メインメニューを開く

阪本 孝男(さかもと たかお、1958年12月19日 - )は、1980年代に活躍した日本の陸上競技選手。陸上競技指導者、陸上競技解説者。元走高跳日本記録保持者。ロサンゼルスオリンピック代表。群馬県出身。

経歴編集

群馬県立富岡高等学校から筑波大学・筑波大学大学院を経て東海スポーツに入社。1978年に日本記録を初めて更新し注目を集める。1984年、日本人として初めて2m30台に突入し、走高跳に新時代をもたらした。

引退後は指導者に転身し、現在至学館大学陸上競技部部長・日本陸上競技連盟強化委員などを務める。女子走高跳の日本記録保持者・今井美希青山幸のコーチとしても知られる。

また、解説者としても活躍し、2007年世界陸上選手権では、BS-iのメイン解説者を務めた。

夫人は豊橋創造大学准教授で日本女子ゴルフナショナルチーム育成委員を務める阪本知子

略歴編集

  • 1977年、2m21の日本新をマーク(日本選手権は優勝せず)。
  • 1978年、日本選手権で優勝。同年のアジア大会優勝。
  • 1979年、2m25の日本新を樹立(静岡リレーカーニバル)
  • 1981年、日本選手権で2m18をマークし優勝
  • 1982年、日本選手権で2m21をマークして優勝。2m27の日本新記録を樹立
  • 1984年、スポニチ国際陸上で2m30の日本新記録を樹立。日本選手権で2m21をマークし優勝
  • 1984年、八カ国対抗陸上で2m30の日本タイ記録をマーク
  • 1984年、ロサンゼルスオリンピック出場。予選で2m21をマークしたが、15位タイで予選敗退

著作編集

主な出演番組編集

  • 2007年世界陸上選手権(BS-i)

関連項目編集

外部リンク編集