メインメニューを開く

阪神1000系電車

阪神電気鉄道の優等列車用電車

阪神1000系電車(はんしん1000けいでんしゃ)は、阪神電気鉄道が所有する優等列車用の電車。急行・特急運用が主体であるため、急行形車両に分類されることがある。

阪神1000系電車
近鉄線を走る阪神1000系 (2015年8月9日 石切駅)
近鉄線を走る阪神1000系
(2015年8月9日 石切駅
基本情報
運用者 阪神電気鉄道
製造所 近畿車輛
製造年 2006年 -2011年
製造数 96両
運用開始 2007年10月5日
投入先 (阪神電気鉄道)本線神戸高速線阪神なんば線
近畿日本鉄道難波線大阪線奈良線
山陽電気鉄道本線
主要諸元
編成 6両編成・2両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 阪神 106 km/h
山陽 110 km/h
近鉄 105 km/h
設計最高速度 110 km/h
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 4.3 km/h/s
全長 18,980 mm(先頭車)
18,880 mm(中間車)
全幅 2,800 mm
全高 4,085 mm(電動車)
4,060 mm(付随車)
車体 ステンレス
台車 SS171M、SS171T
主電動機 東洋電機製造製TDK-6147-A かご形三相誘導電動機
主電動機出力 170 kW × 4
駆動方式 TD平行カルダン駆動方式
歯車比 97:16 (6.06)
制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御
制御装置 三菱電機製MAV-174-15V 163(6両編成)
三菱電機製MAV-174-15V 162(2両編成)
制動装置 MBSA回生制動併用電気指令式電磁直通空気制動付随車遅れ込め制御直通予備ブレーキ付き)
保安装置 阪神・山陽・阪急形ATS近鉄形ATS(旧・新併設)
備考 電算記号:HS(6両編成)・HT(2両編成)
テンプレートを表示

2009年3月20日に開始した阪神なんば線西九条駅 - 大阪難波駅間の延伸に伴う阪神電気鉄道と近畿日本鉄道との相互直通運転[1][2]に先駆けて、近鉄線内への乗り入れにも対応した急行系車両として2006年から近畿車輛で製造が開始され、2007年10月5日より営業運転を開始した。

本項では解説の便宜上、6両編成については梅田近鉄奈良方先頭車の車両番号 + F(Formation = 編成の略)を編成名として記述(例:1201以下6両編成 = 1201F)し、2両編成については制御電動車 (Mc) の車両番号 + Fを編成名として記述(例 : 1501以下2両編成 = 1501F)とする。ただし近鉄が制定している電算記号(各社の編成番号に相当)では6連は「HS (51-63) 」、2連は「HT (01-09) 」としている。

概要編集

2009年の西大阪線西九条 - 近鉄難波間3.4kmの延伸による阪神なんば線の開業とともに、阪神三宮 - 近鉄奈良間の相互直通運転を行うこととなり、従来の阪神線・神戸高速線山陽電気鉄道線に加えて西大阪延伸線・近鉄奈良線にも対応した急行系車両である1000系が2006年より製造されることとなった[3]

1000系は、先に登場した9000系および9300系を基本としながらも、「ヨソイキ・モード」[4][3]と名付けたデザインテーマのもと、新たな沿線において阪神の顔となる車両として、または「ちょっと乗って出かけてみたくなる車両」[3]として親しまれることを願い、従来車の伝統を受け継ぎつつ、車内・外のデザインが一新された[3]。従来の伝統と新機軸を調和させて、阪神の次世代標準車両として相応しい仕様を目指した設計とされている[4]

1000系の車両形式は、2005年に開業100周年を迎えた阪神が、「次の新しい100年へのスタートという節目に最初に開発する車両」であり、9300系まで重ねてきた形式番号を「1」から再スタートするという意味を込めて付与された[5]。直接の繋がりはないが、阪神には過去に1001形など1000番台を名乗る形式が存在した[1]

2006年から2011年にかけて、基本6両編成13本と増結2両編成9本の計96両が製造された[6]武庫川車両工業が解散したため、製造は近畿車輛で行われた[7]。阪神にとって同社への発注は田中車輛時代の1936年発注の1141形以来70年ぶりであるが、8000系「タイプIV」の製造時に設計に参画したことがあった。

