メインメニューを開く

阪急1000系電車(はんきゅう1000けいでんしゃ)は、阪急電鉄2013年平成25年)より製造を開始した、神戸線宝塚線(総称神宝線)向けの通勤形電車である。2013年11月28日に神戸線で、翌月25日に宝塚線で営業運転を開始した[2]

阪急1000系電車 (2代)
導入記念ヘッドマークを付けた1000F (2013年12月22日 十三駅)
導入記念ヘッドマークを付けた1000F
(2013年12月22日 十三駅
基本情報
運用者 阪急電鉄
製造所 日立製作所笠戸事業所
製造年 2013年 -
運用開始 2013年11月28日
投入先 神戸線宝塚線系統
主要諸元
編成 8両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500 )V
架空電車線方式
最高運転速度 宝塚線:100 km/h
神戸線:115 km/h
設計最高速度 130 km/h[1]
起動加速度 2.6 km/h/s[1]
減速度(常用) 3.7 km/h/s[1]
減速度(非常) 4.2 km/h/s[1]
編成定員 1,028(座席388・立席640)
車両定員 【先頭車】
121(座席44・立席77)
【中間車】
131(座席50・立席81)
自重 Tc車:29.8 t
M車:36.7 t
M'車:33.3 t
T車:25.9 t
全長 19,000 mm
全幅 2,770 mm
全高 4,095 mm
車体 アルミニウム合金
台車 M車:FS-579M
T車:FS-579T
主電動機 全閉自冷式永久磁石同期電動機(PMSM)
(形式:SEA538A)
主電動機出力 190 kW × 4 (1時間定格)
駆動方式 WNドライブ
歯車比 5.33
編成出力 3,040 kW
制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御
制御装置 SVF102-B
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
直通予備空気ブレーキ
保安装置 AF軌道回路方式ATS
パターン式ATS
デッドマン装置
テンプレートを表示
満開の桜の中を走る1012F
満開の桜の中を走る1012F

1000系と共通の設計思想を持ち、2014年に京都線に導入された1300系については、阪急1300系電車 (2代) の項で扱う。

目次

概要編集

2013年6月6日、阪急電鉄は新型通勤車両として神戸線・宝塚線用の1000系、京都線用の1300系の建造を発表した[3]。開発コンセプトを「すべてのお客様に快適な移動空間〜さらなる環境性能の向上〜」とし、9000系9300系の開発コンセプトを継承しつつ、環境性能のさらなる向上を目指すものとなった[4]。昭和30 - 40年代に製造された抵抗制御車の置き換え用として大量増備が見込まれることから、製造コスト・保守コストの抑制にも意を払った車両となった[5]

デザインは、マルーンとアイボリーを組み合わせた車体色、木目調の化粧板、ゴールデンオリーブ色の座席など伝統的な「阪急車両」の特徴を踏襲しながらも、前照灯を一体的に見せ、前面ガラス上部と標識灯下部のラインのカーブによって、スマートで新しさを感じさせるデザインとしている[1]

9000系で採用された屋上機器カバーは廃され[6]、側窓は9000系と同一手法の連窓ながら側引戸間を3枚、車端部が2枚とするなど、外観はより従来の車両に近似したものとなっている[6]。しかし、機器類には最新技術を積極的に導入し、さらなる省エネと走行時の騒音の低減を実現している。消費エネルギーは既存の抵抗制御車と比較して約50 %削減、騒音は9000系と比較して約4dB低減している[2]

客室照明や前照灯、標識灯などすべての照明装置にLEDが採用された[7]。行先表示器はフルカラーLEDとなり、側面の表示器は行先・種別を一体表示として視認性の向上を図った[7]

8両編成のみで、自動併解結装置が装備されていないため、他系式の2両を増結した10両編成運転は行われていない。能勢電鉄線への「日生エクスプレス」としての乗り入れに対応している[1]

1000系の技術の多くは、阪神の普通用車両5700系にも採用された[8]

車体編集

軽量かつリサイクルが容易なアルミダブルスキン構造を採用し、振動の抑制と遮音性の向上を図っている[1]。寸法は全長が19,000mm、車体幅が2,730mm、車体高を4,095mmとしている[1]

