メインメニューを開く
防災倉庫

防災倉庫ぼうさいそうこ)とは、地域防災の備えとして、様々な物資や消耗品が保管・備蓄されている倉庫で、地方自治体町内会等が管理している。

概要編集

この倉庫には様々な物資が用意され、広域避難場所として利用される施設収容避難場所に使用される小中学校、町内会公民館等に併設されていることが多い。また、通常の倉庫と兼用している場合もみられる。

いずれも火災震災洪水などが発生しても、その被害を受けにくい場所に設けられ、またはその被害を受けない構造をしており、これら防災倉庫が、災害発生時に被災者生命財産を守る物資を提供する。特に日本では古くより大規模火災や地震・水害により、多くの人命が失われた事もあり、全国各地にこのような設備が存在する。また関東から東海にかけての地域など、東海地震東南海地震といった大地震が予想される地域では、企業などでも独自に防災倉庫を設置する所も多い。

古くは水害時における「水塚」や火災時においての「土蔵」なども防災倉庫の役割を持っていた。

保管物資の主なもの編集

炊き出しなどの活動に供するため、調理器具(釜や鍋・蒸し器など)を備える所も見られる。

防災用品一覧も参照

関連項目編集