メインメニューを開く

阿寒に果つ』(あかんにはつ)は、渡辺淳一小説。『婦人公論』の1971年7月号から1972年12月号にかけて連載された。同作を原作とし、1975年に製作・公開された日本映画についても紹介する。

ストーリー編集

天才少女画家と呼ばれた時任純子が阿寒湖で自殺してから20年。作家となった「私」はかつて純子と関係のあった5人の男性に会い、純子の死の真相を探ろうとする。

概要編集

著者の渡辺淳一によれば[1]、時任純子は札幌南高校時代の同級生で天才少女画家と呼ばれた加清純子がモデルであり[2]私小説的な側面を持つ。

映画化編集

阿寒に果つ
監督 渡辺邦彦
脚本 石森史郎
岡田正代
原作 渡辺淳一
製作 田中収
森岡道夫
出演者 五十嵐じゅん
三浦友和
福田善之
音楽 眞鍋理一郎
撮影 木村大作
編集 小川信夫
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開   1975年6月21日
上映時間 87分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1975年6月21日東宝系で公開された。監督は渡辺邦彦

山口百恵の主演映画として企画されたが[3]裸体シーンなどの問題点があり山口のOKが取れず。急ぎ主演女優を選考し、6人の最終選考の中から強く主演を望んだ五十嵐じゅんが抜擢された、と書かれたものと[3]、五十嵐が原作を読んで渡辺淳一に「映画かテレビドラマになる時は私をヒロインにして欲しい」とファンレターを送っていて、渡辺が東宝田中収プロデューサーに五十嵐を推薦し[4]、田中が五十嵐に会い即座にヒロインに決めた、と書かれたものがある[4]。両方が事実なら、最終選考は最初から五十嵐で決まっていた出来レースということになる。

キャスト編集

スタッフ編集

同時上映編集

アフリカの光

興行成績編集

振るわなかったとされる[5]。なおDVDやBDの発売は、2019年9月時点で確認できない。VHSテープは1988年に東宝から(B000064SOT)。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 渡辺淳一「雪のなかの日々」『別冊小説新潮』第25巻第2号、新潮社、1971年2月、 127-130頁、 NCID AN10010653
  2. ^ 山下武『夭折の天才群像 神に召された少年少女たち』本の友社、2004年11月20日、192頁。ISBN 978-4-89439-474-2
  3. ^ a b “五十嵐じゅんが主役 東宝『阿寒に果つ』”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社): p. 11. (1975年1月18日) 
  4. ^ a b “映画初出演に生き生き カムバックの五十嵐じゅん 原作にベタぼれ 『阿寒に果つ』 実った売り込み”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社): p. 8. (1975年2月6日) 
  5. ^ 「興収百億に挑戦する男・松岡副社長は語る 『東京湾炎上』にはじまる東宝夏の陣 製作・配給・興行の見事な積極態勢」『映画時報』1975年7月号、映画時報社、 5頁。

関連項目編集

外部リンク編集