メインメニューを開く

垂水 藤太(たるみ とうた、1958年8月29日[1][2][4][5] - )は、日本俳優[6]モデル[6]。本名同じ[1][2]。別名、阿川 藤太(あがわ とうた)[2]。父は俳優の垂水悟郎[7][3]

たるみ とうた
垂水 藤太
本名 垂水 藤太
別名義 阿川 藤太
生年月日 (1958-08-29) 1958年8月29日(60歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 180 cm[1][2]
血液型 O型[3]
職業 俳優モデル
ジャンル テレビドラマ映画舞台
著名な家族 垂水悟郎(父)
事務所 マドモアゼル
公式サイト 所属事務所によるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
超新星フラッシュマン
テンプレートを表示

東京都出身[1][5][3][2][4]多摩美術大学[1]中退、演劇集団 円演劇研究所卒業[5]。木冬社[5]夏木プロダクションを経て[2]マドモアゼル所属[4]

目次

来歴・人物編集

大林宣彦監督作品の美術監督として知られる薩谷和夫が近所に住んでおり親しくなった関係で、高校生の時に薩谷や数人の仲間とともに自主映画を製作[3]。大林監督の『HOUSE ハウス』には美術助手として現場に入っていた[3]。大学時代に紹介されたモデルクラブの仕事が忙しくなり3年から4年に進級できず、父に将来の選択を迫られ、当時観ていた『北の国から』の影響で役者に興味を持つようになったこともあって、演劇集団 円演劇研究所に入る[3]

東映テレビプロの制作デスクが父のことをよく知っていたこともあり[3]1983年宇宙刑事ギャバン』のゲスト出演でテレビドラマデビュー[8]メタルヒーローシリーズの主役候補になっていたことがあり、一時期JACの練習に通っていたこともあった[3]

1986年には『超新星フラッシュマン』にて主役のレッドフラッシュ・ジン役を演じる[3]。それまではモデルの仕事や舞台が多く不規則な生活だったため、近所の住民に不審に思われていた節があったが、『フラッシュマン』に出演したことで役者として認知されたと感じたという[3]

現在はマドモアゼルに所属し、CMモデルなどとして活動している[9]。趣味・特技は、散歩[5]写真[5]料理[5]茶道[5][1][4]歌唱[2]絵画[2]

『フラッシュマン』で共演した植村喜八郎は、意外にひょうきんであると評している[10]

今後の戦隊シリーズへの出演について韓国紙・中央日報のインタビューで「(2017年時点で)還暦を控えているのでまた戦隊物に出演するのは難しいです。引退までモデルの仕事を続けていこうと思っています」 と語っている[11]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

  • アンドロマック(1983年、演劇集団 円
  • タンゴ・冬の終わりに(1984年、パルコ劇場) - トウタ
  • なぜか青春時代(1987年、パルコ劇場)
  • 竹取物語(演劇集団 円)
  • 国語元年(演劇集団 円)
  • 調理場(演劇集団 円)
  • 天保十二年のシェークスピア(演劇集団 円)
  • あなた自身の為のレッスン(演劇集団 円)

CM編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑2004』VIPタイムズ社、2004年、240頁。ISBN 978-4990124229
  2. ^ a b c d e f g h 『日本タレント名鑑'94』VIPタイムズ社、1994年、5頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 「INTERVIEW 垂水藤太」『東映ヒーローMAX Vol.23』辰巳出版、2007年、90-91頁。ISBN 978-4-7778-0461-0
  4. ^ a b c d 『日本タレント名鑑2017』VIPタイムズ社、2017年、940頁。ISBN 978-4904674086
  5. ^ a b c d e f g h 『週刊テレビ番組』1986年3月14日号、東京ポスト、 22頁。
  6. ^ a b 垂水 藤太”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2018年11月17日閲覧。
  7. ^ 垂水藤太のプロフィール”. オリコン. 2017年7月31日閲覧。
  8. ^ 「スーパーヒーロー作品 STAFF・CASTインタビュー」『テレビマガジン特別編集 テレビマガジンヒーロー大全集 増補改訂版』講談社、1992年、236頁。ISBN 978-4061784147
  9. ^ 垂水藤太”. モデルエージェンシー マドモアゼル. 2018年9月15日閲覧。
  10. ^ 超世紀全戦隊大全集 1993, p. 188, 「戦隊シリーズ キャストインタビュー 植村喜八郎」.
  11. ^ “日本の戦隊物『フラッシュマン』が韓国で愛された理由”. 中央日報. (2017年9月15日). https://japanese.joins.com/article/458/233458.html 2019年3月23日閲覧。 

参考文献編集

外部リンク編集