メインメニューを開く

概要編集

1970年10月に、石橋営業所から川西市猪名川町内の路線を分化する形で開設。開設に必要なインフラの整備には、清和台団地のデベロッパーである進和不動産(現在の進和建設工業)から補償を受けた。

川西・猪名川地区郊外のニュータウンの開発が進むに連れ、利用客は年々増加。1980年代後半以降にはダイヤの増発によって次第に車両も不足し始めたため、増車を兼ねて1987年5月猪名川営業所が開設された。

1996年4月2日県道12号バイパスが開通し、関連路線の大増発が行われると、猪名川営業所の所属車が頻繁に川西市内に乗り入れるようになった。また、車両の在籍数も元々敷地の広かった猪名川が清和台を上回った。その経緯で、現在は猪名川営業所が川西・猪名川地区における営業拠点となっている[1]ものの、実質的には両者で一体的な運行体制が敷かれている。

2001年4月1日からは、清和台営業所前 - 日高町間(県道12号バイパス沿線)において公共車両優先システム(PTPS)が導入され、特にラッシュ時における運行の定時性に威力を発揮している。

なお、川西市内でも川西能勢口駅から南側の区間を経由する路線や満願寺線伊丹営業所が、川西能勢口駅から宝塚駅までの路線は宝塚営業所がそれぞれ担当している。

  • 所在地: 兵庫県川西市清和台東1丁目1番5号

運行路線編集

川西猪名川線編集

2002年3月24日の路線改編で、杉生線、猪名川パークタウン線、つつじが丘線、けやき坂線を総称して「川西猪名川線」、各路線をそれぞれ「川西猪名川線○○系統」と表記するようになったが、ここでは配布用時刻表での表記に基づいて記述している。

杉生線編集

  • 1系統:JR川西池田川西バスターミナル - 萩原台 - 鴬台 - 清和台営業所前
  • 1系統:清和台営業所前→鶯台→萩原台→パルティ川西前→JR川西池田
  • 12系統:川西バスターミナル - 丸の内町 - 多田神社前 - 清和台営業所前
  • 30系統:川西バスターミナル→丸の内町→西多田一丁目→鴬台→萩原台→川西バスターミナル(循環)
  • 深夜バス:川西バスターミナル→萩原台→鴬台→清和台営業所前
1系統は県道12号バイパス(日高町 - 萩原台間)の開通に伴い、1996年4月2日の路線改編で誕生。川西池田・川西能勢口の両駅と、清和台の住宅地を結ぶメインの系統である。
猪名川パークタウン線つつじが丘線の本数を加えると、川西 - 清和台間で早朝から深夜にかけ、非常に利便性の高い運行体制をとっている。車両は清和台営業所のほか、猪名川営業所の所属車も使用されている。また、朝ラッシュ時の清和台→川西行きと夕ラッシュ時の川西→清和台行きの一部の便において速達便(特急・快速)を運行し、1998年7月18日の改正からは深夜バスの運行も開始した(運賃は通常の倍額が必要)。
一方12系統は、1996年4月2日の路線再編前の川西 - 清和台間を結ぶメインの系統で、県道12号旧道を走行する。1996年4月2日の路線再編で、旧道経由の清和台行きは全て猪名川町方面(後川、北田原、日生中央など)行きとなり、一旦姿を消したものの、2002年3月24日の改正で川西 - 清和台間の区間便が復活した。車両は大型車のほか、松が丘系統(5,15系統)の入出庫の関係で一部中型車も充てられている。30系統は旧道の沿線(多田大橋、多田神社前、矢問など)からバイパスを経由し川西方面への速達性の向上を図るために2002年3月24日の改正より運行を開始した系統である。

