかない選手に対し「笑え!」とサインを出したり(その選手は直後に2点タイムリーを放つ)、試合に勝った後の宿舎で飛行機が飛ぶ真似をして喜んだりという脱・鬼監督パフォーマンスが「阪口劇場」の異名を取るなど、“仏の阪口”と呼ばれるようになった阪口の新たな一面が注目された。しかし、当然のことながら厳しい練習では鬼を捨てず、魂の入っていないプレーに対しては容赦なく怒り続けた。続く第89回全国高等学校野球選手権大会にも初出場を決め、準々決勝まで進んだ。ベスト4をかけた準々決勝で秋、春に続いて常葉菊川に敗れてしまった。また、ベンチ前で四股を踏むようなポーズを取ったりモーニング娘のLOVEマシーンの振り付けのようなものをインタビューでするなど甲子園を沸かせた。

2009年秋季東海大会にて同校としては初優勝を果たし、監督として初の明治神宮野球大会への出場を決め、優勝した。翌2010年の明治神宮大会でもベスト4入りし迎えた第83回選抜高等学校野球大会では東北大震災で被災した東北高校との対戦が決まり複雑な胸中を見せるも東北高校の練習時にボールを贈り健闘を誓い合い、全力プレーの相手には全力プレーが礼儀という姿勢で試合を行った。

2014年の選手権の初戦となった藤代高校戦では初回に8点を先制される立ち上がりとなるも徐々に点差を詰めて行き、12-10で勝利した。インタビューでは「もう涙がふき出るぐらい感激しています。(自身)30回目の甲子園で、野球人として最高の思い出ができて幸せ」と大逆転を振り返った。

采配編集

投手を含めた守りを重視したチーム作りをする。投手育成には完成度よりもスケールを求め、朝倉健太に伝授するまではスライダーを「投手を小粒にしてしまう」という理由で投げさせず、高校生は直球とカーブだけで勝負というこだわりを持っていた。

攻撃では機動力を重視した采配が目立つ。判で押したような送りバント重視ではなく、バント、エンドラン、盗塁、意表を突く強攻策といった相手を揺さぶる采配が特徴。「打線は水物」の思いが強く、強打を前面に出したチーム作りは好んでいない。

そして、将来有望と見た選手は入学直後からベンチに入れ、公式戦やベンチの雰囲気に慣れさせるためにどんどん試合に使っている。(坂本佳一、山田喜久夫、水谷完、2007年甲子園出場選手、阿知羅拓馬など多数)

また、上記にも記載されている「鬼の阪口」と呼ばれる一方で、休養の重要さも認識しており、山田喜久夫が在籍していたころには週1日全体練習(いわゆる絶対参加の練習)の休養日を設けている。阪口自身も当時の週刊ベースボールの高校野球特集号の記事の中で「(翌日休みの日の)全体練習が終わるとみんなうれしそうな顔をする。私もそんな顔を見るとうれしくなる。」とコメントしている。そうした選手の心を掌握することが、試合での采配にも生かされている。

主な教え子編集

東邦高校時代編集

大垣日大高校時代編集

甲子園での成績編集

  • 東邦:出場24回 25勝23敗・優勝1回・準優勝2回(春:出場13回 15勝12敗・優勝1回・準優勝1回/夏:出場11回 10勝11敗・準優勝1回)
  • 大垣日大:出場8回 13勝8敗 準優勝1回(春:出場3回 8勝3敗・準優勝1回/夏:出場5回 5勝5敗)
  • 通算:出場32回 38勝31敗 優勝1回・準優勝3回

関連項目編集