防霜ファン(ぼうそうファン)は、農作物の被害が及ぶことを防ぐ目的で設置される送風機。おもに茶園果樹園で使用される。防霜用ウィンドマシーンともいう[1]

防霜ファン
茶畑に立つ防霜ファン(島田市

構造編集

高さ5m程度の金属ポールまたはコンクリート柱の上部に斜め下方に向けて設置した大型の送風機と、これを制御・駆動するコントローラーユニットを組み合わせたものである。

羽根の枚数は3枚のものが多く、大きな扇風機が取り付けられているように見える。

原理編集

その外観から、農作物を冷やすために使われると思われがちであるが、冷え込む地表付近に対して上空数mの比較的温かい空気を送り込むことで地表面の温度を上げ、霜の被害を防ぐために使用される[2]

特に春先、新芽が芽吹く時期の作物は霜の害を受けやすいため、防霜ファンはよく使用される。

コントローラーは、温度センサータイマー、強制駆動スイッチの3つを備えているものが多く、気温が設定温度を下回った場合、あらかじめ指定した時刻になった場合、その他任意のタイミングでファンを駆動させることができる。

防霜ファンのみでは対応できないほど冷え込む場合はビニールシートなどを併用する。

脚注編集

  1. ^ 米国ワシントン州のりんご生産の現状と省力・機械化技術に関する調査報告書”. (公財)中央果実協会. 2019年10月12日閲覧。
  2. ^ 防霜ファンの気温差制御”. 農研機構. 2020年5月29日閲覧。

関連項目編集