防弾ガラス(ぼうだんガラス)とは、弾丸を貫通させないことを目的として、一般のガラスよりも強化されたガラスである。防弾や防犯に用いられる。

窃盗未遂にあった宝石店の防弾窓ガラス。ドイツ・ケルン市にて撮影。

歴史編集

第二次世界大戦当時の戦闘機キャノピー前面部や、戦車装甲車の覗き窓など、昔は硬化処理されたガラスを積層し厚さ30 - 60mm程度にして用いていた。しかし被弾時にひびが入って視界が妨げられること、破片が飛び散りホプキンソン効果により、場合によっては内部に被害が出る、曲面構造のものは作れない、厚くすると透明度が低下する等の問題点があった。またガラスの代わりに透明ポリカーボネートを積層し軽量化した物も作られたが、視界が歪みやすい、紫外線による劣化や変色がおこりやすい等の欠点があった。

現在では、主にガラスとポリカーボネートポリビニルブチラールポリウレタン等をラミネート構造にして、より強化された物が作られている。飛翔する銃弾などの衝撃が加わった際、ガラスが破損することと、ラミネートされたプラスチック膜が衝撃を拡散することで防弾性を得ている。またこれは経年・紫外線劣化に強くなり、曲面加工もできるようになった。ただし視界が歪むといったデメリットは避けられない[1]

プラスチック膜を用いることによって比較的軽量であることもあり、戦闘用車両にも好んで用いられる。防弾ヘルメットのバイザーに用いられる場合、厚みは約30mmと言われる。

なお、規格としてUL-752やNIJ-0108.01などがあり、強度が区分されている。

脚注編集

  1. ^ ワンボックスで銃弾撃退 今どきヤクザはベンツに乗らない”. 日刊ゲンダイ (2017年9月23日). 2018年11月8日閲覧。