また、ホームとの段差を縮小するため低床台車を採用し、客室床面高さを1,150 mmに抑えている[9]。側扉窓は、9000系に比べて天地寸法が縮小され、8000系並みの寸法に戻った[10]。連結面の妻窓は、2000系以降では初めて、銀色の飾り枠が廃止された。

内装編集

阪急電車の伝統を踏襲し、マホガニー木目の化粧板とゴールデンオリーブ色のアンゴラヤギの毛織物の座席表地を採用している。天井部は淡いベージュ系の化粧板とし、照明はLEDの直接照明を採用している。このLED照明は、停電時などの非常時には全体数の25 %が点灯するよう制御される[7]。また、万一の急ブレーキ時に乗客と車内設備または乗客同士の二次的衝突を防止するため、阪急電鉄の車両で初めて座席端部に大型の袖仕切りと縦方向の手すりが設置されている。側窓は3連窓および2連窓となり、いずれも側扉寄りの窓が開閉可能である。側窓にはUVカット複層ガラスが、前面窓にはIRカットガラスが採用されている[9]

座席は、ロングシート配置で座席1人あたりの幅を約480 mmとし、中間仕切りを設けることで座席定員を明確にしている。日よけは9000系で採用された引き下げ式のフリーストップカーテンを基本に、カーテン上部には外部が透視できる生地が採用されているほか、床には全面に滑り止めのエンボス加工が施されている。また、阪急電車は伝統的に車内にスタンションポールを設けていなかったが、本形式からは各シート端にスタンションポールが設置されているため、車内の印象に変化が見られる。2014年7月15日より営業運転を開始した1002F以降では、製造当初から優先座席のモケットが新色になっている[11]

車内案内表示器は、東芝製の32インチハーフサイズのフルハイビジョン対応の大型液晶ディスプレイを採用し、1両に3か所側扉上に千鳥配置で設置している。行先、種別、停車駅案内のほか、駅間では画面を2分割しニュースや天気予報、広告の動画も表示できる[7]。旅客案内はインバウンド対応として4か国語で表示し、日本語(漢字・ひらがな)、英語、中国語、韓国語の順に表示を行う[7]。フォントにはユニバーサルデザイン対応フォントが採用されている[7]

パワーウインドウや貫通路の自動扉は、手動式に戻った[10]。貫通路の扉は、連結時の片側にストッパーがなく開放状態で放置できないようになっている[10]

1000系の車内自動放送装置は搭載準備に留まっているため、現在は阪急列車区間・能勢列車区間とも車内自動放送は行われていない。

運転台編集

 
阪急1000系運転台

運転台のデスクの前面にモニタ画面を配置し、デスクには列車無線操作器を設置している[9]。モニターでは、車両情報や故障情報、駅間消費電力の表示、種別・行先表示装置や車内案内情報装置、空調の設定が行える。

主幹制御器ワンハンドルマスコンを採用[7]、力行5段、ブレーキ6段、非常ブレーキとなっている。ハンドルには在来のワンハンドル車同様、デッドマン装置が装備され、運転士が急病などの際に握れなくなった場合に非常ブレーキが作動する。

主要機器編集

主電動機は定格出力190 kW、定格回転数2,000 rpmの全閉自冷式永久磁石同期電動機(PMSM)を採用した[9]。高効率化により全閉自冷構造となり、消費電力量と騒音の低減を実現した。また、回転子と固定子を分解することなく軸受およびグリース交換が可能な構造とし、保守性の向上を図った[9]

制御装置は、主回路素子にIGBTを用いたスナバレス2レベル方式のセンサレスベクトル制御VVVFインバータ制御装置を採用した[9]。PMSMでは各モーターにの個別制御が必須となるが[注 1]、2回路分を1パッケージに収めたパワーデバイスを開発し、これを用いて冷却器1つで4つのインバータ回路を冷却可能なユニットを開発、これを2群構成として8台のモーターを制御する[12][13]。一方、制御ユニットについても演算を高速化し、1つのプロセッサで2回路のインバータ回路を制御可能にした。これらにより8個モータ制御ながら装置を誘導電動機用インバータ装置と同等のサイズまで小型化を実現した[12]。なお本制御装置は惰行制御機能を有する。