1000系は約5年の新製期間で8000系に次ぐ100両に迫る大所帯となり[1]、短期間大量増備で7801・7901形になぞらえて「平成のR車」との見方もなされた[7]。山陽・近鉄への乗り入れに対応したことで、1両あたりの製造単価は1億3,000万円とされる[8]

編成編集

編成は6両編成と2両編成の2種類があり、併結により最大10両編成で運用される[9]。併結時は幌を接続しての貫通が可能である[10]。併結の際は1501形(Mc)が持つを接続し、桟板を下ろして貫通路を構成する[11]。6両編成の神戸方先頭車となる1201形(Tc2)は併結対応とせず、準備工事としている[12]

6両編成は9300系と同様に3両ユニット2本の構成であるが、主電動機の出力増強により従来の4M2TのMT比が見直され、大阪方から「Tc1-M1-M2」と「T-M3-Tc2」のユニットによる3M3Tの編成組成となった[12]。一方の2両編成は大阪方から「Tc-Mc」の1M1Tとなっている[12]。急行系の新造車でのMc車・T車は久々の登場である[1]

性能は9300系と同様であり、設計最高速度は110km/h起動加速度は3.0km/h/s、常用最大減速度は4.0km/h/s、非常減速度は4.3km/h/sである[12][8]

編成と諸元編集

基本となる編成と各車の諸元、車両番号の一例を記す[3][4][13]。9300系までは同一形式の奇数・偶数の背中合わせで1編成としていたが、1000系では神戸方のM3車・Tc2車に50番台を付番した。

6両編成
方向
← 大阪・奈良
神戸・姫路 →
形式 1201形 1001形 1101形 1301形 1001形 1201形
車種 Tc1 M1 M2 T M3 Tc2
車両番号 1201 1001 1101 1301 1051 1251
自重 29.5 t 35.0 t 32.5 t 25.5 t 35.0 t 29.5 t
定員(座席) 123 (44) 133 (50) 133 (50) 133 (50) 133 (50) 123 (44)
搭載機器 CP VVVF, SIV VVVF VVVF, SIV CP
2両編成
方向
← 大阪・奈良
形式 1601形 1501形
車種 Tc Mc
車両番号 1601 1501
自重 29.5 t 37.5 t
定員(座席) 123 (44) 123 (44)
搭載機器 CP VVVF, SIV

車体編集

車体は9000系以来のステンレス製である[6]。1000系では環境問題に配慮し、ステンレス車体とすることで外板の無塗装化を図った[3]。構体には最新技術のレーザー溶接が採用されており、従来のスポット溶接と比較して溶接痕が目立たず、仕上がりを美しくするとともに車体強度の向上を図っている[3]運転台部分は普通鋼製で、塗装により仕上げている[4]

外装編集

塗装は急行系車両の基本色を引き継ぎ、オレンジ系の新色である「ヴィヴァーチェオレンジ」を採用し、前面のブラックフェイスにアクセントとして配した[7]。側面は客用扉部とその上部にオレンジを配し、戸袋部は白の横縞模様をあしらい、車体の溶接継ぎ目を目立たなくしている[7]。前面の黒色とオレンジのアクセントが相まって、阪神タイガースの球団旗を連想させるとの見方もなされた[10]

前頭部は貫通扉付で、基本形状は直立円柱のカーブ面とし、わずかにふくらみを持たせることでボリューム感と立体感を強調した[12]。前面裾部は9300系の裾部形状を発展させた斜めカットのデザインとなり、標識灯・尾灯はカットしたラインに合わせたカーブとしている[14]。裾部のカット面で立体としての存在感を強調するとともに、前照灯と標識灯の配置を9300系と合わせることで、阪神の車両としてのイメージを継承している[12]

側窓は出入口間が2連窓で、片側が下降窓、もう片側が固定窓となっている[15]。車端部の窓は固定窓である[15]。床面高さは5500系以降と同じく1,130mmと低くなっており[4]、ホームとの段差を縮小している[16]。客用乗降口の幅は9300系と同じく1,300mmとされた。

種別・行先表示器は阪神電車で初のLEDを採用し[6]、視認性の向上を図った[9]。前面の種別表示器はフルカラーLED、行先表示器は白色LEDが採用されている。側面は種別・行先一体の表示器で、種別部がフルカラーLED、行先部が白色LEDとなっている[8]。側面は一定速度以上で消灯し、機器寿命を延長している[7]

