阿南工業高等専門学校

阿南工業高等専門学校(あなんこうぎょうこうとうせんもんがっこう、英称:National Institute of Technology, Anan College)は、徳島県阿南市見能林町にある日本の国立高等専門学校である。1963年に設置された。略称は阿南高専

阿南工業高等専門学校
National Institute of Technology Anan College.jpg
略称 阿南高専
英称 National Institute of Technology, Anan College (NIT, Anan College)
設置者 国立高等専門学校機構
種別 国立工業高等専門学校
校訓 真理・創造・礼節
設立年 1963年
学科 創造技術工学科
専攻科 創造技術システム工学専攻
所在地 774-0017

北緯33度53分53.69秒 東経134度40分3.31秒 / 北緯33.8982472度 東経134.6675861度 / 33.8982472; 134.6675861座標: 北緯33度53分53.69秒 東経134度40分3.31秒 / 北緯33.8982472度 東経134.6675861度 / 33.8982472; 134.6675861
ウェブサイト https://www.anan-nct.ac.jp/
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

沿革編集

[1]

  • 1963年 国立阿南工業高等専門学校として設立(機械工学科2学級、電気工学科1学級)する。
  • 1967年 土木工学科(1学級)を設置。
  • 1989年 機械工学科(2学級)を機械工学科(1学級)と制御情報工学科(1学級)に改組。
  • 1993年 土木工学科を建設システム工学科に改組。
  • 1996年 専攻科(構造設計工学専攻,電気・制御システム工学専攻)が設置。
  • 2002年 電気工学科を電気電子工学科に改称した。
  • 2004年 独立行政法人国立高等専門学校機構法により、独立行政法人国立高等専門学校機構が設置する高専となった。
  • 2004年 「創造技術システム工学」プログラムが日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けた。
  • 2014年 機械工学科・電気電子工学科・制御情報工学科・建設システム工学科を創造技術工学科に改組し、5コース制度を導入した。
  • 2019年 専攻科(構造設計工学専攻,電気・制御システム工学専攻)が創造技術システム工学専攻(機械システムコース・電気電子情報コース・建設システムコース・応用化学コース)に改組され、4コース制度を導入した。

学科編集

本科(準学士課程)編集

創造技術工学科編集

阿南高専では、2014年度より1学科5コース制を採用しており、1年次は混合学級で、コースの選択に向けた工学の基礎を学び、学生の希望や適正、学業成績に基づき、2年次にコース配属が行われる。コース配属の際、推薦選抜(各コースの定員の半分)で入学した学生は、学業成績にかかわらず推薦された専門コースに配属されること可能。なお、各コースには定員が設定されている。

  • 機械コース(M) : 定員36名
    • 熱力学や流体力学、材料力学などの力学や数学、機械製図、機械に関する実習科目を総合的に学び、様々な産業で活躍できるエンジニアを育成する。
  • 電気コース(E) : 定員36名
    • 電気の発電や送配電、さらに応用した電子情報通信について総合的に学習し、様々な産業分野で活躍できるエンジニアを育成する。
  • 情報コース(I) : 定員38名
    • 組み込み技術、ネットワーク、メディア情報に代表されるソフトウェアから回路実装技術まで、実験・実習を通じて学ぶ。
  • 建設コース(C) : 定員24名
    • 調査、設計、施工管理など基礎的な建設工学分野を柱として、建築、環境、防災など幅広い分野をバランス良く融合した教育課程を取っており、社会基盤を創造・保全できる建設技術者を養成する。
  • 化学コース(Z) : 定員26名
    • 無機物から有機物に及ぶ広範囲な物質の製法や分析法を学び、材料開発、化学プラント開発、化学薬品製造、品質管理などの分野で活躍できる技術者を養成する。

専攻科(学士課程)編集

2019年度より、4コース制を採用している。

創造技術システム工学専攻編集

  • 機械システムコース(AM)
  • 電気電子情報コース(AE)
  • 建設システムコース(AC)
  • 応用化学コース(AZ)

学生生活編集

教育編集

教育に関しては、他高専と大きな違いはない。

  • 一般教養では、工学の基礎となる理系科目が多く設定されているが、英語や日本語、歴史、地理、倫理などの人文系科目も設定されており、責任感・倫理観豊かな国際人・社会人となるために必要な教養を身に着けることができる。これらの最終的な学習レベルは大学の工学部課程に匹敵する。
  • 高学年になるにつれて、つりがね式で専門科目が増えていく。
  • シラバスの授業計画に沿って、授業は進められる。
  • 成績評価は、80点以上で「優」、65点以上80点未満で「良」、60点以上65点未満で「可」、60点未満で「不可」となる。「不可」となった場合は、単位の認定がされないが、追試への合格などにより認定されることがある。
  • 進級に必要な単位数が認定されなかった場合、留年措置となる。
  • 授業は、1コマ90分で行われ、1日に3コマ、もしくは4コマの授業を受ける。なお、3コマで授業が終業する日は、終業時間が午後2時20分であり、時間を有効活用することができる。
  • 年4回の定期試験以外に試験は行われていない。そのため、勉学と部活動を両立させることが高等学校と比べて容易である。
  • 夏期休暇と春期休暇は約2か月と、大学とほぼ同じ長さである。

制服編集

  • 本科1年次から3年次までは、制服登校が義務付けられているが、本科4、5年、専攻科の学生は私服登校可能となっている。
  • 制服は、紺を基調としたブレザーである。