台車は、乗り心地の良さとメンテナンス性に優れたボルスタ付きモノリンク式空気ばね台車を採用[14]新日鐵住金製FS579M(M車)とFS579T(T車)を装着している[15]。基礎ブレーキは効率と応答性に優れ、部品点数が少なく保守の効率化が図れるユニットブレーキ装置を採用[14]、駆動装置は小型歯車継手を使用し、歯車装置の歯面形状を最適化した低騒音駆動装置を採用している[14]

ブレーキ装置は、回生優先ブレーキ併用全電気指令式電磁直通ブレーキを採用し、「非常ブレーキ」「常用ブレーキ」「保安ブレーキ」「ATSブレーキ」の4機能を有したブレーキ制御装置を各台車に設けている[14]。ブレーキ力演算は台車単位で行い、よりきめ細やかなブレーキ制御が可能になるとともに、ブレーキ保安度の向上が図られている[15]

空調装置は、1両当たりの冷凍能力を40,000 kcal/h (46.51 kW)とし、除湿・急速暖房機能を付加している[15]。季節による着衣量、温度、湿度、乗車率、扉の開閉などの様々な条件を考慮するPMV(熱的快適性評価指数)演算により、最適な目標温度を設定し、空調装置を制御する。

補助電源装置は容量150 kVA、出力AC440 V、主回路構成にIGBT素子を用いた2レベルインバータ装置を採用している[14]

1000系では新たにインテルx86 CPUWindows Embedded Standard 2009をベースとした車両情報システムを採用し、従来別々に構成していたモニタリングシステムと車内案内情報システムが統合された[7]。これにより装置・伝送路を共通化し、搭載機器・艤装配線を削減している。先頭車に設置されたモニタ中央装置と中間車設置されたモニタ端末装置はそれぞれ100 Mbpsイーサネット伝送路[注 2]で接続され、車両内支線はIEEE802.3の100BASE-Tにてまた、各機器とはRS-485にて伝送する。これにより車両案内表示において広告用動画にも対応可能な大容量データ転送を可能にしただけでなく、各種車両機器のモニタリング状態もまとめて運転席にまで届けることを可能にした。さらに運転状況記録は両先頭車のモニタ装置で同時記録を行う[16][12]

コンテンツサーバーにはCM動画を保存し、車内の案内表示器に配信する[7]FOMA車載器は、FOMA網で受信した天気予報やニュースを車内案内表示器に配信する[7]

形式編集

車種は制御車 (Tc) 、パンタグラフ付き電動車 (M) 、電動車 (M') 、付随車 (T) の4車種で構成される。各車種の2形式とも、ほぼ同一仕様となっている[1]。先頭車が付随車となったほか、形式番号は9000系までの付与方法から変更されている。

1000形・1100形 (Tc)
制御車電動空気圧縮機を搭載。1000形は梅田駅方、1100形は新開地駅宝塚駅方の先頭車。
1500形・1550形 (M)
パンタグラフ付き電動車。床下にVVVFインバータ2組と蓄電池、屋根上にシングルアーム式パンタグラフ2基を搭載。
1600形・1650形 (M')
電動車。補助電源装置として静止形インバータを搭載する。
1050形・1150形 (T)
付随車。特別な機器は搭載しない。

運用編集

2013年11月28日、神戸線で営業運転を開始した[1]。以後、神戸線と宝塚線に順次投入されている。なお、10連運用に対応していないため、平日の神戸線では、2016年3月19日のダイヤ改正までは普通・通勤急行の運用がメイン[17]となっていた。

また神戸線配属の1010Fが宝塚線予備、宝塚線配属の1012Fが神戸線予備として、両線の車両運用の都合次第でそれぞれ代走に入ることがある。一例として2017年9月1日から同年9月14日まで神戸線所属の1010Fが宝塚線に貸し出された[18]。また、2018年3月には宝塚線所属の1012Fが神戸線に貸し出された[19]。なお宝塚線の1000系は日生エクスプレスの運用に対応しているが、神戸線の1000系は無線の関係などで宝塚線に貸し出されても日生エクスプレスの運用には入らない。

