メインメニューを開く

阪神バス塚口営業所(はんしんばすつかぐちえいぎょうしょ)は、兵庫県尼崎市東塚口町2丁目4番37号にある阪神バスの営業所。

最寄りの停留所は「塚口営業所前」である。 また、尼崎交通事業振興と隣接している。

概要編集

阪神バス尼崎市内線の殆どの路線を担当している。元は尼崎市交通局塚口営業所で、交通局時代は交通局本庁舎としても機能していた。2016年3月20日に交通局が民営化したため現在は阪神バスの営業所となっている。 また、2004年4月より、尼崎交通事業振興が一部路線を運行している。

運行路線編集

幹線編集

阪急神戸本線の駅からJR神戸線東海道本線)の駅を経て阪神本線の駅を結ぶ。11番は尼崎交通事業振興への管理委託および同社と共同運行、13番、13-2番は尼崎交通事業振興との共同運行。

路線番号 経路
12番 阪急塚口JR塚口-若王寺-JR尼崎 (北)-小田支所-常光寺-杭瀬団地ー阪神杭瀬
※阪急塚口→塚口営業所前またはJR尼崎 (北) 間区間便あり
13番 阪急塚口-尾浜西口-水道局尼崎総合医療センター-東難波町3丁目-地方合同庁舎-阪神尼崎 (北)
13-2番 阪急塚口-尾浜西口-水道局-尼崎総合医療センター正門前-東難波町3丁目-地方合同庁舎-阪神尼崎 (北)
※平日のみ運行
※尼崎総合医療センターには阪神尼崎 (北) 行きのみ停車
14番 阪急塚口-園田学園女子大学-立花支所-JR立花 (上)-市役所-昭和通8丁目-阪神出屋敷
15番 阪急武庫之荘 (南)-JR立花 (上)-市役所-中央公民館-東難波町3丁目-地方合同庁舎ー阪神尼崎 (北)

地域線編集

市内各駅と周辺地域を結ぶ。一部の路線では、運行区間の一部延長や、経由地・経路の一部を変更して運行する便があり、路線番号に「-(数字)」をつける形で分類・運行されている。20・30番台との路線は尼崎交通事業振興へ管理委託、40番台の路線は武庫営業所担当で、70番は尼崎交通事業振興への管理委託および同社と共同運行。

路線番号 経路
50番 JR尼崎 (南)-波洲橋ー東難波町3丁目-水道局-市役所-JR立花(下)-労災病院-稲葉荘1丁目-南警察署西分庁舎-阪神出屋敷
50-2番 阪神杭瀬-常光寺ーJR尼崎 (南)-波洲橋ー東難波町3丁目-水道局-市役所-JR立花(下)-労災病院-稲葉荘1丁目-南警察署西分庁舎-阪神出屋敷
※平日のみ運行
50-3番 JR尼崎 (南)-波洲橋ー東難波町3丁目-尼崎総合医療センター-尼崎総合医療センター正門前
※平日のみ運行
※尼崎総合医療センターにはJR尼崎行きのみ停車
51番 JR尼崎 (南)-社協会館-小田南公園ー杭瀬南新町2丁目-阪神杭瀬
52番 JR尼崎 (南)→社協会館→阪神大物→コスモ工業団地前→阪神大物→社協会館→JR尼崎 (南)
※循環
58番 阪急塚口-ピッコロシアター阪神水道前-市民健康開発センター[1]-尾浜-潮江1丁目[2]-JR尼崎 (北)
阪急バス伊丹営業所と共同運行
60番 JR立花-南警察署西分庁舎-尼崎競艇場-リサーチコア前-鶴町-末広町
※平日のみ運行
※JR立花は (下) 発、 (上) 着
80番 阪神出屋敷-琴浦神社-武庫川
85番 阪神出屋敷-高洲-中浜-鶴町-尼崎テクノランド前-末広町
90番 武庫川-尼崎スポーツの森-末広町-尼崎テクノランド前
※平日土曜往復一本のみ運行

車両編集

三菱ふそう、いすゞ、日野、日産ディーゼルの各車種が所属している。なお、全車ノンステップバスである。

業務編集

通勤・通学・寿の各種定期券、回数カード等乗車券類の販売及び払い戻し、運行ダイヤの案内、忘れ物の問合せや、距離証明書の発行等を行っている。

開館時間:9:00 - 17:15

休館日:土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日 - 1月3日)

その他の営業所等編集

  • 武庫営業所
    • 場所 : 兵庫県尼崎市武庫豊町3丁目11-1
  • 阪神バスサービスセンター(阪神尼崎)
    • 場所 : 兵庫県尼崎市神田中通1丁目1
この他、東園田に休憩所が設けられている。
1993年まで阪神尼崎駅北口(ロータリー内)に中央営業所があった。

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 阪急バスの停留所名は西坂部
  2. ^ 阪急バス運行便は無停車

外部リンク編集