阿久根 謙司(あくね けんじ、1961年10月5日 - )は、埼玉県出身の野球選手、野球指導者、実業家早稲田大学商学部卒。

阿久根 謙司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 (1961-10-05) 1961年10月5日(59歳)
身長
体重
173[1] cm
65[1] kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 東京ガス

来歴編集

小学3年生から野球を始め、早稲田実業では同期に和泉実[3]菅原一秀[4]、1学年上に川又米利がおり、和田明監督の下で2年春と夏に第50回選抜高等学校野球大会及び第60回全国高等学校野球選手権大会への出場を果たす。3年夏は日体荏原東東京大会の4回戦で敗れた[5]

早稲田大学に進学して3年春には外野手のレギュラーとして一番打者を任されるようになった。秋季リーグ戦では打撃不振からスタメンを外れる事もあったものの、早慶戦代打として逆転のタイムリー二塁打を放って勝利打点を挙げ、この試合で7季ぶりのリーグ優勝が決まった[6]。4年生時には主将就任。バント技術と選球眼に優れ、俊足を活かした広い守備範囲を持つ[1]中堅手として[7]、春秋ともにベストナインに選出されている[8]

大学卒業後は東京ガスに入社し、同社の硬式野球部で7年間選手としてプレー。1987年にはドラフト候補に挙がった[9][10]。4年間コーチを務めた後1997年8月に監督に就任。和泉や和田に触発され、選手が自ら考えプレーをする「自立」によるマネジメントに取り組んだ[10]。翌年8月をもって退任[11]。その後は社業に専念し、2002年R&D企画部[9][10](研究開発部隊の人事を担当[12])、2008年から導管企画部グループマネジャーを務めた[9][10]

2010年7月、同社サッカー部から派生したFC東京を運営する東京フットボールクラブ株式会社代表取締役社長の村林裕は、観客動員の伸び悩み[注 1]などから退任を決め[13]、自身の後任の条件に「50歳未満、経営バランス、スポーツへの真摯さ」を掲げた[3][12]。若さと経営能力、スポーツに対する姿勢を評価された阿久根が招聘され、2011年2月に社長に就任した[14]。なお、Jリーグ実行委員[15]及び東京都サッカー協会評議員も兼任[16]

J2に降格した2011年は序盤から厳しい戦いが続き[17]、さらに東日本大震災によるリーグ戦中断もあった。その中で選手やスタッフに「自立」を指針として掲げ[2][注 2]「スタジアムのワンダーランド化」を目指して新たな企画を次々と打ち出し[2][18]、前年比7,500人減ながらJ1も含めたリーグ全体で4位となるホーム観客数約17,500人という実績を残した[17]。阿久根自身もクラブPRのために東京ヤクルトスワローズ主催試合の始球式に参加し、早稲田大学野球部の後輩に当たる青木宣親を相手に、本気の投球でスタンドを盛り上げた[18][19]。チームは自発的なコミュニケーションや選手間でのミーティングを増やすようになり[20]、リーグ優勝によって1年でJ1復帰を達成するとともに、天皇杯でも初優勝を果たしている。2012年より、2001年以来クラブが目指してきた「2011VISION」を改める「2015VISION」を新たに打ち出し[10][21]、実現に取り組んだ。

2015年東京ガスに帰籍し、4月よりライフバル推進部長[22]。また、Jリーグ参与を兼務[23][24]。2017年4月より埼玉支社長。2019年4月より東京ガスケミカル常務執行役員。

脚注編集

注釈
  1. ^ 1試合平均観客動員数は2005年で頭打ちとなり、2006年以降25000人前後で推移していた。
  2. ^ 2011年のスローガンは「TOKYO SPIRIT」。SPIRITにはSpeed(スピード)、Personality(個性)、Independence(自立)、Race(競争)、Insight(状況判断)、Technique(テクニック)の意味が込められていた。
出典
  1. ^ a b c d 週刊ベースボール No.1336』ベースボール・マガジン社、1982年、114-115頁。
  2. ^ a b c (Cache) 明日を創る:センバツ校・OBは今 / 下 FC東京社長・阿久根謙司さん 毎日新聞 (2013年3月16日)
  3. ^ a b FC東京“佑ちゃんの大先輩”が新社長! - ウェイバックマシン(2010年12月24日アーカイブ分) サンケイスポーツ (2010年12月22日)
  4. ^ 【球界高校人脈】早実編(下)指導者、Jリーグフロントなど各界でも活躍 ZAKZAK (2011年2月28日)
  5. ^ 読売新聞、1979年7月27日付朝刊、東京地方面
  6. ^ 朝日新聞、1982年10月31日付朝刊、P.16
  7. ^ 朝日新聞、1982年4月2日付朝刊、P.16
  8. ^ 東京六大学野球連盟 ベストナイン
  9. ^ a b c 「新社長は“佑ちゃん”の早実野球部大先輩…F東京」 『スポーツ報知』 2010年12月21日
  10. ^ a b c d e 一語一会 第19回 阿久根謙司×小松成美 前半 トレード・トレード
  11. ^ 毎日新聞、1998年8月13日付朝刊、P.21
  12. ^ a b 『JMAマネジメント 730号』日本能率協会、2015年、2-5頁。
  13. ^ 【東京】村林社長が退任・・・取締役2人も 日刊スポーツ 2010年12月21日
  14. ^ 役員人事の内定について FC東京 (2010年12月21日)
  15. ^ 実行委員・参与選任について Jリーグ 2011年1月18日
  16. ^ 組織 (2014年度) - ウェイバックマシン(2015年4月23日アーカイブ分) 東京都サッカー協会
  17. ^ a b 朝日新聞、2011年11月30日付朝刊、東京地方面
  18. ^ a b 一語一会 第20回 阿久根謙司×小松成美 後半 トレード・トレード
  19. ^ フォトギャラリー 早大対決! 東京ヤクルトスワローズ (2011年8月30日)
  20. ^ だいあろ〜ぐ:東京彩人記 FC東京社長・阿久根謙司さん / 東京 - ウェイバックマシン(2012年10月5日アーカイブ分) 毎日新聞 (2012年10月03日)
  21. ^ 「FC東京2015ビジョン」について FC東京 (2012年2月1日)
  22. ^ 人事異動等について (部長級) (PDF) 東京ガス (2015年3月26日)
  23. ^ 参与選任について Jリーグ (2015年1月20日)
  24. ^ J.LEAGUE NEWS Vol.225 Jリーグ (2015年3月12日)

関連項目編集

外部リンク編集