編成編集

2018年4月1日現在の編成[20]。これ以降に1015F、1016F、1017Fが導入されている。

1011Fの神戸側先頭車の車両番号は「1111」であり、「ポッキー電車」[21]とも呼ばれている。

竣工[20] 営業運転開始 所属 備考
1000
(Tc)
1500
(M)
1600
(M')
1050
(T)
1150
(T)
1550
(M)
1650
(M')
1100
(Tc)
1000 1500 1600 1050 1150 1550 1650 1100 2013年11月19日 2013年11月28日[22] 神戸線
1001 1501 1601 1051 1151 1551 1651 1101 2013年12月24日 2013年12月25日[23] 宝塚線
1002 1502 1602 1052 1152 1552 1652 1102 2014年7月14日 2014年7月15日[24] 神戸線
1003 1503 1603 1053 1153 1553 1653 1103 2014年9月9日 宝塚線
1004 1504 1604 1054 1154 1554 1654 1104 2015年4月9日 2015年4月10日[25] 宝塚線
1005 1505 1605 1055 1155 1555 1655 1105 2015年6月12日 神戸線
1006 1506 1606 1056 1156 1556 1656 1106 2015年9月4日 2015年9月7日[26] 宝塚線
1007 1507 1607 1057 1157 1557 1657 1107 2015年10月22日 2015年10月23日[27] 神戸線
1008 1508 1608 1058 1158 1558 1658 1108 2016年1月29日 2016年2月1日[28] 神戸線
1009 1509 1609 1059 1159 1559 1659 1109 2016年8月19日 2016年8月20日[29] 宝塚線
1010 1510 1610 1060 1160 1560 1660 1110 2017年3月23日 2017年3月24日[30] 神戸線 宝塚線貸出経歴あり
1011 1511 1611 1061 1161 1561 1661 1111 2017年7月31日[31] 2017年8月1日[32] 神戸線
1012 1512 1612 1062 1162 1562 1662 1112 2017年10月24日[31] 宝塚線 神戸線貸出経歴あり
1013 1513 1613 1063 1163 1563 1663 1113 2018年3月5日[31] 宝塚線
1014 1514 1614 1064 1164 1564 1664 1114 2018年3月22日[31] 神戸線

ラッピング列車編集

2015年7月18日から8月31日まで「夏の阪急電車 リラックマ号」が運行され、1000F(神戸線)・1004F(宝塚線)にリラックマのキャラクターを装飾した[33]。2016年春には第2弾として「さくらの阪急電車 リラックマ号」が3月10日から4月17日まで運行され[34]、1008F(神戸線)・1006F(宝塚線)が起用されている[35]

2015年11月から2017年11月まで、1003Fに宝塚線の沿線観光スポットPRを目的とした、リボンの騎士鉄腕アトムなどの手塚治虫作品によるラッピングが施工された[36][37]。2016年3月には宝夢(ゆめ)号として命名され3月27日よりHMの掲出を開始した[38][39]。2017年7月にはヘッドマークのデザインが変更された[40]。なお他線のラッピングには神戸線は7000系+8000系の編成が、京都線は8300系が起用された。

2018年3月17日から、同じ爽風(かぜ)号、宝夢(ゆめ)号の愛称のまま、1002F(神戸線)にイラストレーターである中村佑介、1001F(宝塚線)に漫画ベルサイユのばら』の原作者である池田理代子のイラストがラッピングされた[41][42]。また、2018年11月17日からは新デザインで運行されることとなり、各ラッピングの愛称と作家はそのままで1007F(神戸線)・1004F(宝塚線)に施工されている。当初は2019年3月31日までの予定だったが、同年10月31日まで延長となった[43][44]

2016年10月1日からは、『ピーナッツ』のキャラクターを装飾した「スヌーピー&フレンズ号」の運転を開始し、1007F(神戸線)・1001F(宝塚線)が使用された[45][46]。当初は2017年1月9日までの予定だったが、好評のため同年3月31日まで延長となった[47]。 2018年は第2弾として3月24日から8月31日まで、1011F(神戸線)[48]・1009F(宝塚線)を使用して運行された[49][50]

