メインメニューを開く

阪神3801・3901形電車(はんしん3801・3901がたでんしゃ)は、阪神電気鉄道がかつて所有していた優等列車用の電車である。特急・急行運用が主体だったため、急行形車両に分類されることがある。

阪神3801・3901形電車
基本情報
運用者 阪神電気鉄道
製造所 武庫川車両工業
製造年 1974年 - 1977年
製造数 12両
消滅 1986年(8801形、7890形に改造)
主要諸元
編成 4両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
全長 18,880 mm
(3905、3906は18,980 mm)
全幅 2,800 mm
車体 普通鋼
台車 住友金属工業製FS-390,090
主電動機 東洋電機製造製 TDK-8140-A
主電動機出力 130kW×4
駆動方式 中空軸平行カルダン駆動方式
歯車比 81:14 (5.77)
制御方式 電動カム軸抵抗制御
制御装置 三菱電機製 ABFM-138-15-MDHA
制動装置 HSC-D電制併用・抑速付)
テンプレートを表示

1974年から1977年にかけて、西大阪線(現・阪神なんば線)の難波駅延長計画を見越して、同線用に4両編成3本計12両が製造された。その後の情勢の変化に伴い、1986年に6両貫通編成の8701・8801・8901形と2両編成の7890・7990形電車に改造された。改造後の8701・8801・8901形は阪神本線優等列車仕業に充当されていたが、2009年廃車された。一方の7890・7990形は7861形とともに武庫川線で運行されており、2011年現在も在籍している。

本項では、本形式および本形式からの改造車両である8701・8801・8901形、7890・7990形の両形式についても紹介する。

目次

急勾配への対応編集

阪神なんば線は当初伝法線という名称であったが、太平洋戦争後の難波駅延伸計画により、1964年5月に千鳥橋駅から西九条駅まで延長して西大阪線と改称した。続いての延伸区間では、安治川橋梁と地下の九条駅の間に最大40の急勾配が生じることとなり、西大阪線延伸時には急勾配区間の走行に対応した急行系車両を投入することとなった。

7801形以降の急行車は発電ブレーキを省略しており、7001形では力行専用の電機子チョッパ制御を採用していたが、これをベースに抵抗制御に戻し、発電ブレーキを再度取り付け、さらに下り勾配に備えて抑速ブレーキを追加し、主電動機の出力を増強した3801・3901形を製造することとなった。

なお、本形式の設計計画時には、乗り入れ先の近鉄奈良線の車両規格に対応した20m級の4扉車として計画されたという話が残っている[1]。ただし、3801・3901形か別の形式かは不明である。

車体編集

車体は7001・7101形に準じるが、車高が若干低くなった[2]

1977年に増備された3905Fでは、阪神で初めて車体正面および側面に種別・行先表示器が設置された。両端の先頭車の車体長が100mm長くなって運転台部分の拡大に使われ、乗務員扉の幅も従来の500mmから550mmに拡大された。

主要機器編集

台車は阪神初のS型ミンデン台車である住友金属工業製FS-390(3801形)、FS-090(3901形)を装着し、乗り心地の向上を図った。以後の新車は8000系の最終増備車まで、急行系・普通系双方ともS型ミンデン台車を採用している(廃車発生品利用の5131形・5331形を除く)。

主電動機は出力を従来標準の110kW/300Vから130kW/340Vに増強され、東洋電機製造製TDK-8140-Aを3801形に4基搭載、歯車比はそれまでの74:13 (5.69) から81:14 (5.77) に変更された。

制御方式は再び抵抗制御に戻り、抑速ノッチが追加された三菱電機製電動カム軸式制御器のABFM-138-15-MDHAと主抵抗器を3801形奇数車に搭載した。

ブレーキは電空併用抑速ブレーキ付きのHSC-D電磁直通ブレーキを装備した。将来の路線の高架化・地下化による線形変更を見込み[3]、抑速ブレーキ対応のため発電ブレーキを復活した。

主抵抗器については、3801形奇数車に搭載しきれなかったものを3901形奇数車にも搭載している。電動発電機 (MG) は70kVAのCLG-346を3801形偶数車および3901形奇数車に搭載、空気圧縮機 (CP) はDH-25を3801形偶数車および3901形に搭載した。3905Fでは搭載機器とその配分に一部変更があり、空気圧縮機 (CP) をC-2000-Mに変更したほか、従来3801形偶数車に搭載していた電動発電機 (MG) を3901形偶数車 (3906) に搭載し、3901形奇数車が搭載していた主抵抗器を3801形偶数車に搭載することによって、中間車の車重を軽量化することにより編成単位での重量の均等配分を図った。