内装編集

車内の座席配置はオールロングシートとなり[7]、腰掛にはバケットシートが採用されている[4]モケットは一般席がグリーン基調、優先座席はグレー基調となっている[1]。グリーンはドア部分のオレンジに対比して目を和ませる色として採用、グリーン系の糸と明るい紫色の糸を織り合わせることでオリーブ色を創出した[17]。袖仕切りの内側にもモケットを張り、着席客への「当たり」に配慮している[12]カーテン荷棚先端部も同系色のグリーンでまとめ、統一感を持たせている[17]

スタンションポールは、車体の中央方向へ大きく膨らませることで立席客と着席客との間合いを大きく取り、上部を車側方向へカーブさせることで立席客の視覚的圧迫感の軽減を図った[12]。床材はオリーブグリーンが引き立つように淡い小豆色となった[17]。1207F以降の増備車の床色は、黒系の汚れが目立つとして濃い色に変更され、グレーブラウン系となっている[18]

化粧板は明るいグレーを基調としながらも、側面部と妻部で使い分けが行われている[17]。側板は「江戸小紋」をアレンジした模様を配して味わい深い印象を狙い、妻面は木目柄として温かみを与えている[17]

バリアフリー対応として、車椅子スペースを全車両に設け、立席客用の手すりと非常通報装置も設置した[4]車内案内表示器は、従来車と同様に山側に2か所・浜側に1か所[19]のドア上に設置されているが、表示器と扉開閉ブザーに加えて扉開閉予告灯を設置し、安全面での配慮を強化している[4]

室内灯は、韓国大邱地下鉄放火事件(2003年)を受けた火災基準の改定に対応するため、蛍光灯のグローブ(カバー)が省略された[15]。ベース本体と反射材を一体化し、ソケットも本体と同一材料・同一仕上げとして、カバーレスながらもグローブ型と同等のデザイン性を維持した[4]。空調の吹き出し口や側小天井は灯具の形状を活かしたデザイン設計が行われ、天井ユニット全体の連続性を持たせ、一体感を持たせる仕上がりとなった[20]

乗務員室編集

乗務員室は従来の阪神・山陽用に加えて近鉄用の運転保安装置類も搭載するため、奥行きを従来車の1,615mmから160mm拡大して1,775mmとなり[21]、天井通路内部にも機器の設置スペースを確保した[4]。このため、運転台直後の座席が従来車の3名から2名に減少したほか、背面の仕切り窓の面積が縮小されている。

マスコン・ブレーキハンドルは9300系と同じ2ハンドル式であるが、マスコンはデッドマンスイッチ付きとなり、近鉄線内の走行を考慮した抑速ブレーキ(1 - 3ノッチ)のポジションを追加している[17]

保安装置は阪神・山陽用のATS列車無線のほか、近鉄用のATS/列車無線も準備工事扱いで装備された。運転室内には阪神・近鉄の各走行線区に対応した保安機器への一括切り替えを行う「相直切替スイッチ」を乗入れ車共通で設置され[21]運転士車掌の間の合図用の電鈴の音色も近鉄・阪神で切り替わる。放送装置は増結車のみに放送可能な機能が付加されたほか、乗務員室から連結・解放作業が可能なように車掌台側のきせ内に連結解放器を設置した。

増結時に中間に位置する先頭車の1201形 (Tc1) ・1501形 (Mc) ・1601形 (Tc) では、貫通時には貫通路と運転台・車掌台を折戸で仕切り、乗務員室の閉鎖が可能になっている[4]。乗務員室と客室の間の仕切り扉は引き戸となり、火災対策に配慮している[4]

主要機器編集

(2007年デビュー当初 西宮駅 - 今津駅間)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

台車は5500系より採用されているモノリンク式ボルスタレス台車で、住友金属工業(現・日本製鉄)製SS-171M(電動車用)・SS-171T(付随車用)を装着する[22]。9300系用のSS-144B・SS-044Bを基本に、側梁をプレス鋼板溶接構造に代わり4面鋼板溶接構造とするなどの変更を実施した[23]ヨーダンパの準備工事を行っている。

連結器は、阪神が先頭連結器として採用していたバンドン式密着連結器から廻り子式密着連結器に順次更新しており、1000系でも当初より廻り子式を採用した[24]。6両編成の1201形 (Tc1) と2両編成の1501形 (Mc) と1601形 (Tc) には電気連結器[25]を装備するとともに、胴受装置を復心式機構付きとして、連結器に対して常に車体中心の位置を取らせることで、増結時の作業時間短縮を図っている[24]排障器(スカート)も切り欠きのあるタイプで、電気連結器のない1201形 (Tc2) とは形状が異なっている。

