メインメニューを開く

阿倍 首名(あべ の おびとな)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族官位正四位下兵部卿

経歴編集

系譜は明らかでないが、右大臣阿倍御主人が没した翌年の大宝4年(704年)正月に、従六位上から三階昇叙されて従五位下叙爵していることから、御主人の近親か。慶雲3年(706年大宰少弐に任ぜられる。

その後、和銅4年(711年正五位下、和銅7年(714年従四位下養老3年(719年従四位上、養老7年(723年正四位下元明朝から元正朝にかけて順調に昇進する一方、和銅8年(715年)に兵部卿に任ぜられて以降、卒去まで10年以上に亘って務めた。またこの間の養老5年(721年)には諸府(衛門府衛士府)の衛士の勤務年数が長すぎて逃亡が頻発していたことから、衛士の役務を3年交替に短縮することを上奏して認められている[1]

神亀4年(727年)2月13日卒去享年64。最終官位は兵部卿正四位下

懐風藻』に漢詩作品が採録されている。『万葉集』にある三輪高市麻呂長門守赴任に対する餞歌[2]の作者安倍大夫を首名に比定する意見もある[3]

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ 『続日本紀』養老6年2月23日条
  2. ^ 『万葉集』巻9-1772
  3. ^ 柿村重松『上代日本漢文学史』日本書院、1947年、247頁

出典編集