阿寒摩周国立公園

阿寒国立公園から転送)

阿寒摩周国立公園(あかんましゅうこくりつこうえん、英称:Akan-Mashu National Park [3])は、北海道にある国立公園。2017年の「阿寒国立公園」からの名称変更に伴い、摩周湖・神の子池周辺まで区域が拡がり、1市10町に跨る総面積9万1000ヘクタールとなった[4][※ 1]

阿寒摩周国立公園
Akan-Mashu National Park
IUCNカテゴリII(国立公園
Lake Akan Kushiro Hokkaido Japan03s3.jpg
Lake Mashu 2009.jpg
(上)阿寒湖(2012年9月)
(下)摩周湖(2009年8月)
指定区域
分類 国立公園
面積 91,413ヘクタール[1]
指定日 1934年12月4日
運営者 環境省
年来園者数 3,530,000人(平成25年)[2]
施設 阿寒湖畔エコミュージアムセンター、阿寒湖のマリモ展示観察センター、川湯エコミュージアムセンター、和琴フィールドハウス
告示 昭和9年内務省告示第567号
平成29年環境省告示第61号
事務所 釧路自然環境事務所
事務所所在地 北海道釧路市幸町10-3 釧路地方合同庁舎4階
公式サイト 阿寒摩周国立公園
テンプレートを表示

目次

概要編集

北海道で最も歴史ある国立公園の1つであり、大雪山国立公園[7]日光国立公園[8]中部山岳国立公園[9]、阿蘇国立公園(現在の阿蘇くじゅう国立公園[10]とともに指定された[11]。公園区域の大部分が亜寒帯性の針葉樹林を中心とする天然林で被われており、原始的な姿を留めている。阿寒湖屈斜路湖摩周湖の3つのカルデラがあり、火山が幾つも近接している地形は日本国内で貴重なものになっている。中でも屈斜路湖は周囲57km、面積79.7km²ある日本国内最大のカルデラ湖になっている(中島も周囲12km、高さ355mあり、湖中島としては日本国内最大の規模になっている)[12]。阿寒湖のマリモは国の特別天然記念物に指定されている[13][14]、また、阿寒湖はヒメマスの原産湖として知られているほか[15]ラムサール条約に登録されている[16]

国立公園の名称について地元自治体は「阿寒摩周国立公園」への変更を環境省に要望していた[17]。日本政府の「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、環境省は「国立公園満喫プロジェクト」を実施し、先行的・集中的に取り組む8つの国立公園に選定された[18]2017年8月8日、区域拡張に伴い、「阿寒摩周国立公園」へ名称が変更された[6]

地域編集

阿寒摩周国立公園阿寒地域

阿寒摩周国立公園川湯地域

  • 川湯地域
    • 屈斜路カルデラと摩周カルデラがあり、屈斜路湖摩周湖がある[21]。これらの外輪山は眺めが良く、屈斜路外輪山には野上峠、藻琴峠、小清水峠、美幌峠津別峠があり、摩周カルデラには摩周第一展望台、摩周第三展望台、裏摩周展望台がある[21]。また、摩周岳(カムイヌプリ)、西別岳、藻琴山からの眺めも良い[21]。摩周湖は世界でも有数の透明度を誇っており、人手がほとんど加わっていない原始的な景観を残している[21]。硫黄山(アトサヌプリ)は活火山であり、噴気活動を続けている[21]。硫黄山山麓に広がるつつじヶ原は、低標高にも関わらずハイマツ-イソツツジ群落を形成している[21]。また、ポンポン山、湯沼(キンムトー)周辺や和琴半島などでは地熱の影響で冬でも積雪がなく、生息の北限となるミンミンゼミ隔離分布している[21]

歴史編集

1906年(明治39年)の北海道国有未開地処分法に基づき、薩摩生まれの官僚で山梨県知事も務めた前田正名が阿寒湖畔の土地約3,800ヘクタールを取得して前田一歩園を設立した[22]。当初は耕作と牧畜植林に供する目的のため農場・牧場の経営に乗り出したが[22]、阿寒湖一帯の美しさに魅せられて「この山は切る山ではなく、観る山にすべきである」と観光地への発展を見越していた[22]。正名は「前田家の財産はすべて公共事業の財産とす」という家訓を遺して1921年(大正10年)に他界するが、次男の前田正次と妻の光子によって引き継がれて1983年(昭和58年)に財団法人「前田一歩園財団」が設立し(2012年に一般財団法人になる)、自然環境の保全と適正利用などに努めている[23]

  • 1934年昭和09年):国立公園指定。
  • 1938年(昭和13年):特別地域の指定。
  • 1950年(昭和25年):阿寒国立公園の切手発売[24]
  • 1954年(昭和29年):特別保護地区の指定。
  • 1968年(昭和43年):阿寒湖畔ビジターセンター開設[25]
  • 1977年(昭和52年):再検討。
  • 1978年(昭和53年):阿寒湖のマリモ展示観察センター開設。
  • 1996年平成08年):阿寒湖のマリモ展示観察センターがリニューアルオープン[26]
  • 1999年(平成11年):川湯エコミュージアムセンター開設。
  • 2002年(平成14年):阿寒湖畔ビジターセンターが阿寒湖畔エコミュージアムセンターとしてリニューアルオープン[25]
  • 2005年(平成17年):阿寒湖がラムサール条約に登録[16]
  • 2014年(平成26年):和琴野営場がリニューアルし、和琴フィールドハウス開設[27]
  • 2017年(平成29年):神の子池及び摩周カルデラ外輪山山麓が公園区域として拡張され、また「阿寒国立公園」から「阿寒摩周国立公園」へ名称変更[1]