杉生線(湯山台・松が丘系統)編集

  • 4系統:JR川西池田→川西バスターミナル→萩原台→南野坂→湯山台→萩原台→川西バスターミナル/JR川西池田(循環)
  • 4系統:川西バスターミナル→萩原台→南野坂→湯山台→湯山台口
  • 43系統:川西バスターミナル→萩原台→南野坂→湯山台→湯山台口→西多田→けやき坂循環
  • 4系統:錦松台口→南野坂→湯山台→萩原台→川西バスターミナル
  • 5系統:川西バスターミナル→松が丘南→萩原台→川西バスターミナル(循環)
  • 5系統:川西バスターミナル→松が丘南→萩原台
  • 15系統:川西バスターミナル→松が丘南→萩原台→丸の内町→川西バスターミナル(循環)
  • 10系統:川西バスターミナル→萩原台→川西明峰高校前南野坂二丁目
4系統は1996年4月2日の路線改編により設定された。県道12号バイパスを走行し、萩原台から南野坂と湯山台の住宅地を数字の8を描くように回り、再び萩原台へ戻る循環ルートとなっている。車両は清和台営業所のほか、猪名川営業所の所属車も使用されている。
43系統は2012年3月26日のダイヤ改正で新設され、深夜のみに設定されている。末端のけやき坂地区では、けやき坂四丁目→けやき坂三丁目→けやき坂二丁目→けやき坂五丁目の順に地区内を回る。
5系統と15系統は松が丘地区などのやや狭隘なルートを経由するため、中型車が使用されている。4系統と同様に路線改編により設定された系統で、5系統は平日の朝ラッシュ時に運行される。萩原台→川西間はバイパスを経由し、松が丘地区から川西方面への速達性の向上を図っている。
10系統は朝ラッシュ時の車庫へ戻る回送便の一部を旅客化したもので、1998年9月1日より運行開始(当時は9系統で、2002年3月24日から10系統に改番)。川西明峰高校前停留所は当初「おりば専用」とされていたが、2012年3月26日の改正で南野坂二丁目(宝塚医療大学の最寄り)まで延伸されたことで、「のりば」に改められた。朝のみ運行されるが、川西明峰高校と宝塚医療大学がともに休校日の場合は運休。逆方向の設定はない。
※路線改編前の系統は過去の担当路線#萩原台線を参照

けやき坂線編集

  • 3系統:JR川西池田→川西バスターミナル→萩原台→鴬台→けやき坂循環→けやき坂五丁目
  • 3系統:けやき坂五丁目→けやき坂循環→鴬台→萩原台→川西バスターミナル/JR川西池田
  • 3系統:けやき坂循環→けやき坂五丁目→鴬台→萩原台→川西バスターミナル
  • 13系統:川西バスターミナル - 丸の内町 - 多田神社前 - けやき坂循環 - けやき坂五丁目
  • 23系統:けやき坂循環→けやき坂五丁目 - 清和台営業所前
  • 33系統:川西バスターミナル→萩原台→鶯台→けやき坂五丁目→けやき坂循環
  • 43系統:川西バスターミナル→萩原台→南野坂→湯山台→湯山台口→西多田→けやき坂循環→けやき坂五丁目
「けやき坂循環」は、けやき坂四丁目→けやき坂三丁目→けやき坂二丁目回りを表す。
「けやき坂二丁目」停留所では、川西方面から来たけやき坂循環・けやき坂五丁目行きは降車のみ、けやき坂循環方面から来たけやき坂五丁目・川西行きは乗降ともに取り扱う。
2012年3月26日の改正で全便がけやき坂五丁目経由となり、それにあわせて系統番号と経路の整理が行われた。
33系統は早朝から朝ラッシュ時にかけて設定され、けやき坂五丁目から「3系統」に変わる。また、3系統のけやき坂循環→けやき坂五丁目→川西方面行は夕ラッシュ以降に運行される。
43系統は前項の湯山台・松が丘系統の項目を参照。
3系統と23系統は合わせて運行される便がある。
この他、春の彼岸と盆、秋の彼岸、年末にはけやき坂地区にある川西市公営霊園へ向けて、川西能勢口駅発着の無料送迎バスが運行されている(川西市から委託)。

多田グリーンハイツ線編集

  • 104系統:平野→水明台一丁目→向陽台三丁目→平野(循環)
  • 104系統:水明台一丁目→向陽台三丁目→平野
  • 105系統:平野→向陽台三丁目→水明台一丁目→平野(循環)
  • 105系統:平野→向陽台三丁目→水明台一丁目
猪名川営業所にも同名の所管路線があるが、近隣の大和団地線も担当している関係で、多田グリーンハイツ地区への路線は当営業所が中心となっている。

清和台平野系統編集

  • 101系統:平野 - 緑台三丁目 - けやき坂一丁目 - 清和台営業所前
  • 102系統:平野 - 緑台三丁目 - けやき坂一丁目 - けやき坂循環※ - けやき坂一丁目 - 清和台営業所前
「けやき坂循環」は、けやき坂四丁目→けやき坂三丁目→けやき坂二丁目回りを表す。
1981年7月13日より運行を開始。開始当初は「移瀬」を経由する便が中心だったが(過去の担当路線「多田グリーンハイツ線・102系統」も参照)、1984年7月16日の改正でけやき坂一丁目経由の101系統が新設され、101系統と102系統とで二分された。
その後、1996年4月2日の改正で全便が101系統に集約され102系統は一旦廃止となるが、1999年7月14日の改正より、101系統の一部の便をけやき坂住宅内(二丁目 - 四丁目地区)へ延長し、循環運行する便として102系統が再び設定された。

