阿南医療センター

日本の医療機関

阿南医療センター(あなんいりょうせんたー、徳島県阿南市宝田町)は、JA徳島厚生連運営の病院地域医療支援病院、第2次救急指定病院、徳島県災害拠点病院

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 阿南医療センター
阿南医療センター正面
阿南医療センター正面
情報
正式名称 JA徳島厚生連 阿南医療センター
英語名称 Anan Medical Center
前身 阿南共栄病院
阿南医師会中央病院
標榜診療科 内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、糖尿病・代謝内科、リウマチ科、小児科、外科、乳腺外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、放射線科、麻酔科(吉田禎宏)、リハビリテーション科、病理診断科
(院内標榜科):神経内科、漢方内科、血液内科、消化器外科、肛門外科、呼吸器外科、心臓血管外科、外来化学療法科
許可病床数

398床
一般病床:348
(内訳)
一般急性期病棟 263
回復期リハビリテーション病棟 40
地域包括ケア病棟 30
緩和ケア病棟 15



療養病床:50床
開設者 徳島県厚生農業協同組合連合会
(JA徳島厚生連)
管理者 玉置 俊晃(院長)
開設年月日 2019年令和元年)5月1日
所在地
774-0045
徳島県阿南市宝田町川原6番地1
位置 北緯33度55分27秒
東経134度38分50秒
二次医療圏 南部I
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

阿南共栄病院1937年(昭和12年)6月、農民の保健と生活向上を目的とした医療組合が開設}を運営するJA徳島厚生連、阿南医師会中央病院1963年(昭和38年)10月、全国8番目の医師会立病院として設立}を運営する阿南市医師会、両病院が位置する阿南市は、救急医療をはじめとする地域医療体制の将来的な維持は困難であるとの共通認識のもと、地域医療の在り方や両病院の連携の方策などについて協議や検討を行い、阿南共栄病院阿南医師会中央病院を統合・合併し、阿南医師会中央病院既存棟の東隣に新棟を建設して新たな医療センターを開設することを決定。

阿南共栄病院と阿南中央病院{2016年(平成28年)4月、阿南医師会中央病院の資産および経営権をJA徳島厚生連に譲渡}を平成31年4月30日をもって閉院。翌日の令和元年5月1日、徳島県阿南市羽ノ浦町中庄の阿南共栄病院の入院患者を阿南医療センターへ移送し開院した。

年表編集

  • 2013年(平成25年)11月 - JA徳島厚生連、阿南医師会、阿南市「医療センター設立に向けての覚書」締結、「建設委員会」設置。
  • 2014年(平成26年)12月 - 阿南医療センター「基本計画」策定
  • 2015年(平成27年)5月1日 - 起工式
  • 2019年(平成31年)3月13日 - 新築落成
  • 2019年(平成31年)4月30日 - 阿南共栄病院・阿南中央病院 閉院
  • 2019年(令和1年)5月1日 - 開院

病床数編集

  • 一般病床 348床

(内訳)
一般急性期病棟 263床
回復期リハビリテーション病棟 40床
地域包括ケア病棟 30床
緩和ケア病棟 15床

  • 療養病床 50床

診療科編集

(院内標榜科):神経内科、漢方内科、血液内科、消化器外科、肛門外科、呼吸器外科、心臓血管外科、外来化学療法科

関連項目編集

外部リンク編集