3両ユニットの分割部となる1101形 (M2) の神戸方と1301形 (T) の大阪方には簡易運転台が設けられている。連結器は廻り子式で、簡易運転台側の妻面には構内走行用の前照灯が設置された[23]。それ以外の中間部分に半永久連結器を装備している。

主電動機は従来車同様のかご形三相誘導電動機を搭載しているが、MT比の見直しにより従来の130kWから170kWに出力を増強、東洋電機製造製TDK-6147-Aを採用した。歯車比は従来と同じ97:16、駆動装置の継手はTD継手である[24]

制御装置はVVVFインバータ制御を、補助電源装置は静止形インバータ (SIV) を採用している。6両編成では各電動車にIGBT素子を高耐圧IPMに組み込んだ三菱電機製MAV-174-15V 163を搭載し、1基の制御装置で4台のモーターを駆動する1C4M方式となっている。また、M1車とM3車には東芝製の150kVAのSIVであるINV-164-LOを搭載、1基のSIVがが故障しても冷房などのサービス電源を稼動させる電力を確保する受給電設備を搭載している[24]

2両編成では、IPMを用いた1C2M方式のVVVFインバータ制御装置を2群と、90kVAのSIVを一体化したV/Sデュアルモード車両制御装置を採用、どちらの形式名もMAV-174-15V 162である。この装置はVVVF制御とSIVの電力変換機能の共通性を利用し、SIVが故障した場合に2群のうち一方の群のVVVF制御装置をCVCFモードで動作させ、SIVに冗長性を持たせている[24]。万が一の故障時のサービス低下防止を目的に採用した[26]

ブレーキ装置は従来車同様の回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキのMBSAを採用している[26]。回生ブレーキ作動時には停止直前まで作動する純電気ブレーキ機能付きとなった[27]

冷房装置は、5500系以降阪神の標準となったセミ集中式のCU-703Aを2基搭載した[23]

パンタグラフは、阪神では初となるシングルアーム式のPT7160-A形を新造時より採用[15]、車体側は従来の下枠交差式パンタグラフの搭載にも対応した構造となっている[27]。1501形 (Mc) には2基、1001形 (M1, M3) と1101形 (M2) には1基搭載する。

製造と運用編集

 
2両編成+9000系6両編成による快速急行
 
直通特急に充当される6両編成

製造初年度となる2006年度は、1次車として6両編成1本と2両編成2本の合計10両が新造された[3]。10月上旬より順次尼崎車庫に搬入され[28]、報道陣向けに公開された。当初は2006年度中に営業運転を開始する予定[16][29]であったが、11月のプレスリリースの時点で「2007年春以降に営業運転開始」と、当初予定からずれ込む旨の発表があった。2007年度末までに20両を新造し、開業までの3年間に合計約70両を投入すると発表されていた[30]

台車の安全性確認に時間がかかったため、車籍編入は新年度以降となり、1201Fが2007年6月4日に、1501Fと1502Fが6月8日に竣工となった[31]。搬入以降は夜間に試運転が行われていたが、6月には日中の本線試運転が開始された[32]。同年9月までに山陽姫路駅にも試運転で入線した[33]9月26日深夜には武庫川線で2両編成の試運転が実施された。

2007年9月には試乗会が行われ[34]は同年9月13日に報道陣向けに、同年9月17日に一般向けに開催された。

2007年10月5日から営業運転を開始し[35]、梅田駅では出発式が開催された[36]。6両編成は当初は梅田駅 - 須磨浦公園駅間のみの運用であったが、2007年11月26日に山陽電鉄の東二見車庫へ回送[37]2008年1月21日に直通特急として初めて山陽姫路駅に入線した[38]。増結用の2両編成は2本併結の4両編成で西大阪線の運用に充当されていた。2009年1月23日から新線区間の試運転を兼ねて本系列と9000系の6両編成に変更されたため、4両編成は尼崎駅構内での増解結訓練に使用されることとなった[39]

2008年3 - 4月には、1202F・1203Fの6両編成2本および1503F - 1506Fの2両編成4本の計20両が増備された[40]。1000系は阪神なんば線開業を控えて順次増備が進められた。[41]