川西病院系統編集

  • 100系統:平野 - 向陽台三丁目 - 川西病院前 - 山下駅前
東畦野地区にある市立川西病院へのアクセス路線。同病院は1983年10月に川西市中央町(現在の市役所、保健センターの辺り)から移転してきたが、最寄り駅である山下駅からは1kmほど離れており、長らく病院への路線の新設が待望されていた。
周辺道路の整備に伴い、1993年4月9日に運行開始となった。現在は、2001年3月1日に開業した大和団地線が昼間に病院玄関前[2]経由で平野 - 山下駅前間を運行しているため、100系統は昼間以外の時間帯(朝と夕以降)に設定されている。

過去の担当路線編集

杉生線編集

1996年4月2日以降
  • 10系統:川西バスターミナル - 丸の内町 - 多田神社前 - 清和台営業所前 - 紫合 - 北田原 - 杉生 - 杉生新田 - 後川
片道30km以上を走破する長距離路線で、当時の一般路線バスでは最長距離を誇っていた。
1996年4月2日の改正より川西 - 猪名川町方面行きの系統のほとんどが清和台から猪名川営業所の担当となるが、この系統だけは引き続き当営業所が担当していた。
後川(しつかわ、当時の名称は「篠山町後川」)まで区間が延ばされたのは1984年5月10日からで、それ以前は杉生新田が終点とされていた[3]
2002年3月24日の改正で、猪名川町北部へ向かう路線が日生中央発着に集約されたことにより廃止。
1996年4月1日まで
  • 杉生→北田原→清和台営業所前→多田神社前→川西市役所前→川西バスターミナル
  • 池田→(JR川西池田→)川西バスターミナル→丸の内町→多田神社前→清和台営業所前→紫合→北田原
  • 北田原→紫合→清和台営業所前→多田神社前→川西市役所前→川西バスターミナル→(JR川西池田→)池田
日生中央駅開業以前(最長系統のみ表示)
  • 池田 - 多田神社前 - 紫合 - 上阿古谷
  • 池田 - 多田神社前 - 紫合 - 屏風岩 - 槻並
  • 池田 - 多田神社前 - 紫合 - 屏風岩 - 杉生 - 柏原
  • 池田 - 多田神社前 - 紫合 - 屏風岩 - 杉生 - 杉生新田 - 籠坊温泉
  • 杉生新田 - 杉生 - 森上
日生中央駅開業、および清和台団地の完成前は「池田 - 猪名川町北部」によって系統が構成されていた。当時は県道12号バイパスもなく、現在の旧道を南北に縦断していた。
最も長い籠坊温泉系統は片道32.2km、100分以上もの時間を要していた。その後、まず籠坊温泉系統が廃止(後に先述の後川まで延伸)、日生中央駅開業以降はほとんどの系統を同駅前広場や紫合・北田原の発着に短縮化、昭和55年頃には槻並・上阿古谷系統を廃し、現在に至る。なお、槻並・上阿古谷方面については後の猪名川町内線開設により路線復活を果たしている。
2002年3月24日改正以降
  • 30系統:川西バスターミナル→萩原台→鶯台→西多田一丁目→丸の内町→川西バスターミナル(循環)
  • 31系統:清和台営業所前→多田神社前→西多田一丁目→鴬台→川西バスターミナル
30系統は平日ラッシュ時間帯に運転され朝時間帯は川西→丸の内町方面、夕方時間帯は川西→萩原台方面で運行されていた。
2012年3月26日の改正で川西→萩原台方面のみ廃止され、現在は川西→丸の内町方面のみの運行となっている。
31系統は平日の朝ラッシュ時に運転。2012年3月26日のダイヤで廃止。