2019年5月27日より、「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト(ゆめ・まちプロジェクト)」10周年を記念して、「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」の運転を開始した。1011F(神戸線)・1009F(宝塚線)にラッピング施工されており、2020年5月末まで運行される予定である[51]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 永久磁石同期電動機は各モーターに対し位相を正しく合わせて制御しないと意図通りに回らない。したがって誘導電動機のように複数のモーターを束ねてひとつのインバータ装置で駆動することは不可能である。
  2. ^ TEBus (Train Ethenet Bus)。イーサネット準拠の信号で、耐ノイズ性向上のため送信信号電圧を8 V p-p に昇圧している。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 「阪急電鉄1000・1300系」『鉄道ファン』2014年2月号、69頁。
  2. ^ a b 阪急電鉄1000系スペシャルサイト”. 阪急電鉄. 2013年11月30日閲覧。
  3. ^ 新型車両1000系・1300系をこの秋より導入します! 阪急電鉄、2013年6月6日。
  4. ^ 阪急電鉄が新型通勤車輌を発表。 編集長敬白、鉄道ホビダス、2013年6月7日。
  5. ^ レイルロード『阪急新1000』P2、72。
  6. ^ a b 「阪急電鉄1000系試乗記」『鉄道ファン』2014年2月号、76頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j 「阪急電鉄1000・1300系」『鉄道ファン』2014年2月号、73頁。
  8. ^ 阪急阪神ホールディングスグループ 都市交通事業の節電・省エネへのさまざまな取り組み (PDF)”. 阪急阪神ホールディングス (2015年6月). 2016年7月9日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 「阪急電鉄1000・1300系」『鉄道ファン』2014年2月号、70頁。
  10. ^ a b c 「阪急電鉄1000系試乗記」『鉄道ファン』2014年2月号、77頁。
  11. ^ 阪急1000系1002編成が営業運転を開始railf.jp
  12. ^ a b c 阪急電鉄(株)1000系車両用 電気品」 (pdf) 『東芝レビュー』第69巻第8号、東芝、2014年8月、 56-59頁、2018年9月4日閲覧。
  13. ^ 省エネと環境性能に寄与する鉄道車両用PMSMドライブシステム」 (pdf) 『東芝レビュー』第69巻第4号、東芝、2014年4月、 28-32頁、2018年9月4日閲覧。
  14. ^ a b c d e 「阪急電鉄1000・1300系」『鉄道ファン』2014年2月号、71頁。
  15. ^ a b c 「阪急電鉄1000・1300系」『鉄道ファン』2014年2月号、72頁。
  16. ^ TEBusの適用で高機能化が進む車両制御情報システム」 (pdf) 『東芝レビュー』第64巻第9号、東芝、2009年9月、 31-34頁、2018年9月4日閲覧。
  17. ^ 当時、平日昼間の特急は10連運用に絡むものが大半だった。
  18. ^ 阪急1000系1010編成が宝塚線で運用される - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2017年9月7日
  19. ^ 阪急1000系1012編成が神戸線で運用される - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2018年3月10日
  20. ^ a b ジェー・アール・アール編『私鉄車両編成表 2018』交通新聞社、2018年、140-145頁。
  21. ^ 阪急電鉄【公式】の、2018年11月28日付のツイート - Twitterの阪急電鉄公式アカウント
  22. ^ 阪急1000系が営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2013年11月29日
  23. ^ 阪急1000系1001編成が営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2013年12月26日
  24. ^ 阪急1000系1002編成が営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2014年7月16日
  25. ^ 阪急1000系1004編成,宝塚線で営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2015年4月12日
  26. ^ 阪急1000系1006編成が宝塚線で営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2015年9月8日
