メインメニューを開く

阪神鳴尾浜球場(はんしんなるおはまきゅうじょう)は、兵庫県西宮市鳴尾浜にある野球場である。

阪神鳴尾浜球場
Hanshin Naruohama Baseball Ground
(Tigers Den)
Naruohama-Stadium-1.jpg
阪神鳴尾浜球場の位置(兵庫県内)
阪神鳴尾浜球場
施設データ
所在地 兵庫県西宮市鳴尾浜1-3-9
座標 北緯34度41分53.1秒 東経135度21分59.2秒 / 北緯34.698083度 東経135.366444度 / 34.698083; 135.366444座標: 北緯34度41分53.1秒 東経135度21分59.2秒 / 北緯34.698083度 東経135.366444度 / 34.698083; 135.366444
開場 1994年
所有者 阪神電気鉄道
管理・運用者 阪神タイガース阪神園芸
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 なし
使用チーム • 開催試合
収容能力
500人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:-m2
両翼:96m、中堅:120m
フェンス m

プロ野球阪神タイガース二軍ウエスタン・リーグ所属)の本拠地球場及び練習場となっており、同球団が運営管理を行っている。鳴尾浜臨海公園野球場に隣接する。愛称は「タイガース・デンTigers Den)」[1]

目次

概要編集

フィールドは両翼96m、中堅120mと、阪神一軍の本拠地である阪神甲子園球場とほぼ同じ。スコアボードは磁気反転式で、2014年にボールカウントの上にスピードガン表示が設置された[2]

スタンドは500人収容で、両内野およびバックネット裏にて観戦可能。ウ・リーグ公式戦や教育リーグなどの試合で解放され、入場料は無料である。スタンドに屋根はない。また、周辺は住宅地であることなどから、鳴り物を使った応援は禁止で禁煙・禁酒である。スタンドに入ったファウルボールは原則として回収される。ネット裏スタンドが満員となった際は入場制限や外野芝生席開放などが行われる場合もある[3]

 
本塁後方からバックスクリーンを望む

室内練習場など阪神の選手が使用する周辺施設が左翼場外に位置していることから、ホームチームの阪神は3塁側ダッグアウトを使用する。甲子園での高校野球(春の選抜・夏の甲子園)開催時期に、大会出場校が練習会場として使用することもある。

歴史編集

かつては1975年に廃止された阪神国道線の浜田車庫跡地(尼崎市阪神バス浜田車庫に隣接)に設けた阪神浜田球場を二軍本拠地及び練習場として使用していたが、施設の老朽化やグラウンドの狭隘化などで不充分となっていたことから、球団は長期的な戦力強化の一環としてファーム育成施設の充実は欠かせないとして、新施設の建設を検討。

1994年、現在地に球場が竣工。甲子園球場東側の西宮市甲子園七番町に所在していた合宿所「虎風荘」も、周辺施設として当球場隣に移転。「虎風荘」などを含む当球場を中心とした二軍施設全体の愛称を「タイガーデンTiger Den)」とした。

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の影響で、元々埋立地であったことからグラウンドなど敷地内で液状化現象が発生し、復旧に時間を要した。

2003年、愛称である「タイガーデン」がタイガー魔法瓶の商標であったことが判明したため、現在の愛称「タイガース・デン(Tigers Den)」に改めた。

 
スピードガン表示

Tigers Den内のその他施設編集

  • 選手寮「虎風荘」
  • 球団ファーム事務所
  • 室内練習場

アクセス編集

 
阪神鳴尾浜球場付近 バス停地図(●印がバス停)
  • 阪神甲子園駅下車、東改札前より阪神バス7番のりば鳴尾浜行きに乗車、同駅より約10分「県立総合体育館」バス停下車、徒歩約3分。または同駅より約22分「阪神鳴尾浜球場前」バス停下車、徒歩すぐ。
    • 鳴尾浜行きバスは、鳴尾浜工業団地内を周回して阪神甲子園に戻る路線のため、行きのバスについては手前の「県立総合体育館前」で下車して歩く方が所要時間は短い(帰りのバスは「阪神鳴尾浜球場前」より乗車するコースが最短)。
  • 阪神武庫川線武庫川団地前駅下車徒歩約15分。同駅を南西方に進み、都市再生機構・武庫川団地の東端道路から、鳴尾浜臨海公園野球場の敷地内を経由する。経路がやや複雑。
    • 鳴尾浜臨海公園は3塁側スタンド付近の後方にあり、1塁側とバックネット裏スタンドから照明塔が見える。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「Tigers」と「Garden」の掛け合わせと「虎の穴」を意味する和製英語からなる造語。
  2. ^ 鳴尾浜にスピードガン 2軍戦より楽しく 日刊スポーツ 2014年3月15日
  3. ^ 城島健司の引退試合となった2012年9月29日の対オリックス戦では1,717人もの観客(サンケイスポーツ大阪版による)が詰めかけたため、特別に外野スタンドが開放された。また、2016年から2017年に渡って掛布雅之が二軍監督に就任した影響から、試合日には連日観客が殺到し、入場制限が頻繁に行われている状況にあった。“阪神に2軍本拠地移転プラン 神戸第2など候補”. 日刊スポーツ. (2016年6月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1666971.html 2016年6月23日閲覧。 。ただ、そのような場合でも5回終了後以降は帰路につく観客がいた場合には、入場制限が途中で解除されることもある。

外部リンク編集