萩原台線編集

1996年4月2日以降
  • 14系統:川西バスターミナル - 丸の内町 - 西多田(現:西多田一丁目、以下同じ) - 湯山台
  • 24系統:湯山台→西多田→川西市役所前→川西バスターミナル
1996年4月2日の路線改編により、バイパス経由の4系統、5系統が新設され、従来の旧道経由は減便のうえ、61系統と69系統(湯山台行)は14系統に、62系統は24系統に、66系統は15系統にそれぞれ改番となった。14系統、24系統はバイパス経由に比べ時間もかかり、また乗客数も減少したことから、2002年3月24日の改正で廃止となった。
1989年1月20日から1996年4月1日まで
  • 66系統:川西バスターミナル→松が丘南→萩原台→丸の内町→川西バスターミナル(循環)
  • 67系統:川西バスターミナル→松が丘南→萩原台→湯山台→西多田
  • 67系統:川西バスターミナル→松が丘南→萩原台→湯山台
松が丘地区の貸切輸送を1989年1月20日より一般路線化のうえ、萩原台および湯山台地区まで延長した系統である。渋滞の酷かった県道12号旧道を避けるルートの為、特に午後以降の67系統において混雑が激しく、67系統の数分後に66系統を発車させたり、67系統(湯山台行)の臨時便を出すなどの対応がとられた。車両は走行環境の関係から中型短尺車が使用されたものの、混雑が激しかったこともあり、多くの客が乗れるように途中で座席数を減らす改造がなされた。なお車両検査時は能勢営業所の中型短尺車を借りて運行にあたっていた。
  • 68系統:川西バスターミナル→丸の内町→西多田→湯山台→萩原台→丸の内町→川西バスターミナル(循環)
  • 68系統:川西バスターミナル→丸の内町→西多田→湯山台→萩原台
  • 68系統:西多田→湯山台→萩原台→丸の内町→川西バスターミナル
  • 68系統:湯山台→萩原台→丸の内町→川西バスターミナル
  • 69系統:川西バスターミナル→丸の内町→西多田→湯山台
  • 69系統:川西バスターミナル→丸の内町→西多田→湯山台→西多田北→清和台営業所前
  • 61系統:湯山台→西多田→丸の内町→川西バスターミナル
  • 62系統:湯山台→西多田→川西市役所前→川西バスターミナル
メインの68系統は1989年1月20日の改正前の61系統のルートから萩原台→丸の内町間の短絡ルートを延長し、循環運行化した系統である。湯山台方面→川西行きの便の大半は従来の県道12号旧道ルートから短絡ルート(68系統)へシフトされたため、多少の時間短縮となったが、川西→湯山台方面行きの便は、丸の内町→萩原台間を結ぶ逆方向の短絡ルートを走行する系統が道路環境上設定できなかったため、従前通りの県道12号旧道を走行する系統(68、69系統)がメインであり、渋滞の影響を受け遅延も多く発生していた。またそのことが県道12号旧道を経由しない67系統へ乗客が集中する要因にもなっていた。1989年6月8日の改正で67系統の混雑緩和のため、69系統の増発を行い、1991年2月20日の改正で69系統の最終便が清和台営業所前まで延長運行された。
  • 71系統:川西バスターミナル→丸の内町→西多田→湯山台→南野坂→萩原台→丸の内町→川西バスターミナル(循環)
  • 71系統:川西バスターミナル→丸の内町→西多田→湯山台→南野坂
  • 71系統:南野坂二丁目→南野坂→萩原台→丸の内町→川西バスターミナル
南野坂地区の造成の進捗とあわせ、阪神・淡路大震災の被災者向けに建てられた仮設住宅への交通の便の確保を目的に1995年9月29日の改正より運行を開始した。湯山台までは68・69系統と同一ルートを走行するものの、同系統の延長ではなく別立てで運行していたため、68・69系統の発車の数分後に71系統が発車という時間帯もあった。なお、車両は千里営業所の車両を転属させ運行にあたっていた。
開業から1989年1月19日まで
  • 61系統:川西能勢口駅前 - 丸の内町 - 西多田 - 湯山台 - 萩原台
  • 63系統:川西能勢口駅前→丸の内町→西多田→萩原台
  • 62系統:萩原台→湯山台→西多田→川西市役所前→川西能勢口駅前
  • 62系統:萩原台→湯山台→西多田→川西市役所前
  • 62系統:湯山台→西多田→川西市役所前
1973年3月26日より川西市役所前 - 西多田 - 藤ヶ丘団地(現:湯山台口)間で運行開始、その後、1973年12月1日の改正より藤ヶ丘(現:湯山台)まで延長、さらに1974年2月1日の改正より萩原台まで延長となる。そして1976年8月10日の改正より川西能勢口駅前ターミナル(現在の県道12号中央町交差点北東角付近にあった)の完成により、同ターミナルへの乗り入れが開始される。