阪神なんば線開業を翌年に控えた2008年より、1000系の近鉄奈良線内での試運転が開始された[42]。同年4月上旬、1503F + 1504Fが阪神なんば線のPRラッピングヘッドマーク装着を施した後に近鉄高安検修センター高安検車区)に陸送で搬入され、5月20日より大和西大寺駅 - 東花園駅間(一部は東生駒駅 - 東花園駅間)で試運転を開始した[42][43]。同時期には近鉄直通改造工事を受けた9000系9201Fも近鉄線に搬入され、6月より1000系と同じ区間で試運転を開始している[44]

8月23日には、西大寺検車区にて1000系の撮影会と試乗会が行われた。撮影会では近鉄9020系の相互直通PRラッピング車と並べられ[45]、撮影会終了後は西大寺検車区→東花園駅→大和西大寺駅での行程で試乗会が実施された[46]

2009年1月11日深夜、1503F+1504Fは9000系6両編成と併結した10両編成となり、近鉄の大和西大寺から阪神の尼崎まで回送された[47]。1503F+1504Fは同月17日より西大阪線の運用に復帰している[48]

2009年3月20日に阪神なんば線が開業し、1000系は近鉄への直通運転を開始した[49]。三宮駅 - 近鉄奈良駅間の快速急行を中心に、尼崎駅 - 奈良駅間の急行・準急・区間準急普通での運用もある(近鉄線内完結も含む)。本線系では直通特急や須磨浦公園駅までの特急区間特急急行などで運用される。

2両編成の増結車は快速急行での尼崎駅解結運用が主体であるが、3ユニットを連結した6両編成での運用も可能で、運用上の都合による代走や、阪神甲子園球場での野球開催時の臨時特急などでの運用実績がある[50][51]

2009年3月20日時点で、基本編成である6両編成10本 (1201F - 1210F) と増結編成である2両編成9本 (1501F - 1509F) 、合わせて78両が在籍し、阪神の車両系列としては、8000系に次ぐ両数となった。2009年度は6両編成1本 (1211F) 、また2011年度にも6両編成2本(1212F・1213F)が製作された[52]。総数は当初予定を上回り、2011年6月時点では6両編成13本と2両編成9本、合わせて96両が在籍している。

1000系の増備による代替として、7801形8901形2000系がそれぞれ全車廃車となった[53][50]。このうち、8901形は西大阪線延伸を見据えて製造された3801形を種車とする車両であったが、阪神なんば線開業目前の2009年2月に廃車となった[53]

訪日外国人客への対応として、2019年3月20日より阪神なんば線の列車にの多言語の車内自動放送が導入されることとなった[54]。阪神なんば線で運転される1000系・9000系と阪神乗り入れの近鉄車が対象で、7時 - 20時を基本として、車掌のタブレット端末により自動放送を実施する[54]

車体装飾編集

 
「Go!Go!灘五郷!」ラッピング電車
 
大和西大寺駅にて 「阪神電車×桃園メトロ連携記念ラッピング列車」

2016年11月より、1204Fが「夢を走らせよう!」ラッピング電車となっている[55]

2017年10月より、1207Fが「Go!Go!灘五郷!」ラッピング電車となっている。

2019年5月27日より、「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト(ゆめ・まちプロジェクト)」10周年を記念して、「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」の運転を開始した。1204Fにラッピング施工されており、2020年5月末まで運行される予定である[56]

2019年3月9日より、1208Fが、「阪神電車×桃園メトロ連携記念ラッピング列車」の運行を開始した。

編成表編集

2017年4月1日現在、6両編成は13編成78両、2両編成は9編成18両が在籍する[57]

← 大阪・奈良
神戸・姫路 →
竣工
Tc1 M1 M2 T M3 Tc2
1201 1001 1101 1301 1051 1251 2007年6月4日[31]
1202 1002 1102 1302 1052 1252 2008年2月14日[31]
1203 1003 1103 1303 1053 1253 2008年3月12日[31]
1204 1004 1104 1304 1054 1254 2008年10月17日[58]
1205 1005 1105 1305 1055 1255 2008年11月11日[58]
1206 1006 1106 1306 1056 1256 2008年12月1日[58]
1207 1007 1107 1307 1057 1257 2008年12月15日[58]
1208 1008 1108 1308 1058 1258 2009年1月8日[58]
1209 1009 1109 1309 1059 1259 2009年1月22日[58]
1210 1010 1110 1310 1060 1260 2009年2月9日[58]
1211 1011 1111 1311 1061 1261 2010年2月3日[59]
1212 1012 1112 1312 1062 1262 2011年6月9日[60]
1213 1013 1113 1313 1063 1263 2011年6月22日[60]
← 大阪・奈良
竣工
Tc Mc
1601 1501 2007年6月8日[31]
1602 1502 2007年6月8日[31]
1603 1503 2008年2月27日[31]
1604 1504 2008年2月27日[31]
1605 1505 2008年3月28日[31]
1606 1506 2008年3月28日[31]
1607 1507 2008年10月8日[58]
1608 1508 2008年10月28日[58]
1609 1509 2008年12月5日[58]