観光地・景勝地編集

集団施設地区・ビジターセンター編集

国立公園集団施設地区[28]
地区名 面積 所在地 利用者数(人)
川湯 39.1ha 北海道川上郡弟子屈町 722,000[29]
和琴 51.2ha 513,000[29]
阿寒湖畔 81.0ha 北海道釧路市 962,000[29]
ビジターセンターなど
センター名 設置者 所在地 利用者数(人)
阿寒湖畔エコミュージアムセンター 環境省 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-1-1 52,556[30]
阿寒湖のマリモ展示観察センター 北海道釧路市[31] 北海道釧路市阿寒町阿寒湖畔国有林根釧西部森林管理署2148イ林小班[32]
-
川湯エコミュージアムセンター 環境省 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-2-6 14,359[30]
和琴フィールドハウス 北海道川上郡弟子屈町字屈斜路和琴
-

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 名称変更と、区域拡大を環境省中央環境審議会が2017年6月13日に答申しており[5]、2017年8月8日に官報告示された[6]

出典編集

  1. ^ a b 阿寒国立公園の公園区域及び公園計画変更案の概要 (PDF)”. 環境省. 2017年9月11日閲覧。
  2. ^ 国立公園の利用者数(公園、年次別) (PDF)”. 環境省. 2016年8月24日閲覧。
  3. ^ 阿寒摩周国立公園(英語版)”. 環境省. 2017年11月13日閲覧。
  4. ^ 『クォリティ(2017年9月号)』第52巻第9号、太陽、2017年9月1日、 148 - 151頁。
  5. ^ 「阿寒国立公園」の名称変更等について”. 環境省・釧路環境事務所プレスリリース. 2017年6月16日閲覧。
  6. ^ a b 平成29年環境省告示第61号「阿寒国立公園の公園区域を変更する件」、『平成29年8月8日 官報 第7077号』、p.5
  7. ^ 1934年(昭和9年)12月4日内務省告示第568号「大雪山國立公園指定」
  8. ^ 1934年(昭和9年)12月4日内務省告示第569号「日光國立公園指定」
  9. ^ 1934年(昭和9年)12月4日内務省告示第570号「中部山岳國立公園指定」
  10. ^ 1934年(昭和9年)12月4日内務省告示第571号「阿蘇國立公園指定」
  11. ^ 1934年(昭和9年)12月4日内務省告示第567号「阿寒國立公園指定」
  12. ^ 屈斜路湖の魅力3 日本最大のカルデラ湖、屈斜路湖”. 北のカムイ観光圏 〜釧路湿原・阿寒・摩周〜. 2016年8月28日閲覧。
  13. ^ 阿寒湖のマリモ - 文化遺産オンライン(文化庁
  14. ^ 阿寒湖マリモ”. 北海道ファンマガジン. 2016年8月18日閲覧。
  15. ^ a b 阿寒地域管理計画書 2006, p. 2.
  16. ^ a b 阿寒湖 (PDF)”. 環境省. 2016年8月18日閲覧。
  17. ^ “阿寒国立公園の名称変更要望提出/地元11市町”. 釧路新聞 (釧路新聞社). (2016年5月5日). http://www.news-kushiro.jp/news/20160505/201605054.html 2016年8月18日閲覧。 
  18. ^ “先行的・集中的に取り組む8つの国立公園が決定しました - 第3回国立公園満喫プロジェクト有識者会議の結果発表 -” (プレスリリース), 環境省, (2016年7月25日), http://www.env.go.jp/press/102826.html 2016年8月19日閲覧。 
  19. ^ a b c 阿寒地域管理計画書 2006, p. 26.
  20. ^ 阿寒湖アイヌコタン”. 阿寒アイヌ工芸協同組合. 2016年8月19日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g 川湯地域管理計画書 2006, p. 2.
  22. ^ a b c 梅川智也 (2012年10月12日). “「前田正名」という人〜阿寒湖の人と自然を守ってきた前田一歩園の初代園主とは?”. 日本交通公社. 2016年8月18日閲覧。
  23. ^ 前田一歩園財団”. 2016年8月18日閲覧。
  24. ^ 1950年(昭和25年)7月14日郵政省告示第210号「阿寒国立公園の風景を画題とする二円郵便切手等発売」
  25. ^ a b 阿寒湖・阿寒湖温泉・アイヌコタン”. 北海道ファンマガジン (2009年5月14日). 2016年8月18日閲覧。
  26. ^ 歴史とあゆみ (PDF)”. 釧路市 市勢要覧2016. 釧路市. 2016年8月19日閲覧。
  27. ^ 和琴フィールドハウス・キャンプ場 いよいよオープン!”. スタッフブログ. 自然公園財団 (2014年7月16日). 2016年8月19日閲覧。
  28. ^ 国立公園集団施設地区 (PDF)”. 環境省 (2015年). 2016年8月18日閲覧。
  29. ^ a b c 国立公園集団施設地区等利用者数 (PDF)”. 環境省. 2016年8月18日閲覧。
  30. ^ a b 国立公園内ビジターセンター等利用者数 (PDF)”. 環境省 (2013年). 2016年8月18日閲覧。
  31. ^ 阿寒湖のマリモを見に来るなら”. マリモWeb. 2016年8月18日閲覧。
  32. ^ 釧路市阿寒湖のマリモ展示観察センター条例”. 釧路市例規類集. 釧路市. 2016年8月18日閲覧。

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集