けやき坂線編集

1996年4月2日改正以降
  • 7系統:[快速]けやき坂循環※→けやき坂一丁目→鴬台→川西バスターミナル
※「けやき坂循環」は、けやき坂四丁目→けやき坂三丁目→けやき坂二丁目回りを表す。
1998年7月18日の改正より運行開始。朝ラッシュ時における速達性の向上を図るため、鴬台→川西バスターミナル間は途中無停車の扱いで、川西行きのみ2便運行されていたが、2001年4月1日の改正で廃止となった。
1990年5月2日改正から1996年4月1日まで
  • 107系統:川西バスターミナル→丸の内町→西多田北→けやき坂一丁目→けやき坂循環※
  • 107系統:けやき坂循環→けやき坂一丁目→西多田北→丸の内町→川西バスターミナル
  • 106系統:清和台営業所前→けやき坂一丁目→けやき坂循環
  • 106系統:けやき坂循環→けやき坂一丁目→清和台営業所前
※「けやき坂循環」は、けやき坂四丁目→けやき坂三丁目→けやき坂二丁目回りを表す。
けやき坂2丁目(南)及び3丁目(南)地区の造成の進捗に伴い、1990年5月2日の改正より新たに、けやき坂小学校前、(新)けやき坂三丁目、けやき坂二丁目南の各停留所を設置し、現在の循環ルートが出来あがる。107系統は100系統を改番し、同日より運行を開始した系統で、矢問 - けやき坂一丁目間は多田神社前経由から西多田北(県道12号バイパス)経由へ変更となった。また106系統も同日より、けやき坂地区内での循環ルートの変更(107系統と同ルートの運行)を行った。
開業から1990年5月1日まで
  • 100系統:川西能勢口駅前→丸の内町→多田神社前→けやき坂一丁目→けやき坂循環※
  • 100系統:けやき坂循環→けやき坂一丁目→多田神社前→丸の内町→川西能勢口駅前
  • 106系統:清和台営業所前→けやき坂一丁目→けやき坂循環
  • 106系統:けやき坂循環→けやき坂一丁目→清和台営業所前
※「けやき坂循環」は、けやき坂四丁目→(旧)けやき坂三丁目→けやき坂二丁目回りを表す。
けやき坂地区へのバス路線は1984年7月16日の多田グリーンハイツ線101系統の開設がスタートで、当時のバス停はけやき坂一丁目しかなく、101系統はそこで折り返していた。その後、1丁目地区より奥にある、けやき坂2丁目(北)及び3丁目(北)地区の造成の進捗に伴い、101系統の開設の2年後の1986年7月21日に川西能勢口駅からのアクセス路線となる、けやき坂線100系統の運行を開始した。106系統は、けやき坂地区からの通学バスとして、1986年9月1日より運行を開始した。なお、(旧)けやき坂三丁目バス停は現在のけやき坂小学校前付近に暫定的に設置された停留所で、現在の三丁目停留所とは場所が異なる。
2002年3月24日改正以降
  • 33系統:けやき坂循環※→多田神社前→西多田一丁目→鴬台→川西バスターミナル
平日朝ラッシュ時に運転。多田大橋までは旧道を経由し、西多田一丁目を通過して新道に移るルートで運行されていた。2012年3月26日のダイヤで廃止。

多田グリーンハイツ線編集

  • 105系統:鼓ケ滝→平野→向陽台三丁目→水明台一丁目→平野→鼓ケ滝
平野 - 鼓ケ滝間にあるスーパー等への買い物客の利便を図るため、昼間時に概ね1時間に1本運転されていた。鼓ケ滝バス停は西能勢線のバス停ではなく、ダイエー川西店北側に折り返し場があり、そこに設置されていたが、国道173号の2→4車線化工事による、折り返し場が使用できなかったことにより、1994年6月1日の改正で平野 - 鼓ケ滝間の延長運転は廃止となった。
  • 102系統:平野 - 緑台三丁目 - 移瀬 - 清和台営業所前
かつての清和台 - 平野間の主力系統だったが、1984年7月16日の改正からは101系統(けやき坂一丁目経由)が誕生し、運行本数を101系統と二分する形で運行された。その後、1996年4月2日の改正で全便101系統に集約され廃止となった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 例として、同地区内における問い合わせ先として猪名川営業所が指定されていることが多い。
  2. ^ 当路線が経由する「川西病院停留所」とは別に、駐車場を経て病院の玄関入口付近に「川西病院停留所」が設けられており、大和団地線は後者に乗り入れる。
  3. ^ 古くは後川よりさらに北にある籠坊温泉まで路線が延びていた。