メインメニューを開く
阪正臣

阪 正臣(ばん まさおみ、安政2年3月23日1855年5月9日) - 昭和6年(1931年8月25日)は、 歌人書家古筆研究家、宮内省御歌所寄人。現在の愛知県名古屋市生まれ。正四位勲三等

幼名、政之介、字は従叟、号は茅田、観石、桃坪など、居を樅屋と称す。

略歴編集

功績編集

 
懐紙
  • 穏健な親しみやすい仮名で、女子用書道教科書の手本を書いたため、その書風が流行した。
  • 石碑の書も手がけ、現在全国に25基ほどの石碑を確認できる[1]

所属団体編集

著書編集

  • 「樅屋詠草」
  • 「樅の小枝」

脚註編集

  1. ^ 林淳『近世・近代の著名書家による石碑集成-日下部鳴鶴・巌谷一六・金井金洞ら28名1500基-』収録「阪茅田石碑一覧表」(勝山城博物館 2017年)

関連項目編集