阿久井 善孝(あくいよしたか、1930年 - )は、日本建築家端島(軍艦島)の研究で知られる[1][2][3]

東京電機大学名誉教授[4]

来歴編集

岩手県に生まれる。1956年に東京大学工学部建築学科を卒業し、東京大学大学院数物系研究科修士課程に進学する。1958年に修士課程修了後、丹下健三研究室を経て、1961年丹下健三・都市・建築設計研究所に入所する。

1963年から1965年まで、設計事務所を営む。その後1967年までヨーロッパに滞在し(チューリヒおよびベルリン)、都市デザイン活動に参加した。

1967年に帰国後、東京電機大学建築学科助教授(のちに教授に昇進)となり、教育研究とともに設計活動をおこなった。

2001年に東京電機大学を退職した。

脚注編集

  1. ^ 伊藤千行, 阿久井善孝『軍艦島 海上産業都市に住む』岩波書店、1995年
  2. ^ 阿久井善孝他(編著)『軍艦島実測調査資料集』東京電機大学出版局、1984年
  3. ^ 『[復刻]実測・軍艦島 高密度居住空間の構成』東京電機大学阿久井研究室、鹿島出版会
  4. ^ 産業遺産国際会議(平成26年7月14日-15日開催) - 産業遺産国際会議(ページからリンクされている「Day2 議事録」(PDF)のp.38を参照)

参考文献編集

  • 東京電機大学100年史編纂委員会(編)『学校法人東京電機大学100年史』東京電機大学、2008年