阿児郵便局(あごゆうびんきょく)は、三重県志摩市にある郵便局民営化前の分類では集配特定郵便局であった。

Postal Mark w (Japan).svg 阿児郵便局
Ago Post office.JPG
基本情報
正式名称 阿児郵便局
前身 鵜方郵便局
局番号 22058
設置者 日本郵便株式会社
所在地 517-0599
三重県志摩市阿児町鵜方4879
位置 北緯34度19分40.8秒
東経136度49分14.2秒
貯金
店名 ゆうちょ銀行 代理店
保険
店名 かんぽ生命保険 代理店
特記事項
ATMホリデーサービス実施
テンプレートを表示
阿児郵便局の旧局舎(1969年築、2009年3月10日撮影)

概要編集

住所:〒517-0599 三重県志摩市阿児町鵜方4879

敷地面積 約2,115m2の中に、鉄筋コンクリート造り2階建て(延べ床面積 1,136m2)の局舎を有している。また地域住民の作品などを展示するコミュニティールームや、車いすでも利用できるトイレも備え、バリアフリーにも配慮している[1]

沿革編集

  • 1875年明治8年)4月1日 - 鵜方郵便取扱所として開局する[2]
  • 1876年(明治9年)3月 - 鵜方郵便局(五等)に改称する[3]
  • 1885年(明治18年)10月16日 - 郵便貯金事務を開始する[4]
  • 1886年(明治19年)4月26日 - 三等局となる[5]
  • 1893年(明治26年)4月1日 - 郵便為替事務を開始する[6]
  • 1897年(明治30年)10月1日 - 電信事務を開始、鵜方郵便電信局(三等)となる[7]
  • 1897年(明治30年)10月20日 - 電信為替事務を開始する[8]
  • 1899年(明治32年)12月1日 - 小包郵便取扱を開始する[9]
  • 1903年(明治36年)4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い鵜方郵便局となる[10]
  • 1953年昭和28年)10月2日 - 風景入通信日付印の使用を開始する[11]
  • 1956年(昭和31年)3月1日 - 阿児(あこ)郵便局に改称する[12]
  • 1956年(昭和31年)10月1日 - 甲賀郵便局より郵便物集配事務を引き継ぐ[13]
  • 1958年(昭和33年)3月1日 - 神明簡易郵便局の廃止に伴い、取扱事務を承継。
  • 1967年(昭和42年)10月28日 - 電話交換および和文電報配達業務を阿児電報電話局に移管[14]
  • 1969年(昭和44年)5月19日 - 志摩郡阿児町鵜方屋敷垣内1743から同町鵜方瀬戸ノ田2002-3に移転する[15]
  • 1991年平成3年)6月1日 - 読みを「あ」から「あ」に変更[16]
  • 2002年(平成14年)12月2日 - 志摩郡阿児町鵜方瀬戸ノ田2002-3から同町鵜方中之河内1371-9に移転する[17]
  • 2004年(平成16年)10月1日 - 志摩市の発足に伴い、局舎所在地の住所表記が志摩市阿児町鵜方中之河内1371-9に変更される。
  • 2007年(平成19年)4月9日 - 局舎所在地の住所表記が志摩市阿児町鵜方中之河内4879に変更される[18]
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、併設された郵便事業伊勢支店阿児集配センターに一部業務を移管。
  • 2010年(平成22年)2月1日 - 郵便事業伊勢支店浜島集配センターの廃止に伴い、取扱事務を承継。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 日本郵便株式会社発足に伴い、郵便事業伊勢支店阿児集配センターを阿児郵便局に統合。

取扱内容編集

風景印編集

周辺編集

アクセス編集

参考文献編集

  • 『法令全書』(慶応3年10月-明治45年7月)(内閣官報局、明治20年-明治45年)
  • 『明治年間法令全書』(内閣官報局編の復刻版、原書房)
  • 『大正年間法令全書』(内閣官報局編の復刻版、原書房)
  • 『昭和年間法令全書』(内閣官報局編の復刻版、原書房)
  • 『法令全書』(印刷局、印刷庁、大蔵省印刷局、財務省印刷局、昭和20年以降)
  • 『三重県告示』(三重県、明治9年-明治18年)
  • 山口修監修 『全国郵便局沿革録 明治編』 日本郵趣出版 1980年12月28日発行

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2002年11月29日 中日新聞 朝刊 伊勢志摩版 記事「阿児郵便局 新局舎完成、2日から営業 敷地面積 倍以上に 住民の作品展示室も」
  2. ^ 『新版 阿児町史』(編集:阿児町史編纂委員会、発行:阿児町、平成12年3月15日発行、279ページ)
  3. ^ 明治8年12月22日 太政官布告 第197号中の「郵便局及郵便為換局地名」では「鵜方」の記載なし、明治9年12月19日 太政官布告 第158号中の「郵便局及郵便為換局地名」では「鵜方」の記載あり。
  4. ^ 明治18年10月20日 三重県告示 第152号
  5. ^ 明治19年4月26日 逓信省令 第8号
  6. ^ 明治26年3月13日 逓信省告示 第77号
  7. ^ 明治30年9月22日 逓信省告示 第269号
  8. ^ 明治30年10月7日 逓信省告示 第292号
  9. ^ 明治32年11月28日 逓信省告示 第350号
  10. ^ 明治36年3月23日 逓信省告示 第187号
  11. ^ 昭和28年10月2日付官報(第8024号)郵政省告示第千三百十四号、使用開始月日は『法令全書 昭和28年10月号』605頁 昭和28年10月2日 郵政省告示 第1314号による
  12. ^ 昭和31年3月6日 郵政省告示 第283号
  13. ^ 昭和31年10月13日 郵政省告示 第1117号
  14. ^ 昭和42年10月6日付官報(第12244号)郵政省告示第八百三十一号
  15. ^ 昭和44年5月15日 伊勢新聞 2頁 記事「阿児郵便局が完成 19日から執務開始」、住所は『ゼンリン住宅地図 鳥羽市・志摩郡』(昭和47年3月および昭和52年11月発行)による
  16. ^ 平成3年6月14日付官報(第660号)郵政省告示第三百八十三号
  17. ^ 平成14年12月17日 郵政事業庁告示 第428号
  18. ^ 平成19年4月7日土地区画整理法による換地処分の為

外部リンク編集