パンタグラフは3801形の奇数車に下枠交差式を2基搭載し、冷房装置は阪神標準の分散式MAU-13Hを7001形同様パンタグラフ搭載車は6台、非搭載車は7台搭載した。座席は他形式と共通のロングシートで、緑色格子柄の化粧板も7001形を踏襲した。なお、種別・行先表示器は3905Fが登場した1977年に先の2編成にも追加で設置された。

連結器は、先頭車の前頭部にバンドン式密着連結器を取り付けたが、中間車は4両固定編成で通常切り離すことがないことから棒連結器とした。

製造編集

1974年に4両編成2本、1977年に4両編成1本の合計12両が武庫川車両工業で製造された[4]編成は4両固定編成で、両端の先頭車は制御車 (Tc) 、中間車は電動車 (M) からなるTc - M - M' - Tcの4両編成を基本とし、奇数番号車が大阪方、偶数番号車が神戸方に連結されていたのと、奇数番号車と偶数番号車とでM - M'ユニットを組んでいたのは7001形と同じである。

3801・3901形 登場時の編成
梅田
元町
竣工[4]
Tc1 M M' Tc2
3901 3801 3802 3902 1974年3月22日
3903 3803 3804 3904 1974年10月16日
3905 3805 3806 3906 1977年2月23日

運用編集

3801形は3編成12両が製造され、7001形とともに阪神本線の特急急行といった優等列車運用を主体に使用された。西大阪線の延長は、沿線住民の反対や阪神本線の輸送需要の伸び悩みなどで遅々として進まず、やがて凍結状態となった。

阪神の優等列車運用が一部の急行・準急運用を除いて6両編成が基本になると、4両編成の本形式は不足する2両を同じ発電ブレーキを持つ3501形などの2両編成を連結して補っていた。しかし、その他の「赤胴車」は7801・7901形をはじめとした発電ブレーキ未装備の車両が大半を占めていたため、1980年代に入って3501形や3561・3061形の置き換え計画が具体化してくると、併結対象の形式がなくなり、阪神本線での運用ができなくなる状況が予想された。

3901Fの1編成4両は、1986年3月13日付で廃車された[4]。同編成は製造以来故障が多く、原因不明の脱線事故も続発していた。1985年4月22日須磨浦公園阪神梅田行き特急として運用中、山陽電気鉄道本線須磨寺駅 - 月見山駅間で発生した原因不明の脱線事故[5]を機に運行停止となり、1年後の1986年に廃車となっている。こうして、本形式は4両編成2本の8両が残るのみとなった。

組成変更と改番編集

西大阪線延長が頓挫する一方で、阪神本線の優等列車運用が6連中心となっていた。3901Fの廃車を機に、残りの2本8両が1986年夏に組成変更を行い、本線用の6両編成1本が8701・8801・8901形、武庫川線用の2両編成1本が7890形・7990形に形式変更された。

各形式における3801・3901形との相違点については以下のとおり。

8701・8801・8901形編集

阪神8701・8801・8901形電車
 
8901形 尼崎駅にて(2007年)
基本情報
種車 3801・3901形
製造年 1974年 - 1977年
改造年 1986年
改造数 6両
運用終了 2008年
廃車 2009年
主要諸元
編成 6両編成
最高運転速度 106 km/h
設計最高速度 110 km/h
車両定員 先頭車140人 中間車150人
自重 37.5t - 30.0t
全長 18,880 mm
(8902のみ18,980 mm)
全幅 2,800 mm
全高 8701・8901形 4,067 mm
8801形 4,089 mm
制御装置 三菱電機製 ABFM-138-15-MDHA
保安装置 阪神・山陽・阪急形ATS
テンプレートを表示

前述のとおり、本線の優等列車用として1986年に3903Fの大阪方3両と3905Fの神戸方3両を組み合わせて登場した。

編成は当時最新鋭の8000系と同様にTc - M - M'の3両ユニットを2組組み合わせた6両編成で、末尾奇数番号のユニットが大阪方に、偶数番号が神戸方に連結されるのは8000系と同様であるが、ユニット間は8000系とは異なり背中合わせになっていない。

形式は両端の制御車が8901形、中間電動車のうちパンタグラフを搭載している車両は8801形、パンタグラフのない車両は8701形にそれぞれ改番された。

新旧車両番号の対応は以下のとおり。

車両番号対照
新/旧
梅田
元町
備考
新形式 Tc 8901 M 8801 M' 8701 M 8801 M' 8701 Tc 8901
旧形式 Tc3901 M3801 M'3801 M3801 M'3801 Tc3901
8901 8801 8701 8802 8702 8902  
3903 3803 3804 3805 3806 3906  