その他編集

  • 2015年度ACジャパンNHK共同キャンペーン『もったいないで明日は変わる』のアニメーションCMの中で、最後(24 - 27秒の間)に阪神1000系が描かれている。但し、周りの風景は実際の阪神沿線には存在しないものである。
  • 2016年公開の映画『少女』(原作:湊かなえ)の一部シーンに当形式とおぼしき車両が登場している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、269頁。
  2. ^ 開始時に路線名は「阪神なんば線」に、近鉄難波駅は「大阪難波駅」にそれぞれ名称が変更された。
  3. ^ a b c d e f g h 谷山彰紀「新車ガイド2 阪神電気鉄道1000系」『鉄道ファン』2007年2月号、80頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 1000系電車 阪神電気鉄道(株)殿 新製品紹介 (PDF) 」 『近畿車輛技報』第14号、近畿車輛、2007年、 47-49頁、2016年3月19日閲覧。
  5. ^ 平成18年度から新型車両1000系を導入します (PDF) 阪神電気鉄道、2006年7月11日
  6. ^ a b c 小松克祥「車両総説」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。38頁。
  7. ^ a b c d e f 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、270頁。
  8. ^ a b c 岡田久雄『阪神電車』JTBパブリッシング、2013年。151頁。
  9. ^ a b 編集長敬白アーカイブ 阪神1000系誕生! - ネコ・パブリッシング
  10. ^ a b 岡田久雄『阪神電車』JTBパブリッシング、2013年。149頁。
  11. ^ 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、275頁。
  12. ^ a b c d e f g h 谷山彰紀「新車ガイド2 阪神電気鉄道1000系」『鉄道ファン』2007年2月号、81頁。
  13. ^ 「阪神電気鉄道 現有車両諸元表」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。284-285頁。
  14. ^ 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、273頁。
  15. ^ a b c d 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、271頁。
  16. ^ a b 「新車速報 阪神電気鉄道1000系」『鉄道ファン』2006年12月号、交友社。69頁。
  17. ^ a b c d e f 谷山彰紀「新車ガイド2 阪神電気鉄道1000系」『鉄道ファン』2007年2月号、83頁。
  18. ^ 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、276頁。
  19. ^ 大阪方を先頭として進行方向左側が山側、右側が浜側。
  20. ^ 谷山彰紀「新車ガイド2 阪神電気鉄道1000系」『鉄道ファン』2007年2月号、82頁。
  21. ^ a b 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、274頁。
  22. ^ 台車近影 SS171M SS171T - ネコ・パブリッシング
  23. ^ a b c 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、272頁。
  24. ^ a b c d e 谷山彰紀「新車ガイド2 阪神電気鉄道1000系」『鉄道ファン』2007年2月号、84頁。
  25. ^ 戦中の鋼製小型車881形に日本の高速電車では最初の電気カプラーを装備・試用していたが、床下面積が狭いため母線の振り分けが困難、連結器のガスケット(パッキン)の交換に不便、降雨時にはデッドアースが発生するなど、初期故障とはいえその後採用されず、再度ジャンパ線使用に戻された。戦後は904の下り神戸方にのみ残っていた(『車両発達史シリーズ 7 阪神電気鉄道』 藤井信夫著 2002年 p.79, 関西鉄道研究会)。
  26. ^ a b 谷山彰紀「新車ガイド2 阪神電気鉄道1000系」『鉄道ファン』2007年2月号、85頁。
  27. ^ a b 谷山彰紀「新車ガイド2 阪神電気鉄道1000系」『鉄道ファン』2007年2月号、86頁。
  28. ^ 「新車速報 阪神電気鉄道1000系」『鉄道ファン』2006年12月号、交友社。68頁。
  29. ^ 新型車両1000系完成の公式発表資料 (PDF) 2006年9月28日
  30. ^ 情報誌『ホッと!HANSHIN』6月号(2007年5月25日発行)
  31. ^ a b c d e f g h i j ジェー・アール・アール『私鉄車両編成表 '08年版』2008年、171頁。
  32. ^ 1000系試運転 まにあっく・阪神、2007年6月(ウェブアーカイブ)
  33. ^ 山陽電鉄線内で1000系試運転 まにあっく・阪神、2007年9月(ウェブアーカイブ)
  34. ^ 1000系の試乗会を開催 まにあっく・阪神、2007年9月(ウェブアーカイブ)
  35. ^ 1000系の概要(2009年6月8日時点のアーカイブ
