メインメニューを開く
202
201
202(機器・台車換装、塗装変更前)

阪神201・202形電車(はんしん201・202がたでんしゃ)は、阪神電気鉄道が所有する鉄道車両で、旧性能の小型車を改造した事業用電動貨車である151形各形式が老朽化したことに伴い、新造の車体と廃車となった初期の高性能車の電装品を組み合わせて製造された事業用電動貨車である。このグループは装備品や形態の違いによって形式が分かれるほか、同時期に製造された救援車110形も存在する。本項では201・202形のほか、110形も併せて紹介する。

目次

概要編集

本系列が置き換えた151形各形式は、1121,1141形を種車に1960年代中期に改造された車両で、旅客用車両が大型高性能化された1967年(昭和42年)以降は阪神唯一の吊掛駆動車であったが、1980年代半ば近くなると経年による老朽化がはなはだしく、保守に手がかかるようになっていたほか、早期に車両の大型高性能化を達成した阪神において、同系列のためだけに旧型の台車や電装品等の部品を確保することは困難であった。そこで、当時置き換えが進行中であった3301・3501形の機器を流用して1986年(昭和61年)に201形・202形を新造、1987年(昭和62年)には110形を新造した。各形式の概要については以下のとおりである。

201形・202形編集

1986年に151・154の代替として、武庫川車両工業で製造された無蓋式の電動貨車である。車体長は17.8m、車体幅は2.74mと小型車改造の151・154からはかなり大型化した車体となり、このために荷台の積載荷重は151の7t、154の8tから倍増した15tとなった。車体は201の大阪側と202の神戸側に切妻非貫通の全室運転台を設け、運転台の後部には定員8名の作業員控室が設けられた。控室の屋根上には下枠交差式のパンタグラフが搭載されている。201の神戸側と202の大阪側の運転台は、前述の全室式運転台を2/3カットして正面右側の運転台部分だけをアイランド状に残したものとなっており、特異な前面を形作っている。尾灯は全室運転台側は腰部に、アイランド側は台枠部分に2つ取り付けられているほか、ヘッドライトはどちらの運転台も中央にシールドビームを2灯取り付けている。通常は長物車と同じくフラットな状態で使用するが、砂利などを積載する場合に備えて側面には側板を取り付けるためのステーが設けられており、使用時は運転台後部に立てかけてある側板をはめ込んで使用する。また、202の荷台には2t電動ホイストを大阪側、神戸側1台ずつ取り付けており、半室運転台の大阪側のホイストは回転して前面で使用することも可能である。台車及び電装品は当時廃車となった3301形のものを流用して台車は住友金属工業製FS-206を履き、駆動方式は直角カルダン駆動で、主電動機は1時間定格出力60kWの東芝製SE-516を搭載、制御器はABFM-64-15-MA改を装備し、ブレーキ装置はHSCである。補助機器は電動発電機(MG)はMG-207-Sを、空気圧縮機(CP)はM-20-Dを搭載、連結器は阪神標準のバンドン式密着連結器であるが、その上に工事車両牽引用の簡易連結器の受けが取り付けられた。

110形編集

 
110

1987年に153の代替として、武庫川車両工業で製造された制御有蓋貨車であるが、実際は救援車として運用されている。阪神の救援車は155形までは電動車として自走できるようになっていたが、発想を転換して、出動時は営業用車両に牽引されるか推進するかして現場に向かうようにしたことから、両運転台式の制御車として製造された[1]。車体長は17.7m、車体幅は2.74mと、155に近い大きさの車体で、切妻3枚窓の前面に201・202の全室運転台部分同様中央部にシールドビーム2灯の前照灯と腰部に尾灯を取り付けているが、前面非貫通だった201・202と異なり、中央部に貫通扉を設けて前面からの機材の搬出入に配慮している。側面には片側2カ所に2m幅の荷物扉を設けたほか、荷物扉と乗務員扉の間に固定式の窓を設けたほかは窓はない。窓のない部分には155同様荷物棚を置くなどして救援資材を積み込んでいるほか、車内にホイストを取り付けている。屋根は制御車のためグローブ型ベンチレーターが2つ取り付けられているのみである。また、塗装はそれまでの事業用車の赤茶色から一変して「ジェットカー」のウルトラマリンブルー一色となり、正面窓下に警戒色としてバーミリオンの帯を入れたものとなった。台車FS-206を電装解除したFS-206Tを履き、ブレーキ装置はHSC、連結器はバンドン式密着連結器である。なお、110という車号は、初代の有蓋電動貨車である101形から数えると4代目になる[2]

変遷編集

これらの車両は就役後、151形各形式同様前面に「工事」「救援」と書かれた円形の運行標識板を取り付けて、たいていの場合昼間は尼崎車庫や尼崎駅構内の側線に留置されて、夜間に保線工事や高架線上への資材の搬入などに出動した。201・202の台車及び電装品については、直角カルダン駆動方式の車両が減少したことから、1990年(平成2年)に3521形3000系への改造によって生じたものに換装、台車はFS-341、モーターは東洋電機製造製で1時間定格出力60kWのTDK-818-Aとなったが、台車は付随車用FS-341Tを電装したものである。同時に塗色も当初の赤茶色から110と同じウルトラマリンブルーに変更されている。

201・202は高架線上の各駅への資材搬入(エスカレーター・エレベーター等の機材など)に重宝されているほか、枕木等の資材の運搬、レール運搬車の牽引に使用されている。110はこの期間大きな事故が発生していないことから工場入出場時の試運転以外で動くことはほとんどなかった。2017年4月1日時点で、3両とも在籍していた[3]が、110は2017年12月1日付で廃車となり、解体された[4]

参考文献編集

  • 鉄道ピクトリアル』1997年7月臨時増刊号 No.640 特集:阪神電気鉄道
  • 『サイドビュー阪神』 1996年 レイルロード
  • 『車両発達史シリーズ 7 阪神電気鉄道』 2002年 関西鉄道研究会

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 阪急の4050形・4250形のような例がある。また、旧日本国有鉄道の電車の救援車も制御車を改造したものが多かった。
  2. ^ 2代目以降の110号はいずれも救援車である
  3. ^ 鉄道ファン』2017年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2017 車両配置表」
  4. ^ 『私鉄車両のうごき(2017年10月1日~12月31日)』鉄道ダイヤ情報、2018年4月号、111頁。