形式変更後も性能に大きな変化はなく、電動発電機 (MG) や空気圧縮機 (CP) といった補助機器の搭載位置の変更はなかった。また、神戸方先頭車の8902は3906が種車であるため、大阪方先頭車の8901(旧3903)より車体長さが100mm長くなっている。

3両ユニットで検査を行うため、ユニットの端部になる8701の神戸方と8802の大阪方に簡易運転台を設置するとともに、連結器を従来の棒連結器からバンドン型密着連結器に変更した。先頭車の尾灯脇に取り付けてあったジャンパ栓受けを撤去した。

大阪方ユニットと神戸方ユニットの間に母線が引き通されたため、8802の神戸方パンタグラフが撤去された。ただし、パンタグラフ撤去跡に冷房装置の増設は行われなかったことから、8802の冷房装置搭載数は6個のままである。

内装では、客室の化粧板が8000系タイプII以降と同じベージュ系ドット模様に改装された。乗務員室の化粧板は緑系のままである(後述の7890形・7990形も同様)。

登場は神戸方ユニットの8802 - 8702 - 8902が1986年8月7日に、大阪方ユニットの8901 - 8801 - 8701が9月24日に武庫川車両工業において竣功し、試運転後、同年秋から営業運転を開始した。MT比4M2Tの6両編成で主電動機出力が130kWと強力であり、他の急行系車両に比べて加速性能が優れていたことと(運転士には列車ダイヤの遅れを取り戻す際に重宝されたという)、8000系同様の6両貫通編成であったことから、特急や快速急行といった阪神本線の最優等列車を中心に運用された。

1989年には整備の省力化を図るため、補助機器の換装と機器の集約が行われ、電動発電機 (MG) は従来70kVAのCLG-346を編成中3基搭載していたが、このうち8901と8902に搭載の分を110kVAのCLG-350-Mに換装して、8701のMGは撤去、その代わり空気圧縮機 (CP) は8701にC-2000-L (LA) を装備して8901に搭載していたDH-25Dを撤去した。このほか、両先頭車床下のジャンパ栓も撤去している。

登場当初はドアカット装置を設置しておらず、大阪方先頭車部分にホームがない三宮駅3番線降車ホーム側の扉をドアカット開閉出来ない制約があったため、1991年から快速急行への充当を避けていた時期があった(1995年に発生した阪神・淡路大震災による車両不足時を除く)。1998年にドアカット装置が追設され、先述の制約がなくなった後は再び快速急行にも使われるようになった。

本形式の改造内容は、翌1990年から実施された7001形および7801形3次車の2000系への改造時に応用のうえ採り入れられた。

7890・7990形編集

阪神7890・7990形電車
 
武庫川駅で留置中の7890形(2012年)
基本情報
種車 3901形
製造年 1974年 - 1977年
改造年 1986年
改造数 2両
投入先 武庫川線
主要諸元
編成 2両編成
最高速度 45 km/h
全長 7890: 18,880 mm
7990: 18,980 mm
全幅 2,800 mm
制御装置 三菱電機製 ABFM-138-15-MDHA改
制動装置 HSC電磁直通空気ブレーキ
保安装置 阪神・山陽・阪急形ATS
テンプレートを表示

3904・3905の先頭車2両はMc-Tcの2両編成に改造され、武庫川線専用車として投入された[6]。3904は電装化の上Mc車の7890に、3905は付随車のままTc車の7990に改番された[6]

新旧車両番号の対応は以下のとおり。

車両番号対照
新/旧
備考
新形式 Tc7990 Mc7890
旧形式 Tc3901 Tc3901
7990 7890  
3905 3904  

先頭車は付随車であったため電装化改造が必要となったが、台車・制御装置等は3801形の発生品を流用している[6][7]。7890は電装化が行われ、台車は付随台車のFS090から電動台車のFS390に換装[8]、制御装置は1C4MのABFM-138-15-MDHA改[9]に改造された。武庫川線の最高速度が45km/hと低いため主電動機は4台永久直列となり、発電ブレーキは撤去された[6]

7890は前よりから2個目の冷房装置を撤去し、下枠交差式パンタグラフを1基搭載した[10]。同時期には7861・7961形の電装化改造車7871・7873が同様の形態で改造されている[8]

全長は、7890(旧3904)が18,880mm、7990(旧3905)は100mm長い18,980mmとなっている[10]。神戸方先頭車の3904を電装改造したのは、3905に搭載の空気圧縮機を流用できること、3904の搭載機器数が少なく改造が容易であったことが大きな理由である。これにより電動車が偶数向きとなったため、トップナンバーを形式名とする阪神の車両番号附番ルールに従い、阪神では唯一の末尾が0で始まる形式となった。