  36. ^ 1000系営業開始 まにあっく・阪神、2007年10月(ウェブアーカイブ)
  37. ^ 阪神1000系が山陽東二見車庫に - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2007年11月27日
  38. ^ 阪神1000系,直通特急として姫路へ - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2008年1月23日配信
  39. ^ なんば線試運転始まる まにあっく・阪神、2009年1月(ウェブアーカイブ)
  40. ^ 1000系増備車登場 まにあっく・阪神、2008年5月(ウェブアーカイブ)
  41. ^ 1000系続々増備中 まにあっく・阪神、2008年12月(ウェブアーカイブ)
  42. ^ a b 阪神1000系,近鉄奈良線内で試運転 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2008年5月23日
  43. ^ 阪神電車が近鉄線で試験運転 来春、相互直通に 神戸新聞NEXT、2008年5月20日
  44. ^ 阪神9000系,近鉄奈良線内で試運転を実施 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2008年6月12日
  45. ^ 近鉄、阪神1000系車両の写真撮影会と試乗会-相直運転PRで なんば経済新聞、2008年8月25日
  46. ^ 近鉄『阪神1000系車両夏休み写真撮影・試乗会』を開催 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2008年8月25日
  47. ^ 阪神1000系と9000系が10連で尼崎へ戻る - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2009年1月13日
  48. ^ 阪神1000系ラッピング車が営業運転に復帰 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2009年1月18日
  49. ^ 阪神なんば線が開業 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2009年3月20日
  50. ^ a b 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、211頁。
  51. ^ 阪神 臨時特急に1000系増結車 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2009年8月14日
  52. ^ 1000系1212F営業運転開始”. ネコ・パブリッシング『鉄道ホビダス』RMニュース (2011年6月13日). 2014年12月6日閲覧。
  53. ^ a b 小松克祥「車両総説」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。40-41頁。
  54. ^ a b 阪神,列車内で多言語自動放送を導入 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2019年3月19日
  55. ^ “阪神電車・キッザニア甲子園共同プロジェクト『~夢を走らせよう!〜 絵画コンテスト』こども達の夢を描いたラッピング電車が11月22日運行開始” (プレスリリース), 阪神電気鉄道株式会社KCJ GROUP株式会社, (2016年11月15日), http://www.hanshin.co.jp/company/press/detail/1776 2017年3月31日閲覧。 
  56. ^ 阪急・阪神で「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」運転railf.jp
  57. ^ 鉄道ファン』2017年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2017 車両配置表」
  58. ^ a b c d e f g h i j ジェー・アール・アール編『私鉄車両編成表 2009』交通新聞社、2009年、171頁。
  59. ^ ジェー・アール・アール編『私鉄車両編成表 2010』交通新聞社、2010年、173頁。
  60. ^ a b ジェー・アール・アール編『私鉄車両編成表 2012』交通新聞社、2012年、195-196頁。

参考文献・出典編集

  • 交通新聞社鉄道ダイヤ情報』 2009年4月号
  • 電気車研究会鉄道ピクトリアル』2007年2月号 No.785 「New model 阪神電気鉄道1000系」
  • 谷山彰紀「新車ガイド2 阪神電気鉄道1000系」『鉄道ファン』2007年2月号 No.550 交友社 80-86頁。
  • 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。211-282頁。
  • 「大手私鉄車両ファイル」『鉄道ファン』2008年9月号付録
  • 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』各号2003年9月号 No.444 「鉄道・軌道プロジェクトの事例研究 23 西大阪高速鉄道と阪神西大阪延伸線関連工事」
    2008年8月号 No.502 「RAILWAY TOPICS 阪神電車が近鉄奈良線内で試運転を開始」
  • 2008年5月20日付朝日新聞読売新聞神戸新聞京都新聞記事

外部リンク編集