メインメニューを開く

阪急三番街(はんきゅうさんばんがい)は、大阪市北区芝田阪急電鉄梅田駅に併設されたショッピングセンターである。

阪急三番街
阪急三番街
阪急三番街
店舗概要
所在地

大阪府大阪市北区芝田1-1-3

座標 北緯34度42分16.7秒 東経135度29分54.8秒 / 北緯34.704639度 東経135.498556度 / 34.704639; 135.498556座標: 北緯34度42分16.7秒 東経135度29分54.8秒 / 北緯34.704639度 東経135.498556度 / 34.704639; 135.498556
開業日 1969年11月30日
施設所有者 阪急電鉄
施設管理者 阪急阪神ビルマネジメント
延床面積 81,874 m²
商業施設面積 38,629 m²
店舗数 271
駐車台数 647台
最寄駅 阪急梅田駅阪神梅田駅Osaka Metro梅田駅JR大阪駅
外部リンク www.h-sanbangai.com
Hankyu.png
テンプレートを表示

地上部分もあるが、形式的に地下街に近い(国土交通省の定義では民有地の地下にある店舗は地下街ではないとされている[1])。地下に人工の川があることで知られる。

概要編集

1966年2月、第1期工事が着工[2]日本万国博覧会開幕をひかえた1969年11月30日、現在の阪急梅田駅の拡張移築とともに開業した[2]

水の都・大阪にふさわしいキタの新名所として、地下に人工の川を建設することになった[3]。開業当時はトレヴィの泉にあやかってか、この川や池にコインを投げ込む客が相次いだ[2]

3階が駅のプラットホームでその下、地上2階から地下2階に渡り、さらに一階部分で間を通る道路を挟み南北に分かれる。

1971年11月28日、第2期工事が完成し、地下に人工の滝がつくられた[2](その後リニューアルで撤去)。1973年11月23日、第3期工事が竣工し全館が完成した[2]

1984年に開業15周年を機に大改装が行われた[4]。同年11月30日、専門店街「ホビーステーション」が開業する[4]

1990年春に開業20周年と花の万博開催に準じての改装が行われた。

各フロア毎にテーマ別に名前が付けられそれぞれ多数の商店が並ぶ。

2017年4月27日に、北館リニューアルオープン。入場制限を行う店舗も現れた。

施設構造編集

2階 南館
ライブ・スクエア
金融機関ほか
阪急電鉄梅田駅 北館
フェスティブ・コート
物販店ほか
1階 南館
ライブ・スクエア
紀伊國屋書店ほか
阪急三番街高速バスターミナル 北館
フェスティブ・コート
飲食店・物販店
地下1階 南館
ファッション・ミュージアム
物販店・飲食店ほか
北館
ホビー・ステーション
物販店ほか
地下2階 南館
グルメ・ミュージアム
飲食店街(中央部を人工の川が流れている)
北館
グルメ・ステーション
飲食店街

地下部分で梅田の他の地下街(ホワイティうめだなど)や地下鉄梅田駅などと接続している。地下2階には、北館と南館を結ぶ連絡通路が東西に1本ずつ・合計2本ある(地下1階にはない)。また同じ阪急グループの商業施設である大阪新阪急ホテル阪急ターミナルビル(阪急17番街)、同じ阪急梅田駅高架下の阪急かっぱ横丁阪急古書のまちも隣接する。南館地上1階の西側には『北向地蔵尊』が祀られ、そこから北側に延びる通路や商店には「地蔵横丁通り」の名称が付けられている。元は明治時代の大阪駅の敷地から1893年(明治26年)に偶然掘り出された自然石彫りの地蔵菩薩像で、合わせて仏堂も建立されたが、阪急三番街の建設と共に現在の敷地に移された。[5]

名前の由来編集

  • 開業当時の住所大阪市北区小深町3番地」より(現在は北区芝田1-1-3)。
  • この名前は当時新阪急ビルにあった「新阪急八番街」に倣ったものであり、神戸線宝塚線京都線の3幹線が集結することにもちなんでいる[3]
  • 候補には「阪急ターミナルタウン」「阪急ターミナルプラザ」「阪急リバータウン」などがあった[3]

阪急プラザ劇場編集

阪急プラザ劇場
Hankyu Plaza Theater
情報
正式名称 阪急プラザ劇場
完成 1969年
開館 1969年11月30日
開館公演 ウエスタン
閉館 1984年5月31日
最終公演 ロープハリーの災難
収容人員 910人
設備 ドルビーステレオ70mm映写機
用途 映画上映
運営 株式会社阪急プラザ劇場
所在地 大阪府大阪市北区小深町3-1