本形式の改造工事は1986年9月29日付で竣功し、武庫川線で運行を開始した。1994年には7990の運転台後部に車椅子スペースが設置された。

2009年の8801形の廃車以降、阪神で「貫通幌付きの3面折妻」を持つ車両は、7890・7990の2両のみとなっている[8]


改造後の運用編集

 
山陽電鉄東二見車庫に回送された2000系と8901形

8801形は本線の急行用車両として、7890形は武庫川線専用車両として運用された。両形式とも1995年阪神・淡路大震災での被災はなかった。1998年2月の直通特急運行開始時には、8801形は直通特急対応の改造は実施されなかった。2001年3月の直通特急大増発に伴うダイヤ改正では、8801形は阪神本線内完結の運用が多くなり、朝夕ラッシュ時と甲子園行き臨時特急にのみ運用されることが多かった。

阪神なんば線を介した近鉄奈良線との乗り入れに際して、2006年から2008年にかけて既存先頭車の連結器を従来のバンドン式から廻り子式に換装する工事が実施されたが、8801形、7890形では実施されていない。7890・7990形では7890形の座席下に偏差アダプタを収納している[11]

8801形は1000系の増備に伴う代替廃車の対象となり、2008年11月22日に阪神尼崎車庫から山陽東須磨車庫回送後、深夜に山陽東二見車庫へ回送され、同車庫に留置された[12]。西大阪線の難波延伸(=阪神なんば線開業)を見込んで製造されたものの、その阪神なんば線へは乗り入れることなく[13]、2009年2月16日付で廃車された[14]

2000年10月1日からの武庫川線のワンマン運転開始に伴い、7890形は同線で使用される7861形7864F・7866F・7868Fとともにワンマン運転対応改造が施工された[15]。2011年に乗降扉を8000系 (8231F) のリニューアル工事で捻出されたものに交換され[16]ドアエンジンも更新された。

2017年4月1日時点では、7890・7990形の1編成2両が在籍している[17]

改造後の編成編集

2006年4月1日現在[18]

梅田
元町
廃車
Tc1 M M' M M' Tc2
8901 8801 8701 8802 8702 8902 2009年2月16日[14]
Tc Mc
7990 7890

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 川島令三の『私の「戦後」電車史』の中にも、形式を特定していないが阪神における20m4扉車開発計画の話が紹介されている。
  2. ^ 『私鉄の車両21 阪神電気鉄道』44頁。
  3. ^ 『日本の私鉄5 阪神』69頁。
  4. ^ a b c 『私鉄の車両21 阪神電気鉄道』159頁。
  5. ^ 軸重にアンバランスがあったのではないかという説が紹介されている。
  6. ^ a b c d 『日本の私鉄5 阪神』61頁。
  7. ^ 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。235頁。
  8. ^ a b c 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。236頁。
  9. ^ 『日本の私鉄5 阪神』146-147頁。
  10. ^ a b 岡田久雄『阪神電車』JTBパブリッシング、2013年、169頁。
  11. ^ 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。237頁。
  12. ^ 阪神8901形が東二見へ 鉄道ニュース(railf.jp)、2008年11月24日。
  13. ^ 孤高・8901形が引退 まにあっく・阪神 2009年2月(ウェブアーカイブ
  14. ^ a b ジェー・アール・アール編『私鉄車両編成表 2009』交通新聞社、2009年、175頁。
  15. ^ 小松克祥「車両総説」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。42頁。
  16. ^ 8000系のリニューアル車の乗降扉は新調されたものに交換されている
  17. ^ 鉄道ファン』2017年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2017 車両配置表」
  18. ^ ジェー・アール・アール『私鉄車両編成表 '06年版』2006年、130頁。

参考文献編集

  • 鉄道ピクトリアル』各号 1975年2月臨時増刊号 No.303 1997年7月臨時増刊号 No.640 「特集:阪神電気鉄道」 電気車研究会
  • 鉄道ジャーナル』2008年8月号 No.502 RAILWAY TOPICS 「阪神電車が近鉄奈良線内で試運転を開始」 鉄道ジャーナル社
  • 鉄道ダイヤ情報』1995年3月号 No.131 「特集:阪神電車の研究」 弘済出版社
  • 『サイドビュー阪神』1996年 レイルロード
  • 『車両発達史シリーズ 7 阪神電気鉄道』2002年 関西鉄道研究会
  • 飯島巌『復刻版 私鉄の車両21 阪神電気鉄道』ネコ・パブリッシング、2002年(原著1986年、保育社)。
  • 塩田勝三・諸河久『日本の私鉄5 阪神』保育社、1989年。