  27. ^ 阪急1000系1007編成が営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2015年10月26日
  28. ^ 阪急1000系1008編成が神戸線で営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2016年2月2日
  29. ^ 阪急1000系1009編成が宝塚線で営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2016年8月21日
  30. ^ 阪急1000系1010編成が営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2017年3月26日
  31. ^ a b c d ジェー・アール・アール編『私鉄車両編成表 2018』交通新聞社、2018年、195頁。
  32. ^ 阪急1000系1011編成が神戸線で営業運転を開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2017年8月2日
  33. ^ 7月18日から「リラックマ×阪急電車」グッズ第2弾を発売します (PDF)”. 阪急電鉄、サンエックス (2015年6月24日). 2016年10月10日閲覧。
  34. ^ さくらの阪急電車 リラックマ号”. サンエックス. 2016年10月10日閲覧。
  35. ^ 「さくらの阪急電車 リラックマ号」運転開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2016年3月11日
  36. ^ 阪急神戸線・宝塚線でラッピング電車の運転開始railf.jp
  37. ^ 阪急神戸線・宝塚線に沿線の観光スポットなどをあしらったラッピング列車が登場します! (PDF)”. 阪急電鉄 (2015年10月20日). 2018年3月19日閲覧。
  38. ^ 阪急神戸線・宝塚線のラッピング列車の愛称が決定railf.jp
  39. ^ [1]
  40. ^ 阪急「爽風」・「宝夢」のヘッドマークデザインが変更されるrailf.jp
  41. ^ 神戸線・宝塚線・京都線に沿線の観光スポットなどを新たにデザインしたラッピング列車が登場します! (PDF)”. 阪急電鉄 (2018年3月15日). 2018年3月19日閲覧。
  42. ^ 阪急電鉄で沿線観光スポットラッピング列車運転”. railf.jp鉄道ニュース. 交友社 (2018年3月18日). 2018年3月19日閲覧。
  43. ^ 神戸線・宝塚線・京都線で運行中のラッピング列車のデザインをリニューアルします! ~運行期間を来年10月末まで延長~ (PDF)”. 阪急電鉄 (2018年11月15日). 2018年11月15日閲覧。
  44. ^ 阪急神戸線・宝塚線・京都線のラッピング列車デザインをリニューアル”. railf.jp鉄道ニュース. 交友社 (2018年11月18日). 2018年11月19日閲覧。
  45. ^ 『PEANUTSと阪急電車が出会った。』〜スヌーピーで有名なコミック PEANUTSとのコラボ企画が10月1日から始まります〜 装飾列車「スヌーピー&フレンズ号」運行決定! (PDF)”. 阪急電鉄、ソニー・クリエイティブプロダクツ (2016年8月29日). 2016年10月7日閲覧。
  46. ^ 阪急で「スヌーピー&フレンズ号」運転開始 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2016年10月2日
  47. ^ 「スヌーピー&フレンズ号」の運行期間を延長します!!”. 阪急電鉄 (2016年12月28日). 2017年1月12日閲覧。
  48. ^ asahicomの2018年3月23日のツイート2018年3月24日閲覧。
  49. ^ PEANUTS with HANKYU Everyday! PEANUTSとのコラボ企画第2弾を、3月24日(土)から実施します! (PDF)”. 阪急電鉄、ソニー・クリエイティブプロダクツ (2018年3月22日). 2018年3月24日閲覧。
  50. ^ 【阪急】"スヌーピー&フレンズ号"運行”. 鉄道ホビダス. ネコ・パブリッシング (2018年3月26日). 2018年3月31日閲覧。
  51. ^ 阪急・阪神で「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」運転railf.jp

参考文献編集

  • 小柴慶明・阿比留征弥・田中孝・松本博「新車ガイド 阪急電鉄1000・1300系」、『鉄道ファン』2014年2月号、交友社、69 - 75p。
  • 来住憲司「鉄道ファン乗車インプレッション 阪急1000系試乗記」、『鉄道ファン』2014年2月号、交友社、76 - 77p。
  • 「阪急電鉄新型通勤車両1000系・1300系」、『鉄道ジャーナル』2014年2月号、鉄道ジャーナル社、82 - 87p。
  • 「永久磁石同期電動機PMSMとは」・『鉄道ジャーナル』2014年3月号、鉄道ジャーナル社、64 - 65p。
  • 『阪急電鉄鉄道ファンクラブ会報第68号』、1 - 9p。
  • 『阪急新1000 -車両アルバム.18-』レイルロード。

関連項目編集

外部リンク編集