阪急プラザ劇場(はんきゅうプラザげきじょう)は、かつて阪急三番街北館1階にあった映画館

東京新宿プラザ劇場(2008年11月7日閉館)と並ぶ、ディメンション150(D-150)方式の大型映画館として1969年11月30日、同センターの開業と同時に開場。座席数は910席。全席指定の入替制を導入していた。

開館番組の「ウエスタン」を皮切りに、「ゴッドファーザー」「007 死ぬのは奴らだ」「キングコング」「オーメン」「未知との遭遇」「スター・ウォーズ」等東宝洋画系のヒット作や大作を上映した他、「風と共に去りぬ」「天地創造」「モダン・タイムス」など名作映画の上映もまれに行っていた。

15年間で187作品を上映してきたが、観客の減少により[4]三番街の改装と共に1984年5月31日をもって閉館となった。改装後の跡地は専門店街「ホビーステーション」の一部になり[4]キデイランド上新電機が入居した。上新電機撤退後はユザワヤが進出した。

かわいい水族館編集

1階「水族館通り」には[6]1984年(昭和59年)から入館料無料の「かわいい水族館」が阪急三番街の15周年記念事業として設置されている[7]ショッピングモールの通路を利用[7]。幅約3m、高さ1.5mの6基の水槽に150種2,000匹の規模で[6]沖縄県八重山諸島南太平洋サンゴ礁から運んだ熱帯性海水魚や淡水魚などの熱帯魚がもとになっている[6]。20歳以上生きている魚や[7]レッドテールキャットなどがいる。飼育は熱帯魚店・トロピカル水草魚園「ウエダ」が担当し、餌やりは1日3回。週1回、ダイバーが清掃し、展示を変更する[7]。日本中の水族館を見て回った中村元 (水族館プロデューサー)が『全国唯一の通路水族館』としている[8]

通路のリニューアルにより2016年(平成28年)8月31日をもって閉館となった[9]。飼育されていた魚は閉館後、全国各地の水族館に移籍する予定という[9]。北館リニューアル後、跡地にはレゴのピースで作られた甲子園球場阪急梅田駅真田信繁など、オブジェ博物館が設けられた。

アクセス編集

鉄道編集

高速バス編集

一階の南北分断する道路に面して高速バスのりばが位置している。

道路編集

周辺情報編集

テーマソング編集

補足編集

  • FM OSAKA「HIBERNATION CLUB "The Dream Magic"」(DJ:別所哲也)の提供スポンサーだったが、現在は同じ阪急グループの阪急不動産に交代している。
  • 1984年の改修工事までは北館地下1階にも上から流れる噴水があった。当時の水不足で噴水は停止された。
  • 1990年の改修工事で北館地下2階に噴水『アクアマジック』が設置された(改修以前は『トレビの泉』と呼ばれていた)。開業当時の式典には当時の社長である小林公平が立ち会った。施設の老朽化(噴水の部品調達不可)により2017年6月4日で撤去された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪の地下街はなぜ1番ではないのか日本経済新聞2011年9月22日
  2. ^ a b c d e 『100年のあゆみ 部門史』阪急阪神ホールディングス、2008年3月31日発行、132頁。
  3. ^ a b c 『100年のあゆみ 部門史』阪急阪神ホールディングス、2008年3月31日発行、131頁。
  4. ^ a b c d 『100年のあゆみ 部門史』阪急阪神ホールディングス、2008年3月31日発行、133頁。
  5. ^ 北向地蔵尊 | ウメシバ・芝田商店街 - 北向地蔵尊はなぜ北を向いているのか
  6. ^ a b c ミニコミ紙「リージョン日経堂島」第36号 観光案内的大阪・北区2008年3月5日発行web版 ㈱日経大阪中央販売 コーポレート部 2013-3-10閲覧
  7. ^ a b c d 大阪ロマン紀行 梅田のかわいい水族館2012年4月27日 岡 力(コラムニスト) 週刊大阪日日新聞(新日本海新聞社) 2013-3-10閲覧
  8. ^ かわいい水族館 WEB水族館 中村元 (水族館プロデューサー) 2013-3-10閲覧
  9. ^ a b みんなこの場所で…阪急三番街「かわいい水族館」32年の歴史に幕、癒やしスポット惜しむ声 来春リニューアル産経WEST、2016年9月1日 19:21更新。

外部リンク編集