メインメニューを開く

防長回天史(ぼうちょうかいてんし)は旧長州藩主毛利家の文書を中心に編纂された幕末明治維新史である。全12巻。「防長」は毛利家の領地・周防国(防州)・長門国(長州)で、現在の山口県にあたる。「回天」は時勢を一変させること。

末松謙澄伊藤博文の婿)が毛利家の家政を統括していた井上馨の依頼により編纂を始め、山路愛山笹川臨風堺利彦(枯川)らが従事した。明治30年(1897年)に着手し、32年6月にいちおう編集を終えた。しかし、末松らは他藩出身者であったため批判する意見が多く刊行の見込みがなくなった。このため、明治44年(1911年)から末松の個人事業として刊行を始め、大正9年(1920年)に全巻刊行を成し遂げた。

前史に始まり、天保期の藩政改革から廃藩置県までを扱っている。長州の視点ではあるが客観的な記述に努めており、「水戸藩史料」(1915年[1]と並ぶ幕末・維新史の基礎史料と評される。

内容編集

第1巻
回天前記
第2巻
嘉永安政万延記
第3-4巻
万延文久記
第5-6巻
文久元治記
第7-9巻
慶応記、明治
第10巻
附録・東北人謬見考、補遺
第11巻
補遺
第12巻
附録・版籍奉還廃藩置県の内情、補遺

外部リンク編集

  • 防長回天史[2]