施設編集

  • 管理棟
  • 一般教養棟
  • 機械棟
  • 電気棟
  • 情報棟
  • 建設化学棟
  • 材料工学棟
  • 化学工学実験室
  • 専攻科棟
  • 地域連携・テクノセンター
  • 高志会館
    • コンビニ(Yショップ)、学生食堂、学生休憩室、軽音楽部のオーディオルームなどを完備した福利施設。
  • 図書館
    • 2018年に改装が完了した。1階には視聴覚室などが設置されている。2階は、図書閲覧室とアクティブラーニングスタジオとなっている。図書閲覧室は学外の者でも利用可能。
  • 第1体育館
  • 第2体育館
  • 陸上競技場(400mトラック、土)
  • 野球場(両翼95m、センター120m、観客席あり)
  • 武道館
  • トレーニングルーム
  • テニスコート
  • 部室棟
  • 明正寮(後述)
  • 阿南市インキュベーションセンター
  • 阿南高専はつらつランド
    • 1994年に竣工したテニスコート(4面)、弓道場などの総称である。

明正寮 編集

  • 阿南高専の学生のために設置された学寮であり、読み方は「めいせいりょう」。1、2、3、4、5号館があり、女子寮である5号館は2019年に改修された。他の号館も順次改修予定である。
  • 基本的に男子寮生は、1年生が3号館、2年生が2号館、それ以上の高学年が1、4号館で生活することとなっている。
  • 明正寮での規則は、寮生と寮担当職員が相談しながら作っており、寮生の意見によって改善されている。また、寮担当職員、役員寮生によるサポートは充実しており、低学年でも安心して寮生活を送ることができる。
  • イベントは、イベント委員によって、企画・実施されている。主なイベントとして新入寮生歓迎会、寮祭、eスポーツ大会などが挙げられる。
  • 1年生を対象として、茶道、華道の教養講座が行われている。
  • 毎年、海開き前に「日本の渚百選」に選定されている北の脇海岸(阿南高専から東に約2.1km)の清掃活動を行っている。また、毎年秋頃には、校内外での清掃活動を行っている。
  • 年に2回、防災訓練が実施されている。

蒼阿祭(高専祭)編集

  • 蒼阿祭(そうあさい)は、毎年11月上旬に開催されている文化祭である。企画・実施は、蒼阿祭実行委員会が中心となって行っている。
  • クラブ部活動による模擬店や文化部による催し物、高学年による専門科目を用いた専門展示、豪華賞品が当たるビンゴ大会、軽音楽部によるライブ、アニクラなどが行われている。また、後援会企業などによる展示、入試説明会、明正寮説明会なども併せて行われており、毎年多くの人で賑わう。

学生会編集

  • 書記、会計、監査委員会、環境委員会、交通安全委員会、広報渉外委員会から組織される。会長は、年1回の選挙から選出される。
  • 毎年、7月には七夕祭、前期と後期に一回ずつ体育大会を企画・実施している。

部活動編集

運動部 編集

  • 硬式野球
    • 専用グラウンドを有している。2019年高校野球秋季大会徳島大会にて、ベスト8に進出した。
  • バレーボール
    • 女子部は、2011年に全国高専大会で優勝を成し遂げている。
  • バスケットボール
    • 男子部は、2018年徳島県高校総体にて、ベスト8に進出した。
  • 陸上競技
    • フィールド競技に関しては、インターハイ出場者を輩出するなど、徳島県内有数の強豪校である。また、四国地区高専大会では2019年現在4連覇を達成しており、四国内の高専では1番の強豪である。
  • ソフトテニス
  • 硬式テニス
    • 団体、個人ともに全国高専大会上位の常連である。また、2019年には、徳島県高校新人大会で準優勝を成し遂げた。
  • サッカー
    • 2017年徳島県新人大会にて、ベスト4に進出した。
  • 弓道
    • 高専大会や、阿南市体育祭で優秀な成績を残している。
  • 柔道
  • 剣道
  • 卓球
  • バドミントン
    • 2019年徳島県新人大会にて、団体、ダブルス、シングルスにおいて優勝を成し遂げた。また、2019年の高専大会でも、団体、シングルスにおいて優勝を成し遂げている。
  • ソフトボール
  • 水泳
    • インターハイ出場者を輩出している。
  • ラグビー
  • ハンドボール

文化部編集

  • ロボット研究会
  • 棋道
  • ボランティア
  • 落語研究会
  • 写真
  • 吹奏楽
  • 茶道
  • 書道
  • 軽音楽
    • 県内で最も活動が盛んな学校の一つであり、多くのバンドが所属している。毎年、蒼阿祭でライブを行っている。
  • 演劇

同好会編集

  • 英会話
  • プログラミング
  • 美術
  • 構造デザイン
  • 化学
  • ワンダーフォーゲル
  • ストリートダンス
    • 蒼阿祭にて、パフォーマンスを披露している。
  • 空手道
  • 自転車競技

愛好会編集

  • 工作・オーディオ
  • Lego研究会
  • 物理学研究会
  • コンクリート研究会
  • 沖縄文化交流会
  • 再生可能エネルギー研究会
  • eスポーツ研究会
    • 全国大会で3位となったことで、注目を浴びた。

出身者編集

交通アクセス編集

鉄道編集

バス編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 沿革 – 阿南工業高等専門学校”. www.anan-nct.ac.jp. 2018年12月11日閲覧。

外部リンク編集