阿知波 悟美(あちわ さとみ、本名;石原 悟美、1959年5月16日 - )は、日本女優エンパシィ所属。身長165cm、血液型はO型。1児の母。北海道瀬棚郡今金町出身。日本工学院専門学校演劇科卒業。北海道二海郡八雲町在住[1]。今金町ふるさと応援大使[2]

あちわ さとみ
阿知波 悟美
本名 石原 悟美
生年月日 (1959-05-16) 1959年5月16日(64歳)
出生地 北海道瀬棚郡今金町
血液型 O型
職業 女優
配偶者 あり
主な作品
テレビドラマ
ダブル・キッチン
元禄繚乱
監察医・篠宮葉月』シリーズ
舞台
レ・ミゼラブル』/『佐賀のがばいばあちゃん
 
受賞
第18回読売演劇大賞優秀女優賞
テンプレートを表示

経歴・人物 編集

実家は浄土真宗の寺院。

高校時代から戯曲を読むのが好きで、高校卒業後、日本工学院専門学校演劇科へ進学。

2年間の専門学校課程を終えると賀原夏子が旗揚げした劇団NLTに入団。

1986年、『レ・ミゼラブル』初演キャストとしてマダム・テナルディエ役に合格。

2010年、『キャンディード』で第18回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。

2023年、第58回紀伊國屋演劇賞 個人賞を受賞した[3]

仕事の度に東京と北海道を往復する生活を送っている。

芸名を「阿波路(あわじ)悟美」と間違えられたことがある。

趣味・特技は料理で、よく舞台中に振舞っている。

おもな出演 編集

テレビドラマ 編集

NHK 編集

日本テレビ 編集

TBS 編集

フジテレビ 編集

テレビ朝日 編集

テレビ東京 編集

映画 編集

舞台 編集

  • Confusions〜ばらばら〜(劇団NLT
  • 羨ましい女たち(1994年 劇団NLT)
  • さあ どうする!?(2003年 劇団NLT)
  • 幸せの背くらべ(2003年 PARCO劇場・劇団NLT提携公演)
  • 日暮町風土記(2004年 劇団NLT - 永井愛・作)
  • 佐賀のがばいばあちゃん(2007年 劇団NLT) - 主演
  • マグノリアの花たち(2007年 劇団NLT)
  • 殺人同盟(2008年 劇団NLT)
  • 喜劇 二階の女(2023年、劇団NLT) - かね 役[4]
  • フィレモン
  • ザ・ミュージックマン
  • 血とバラ
  • ラブ
  • ティファニーで朝食を
  • レ・ミゼラブル(1987年 - 1991年・2007年 - 2010年) - マダム・テナルディエ
  • 滅びかけた人類、その愛の本質とは…(1993年 PARCO劇場 宮本亜門演出)
  • LADY DAY ビリー・ホリデーライブ(1994年 自由劇場 レニー・ロバートソン演出)
  • 危険なダブルキャスト(1995年 博品館劇場
  • ブラックコメディ(1995年 博品館劇場 萩本欽一演出)
  • ご親切は半分に…(1997年 東京国際フォーラムCホール)
  • 華岡青洲の妻(1997年 中日劇場 鴨下信一演出)
  • 西鶴一代女(1999年 帝国劇場
  • ミュージカル・エリザベート(2000 - 2001年・2010年8月 - 9月 春風ひとみとWキャスト) - ルドヴィカ
  • 賭けること(2001年 コットンクラブ)
  • 新宿〜路地裏の空海(2001年 椿組・花園神社野外劇)
  • モーツァルト!(2002 - 2007年・2010年・2014年・2018年・2021年) - セシリア・ウェーバー
  • 新・名古屋嫁入り物語(2000年 中日劇場)
  • エドガーさんは行方不明(2004年)
  • ブルックリン・ボーイ(2006年 演出:グレック・デール)
  • LDK vol.3(2006年 渡辺正行プロデュース)
  • いろどり橋(2006年 中日劇場)
  • ダンス・オブ・ヴァンパイア(2006年・2009年7月 - 8月・2015年11月 - 2016年1月) - レベッカ
  • おためし遊ばせ(2007年 名鉄ホール)
  • 恥ずかしながらグッドバイ(2007年 クラクラプロデュース 作・演出:中島淳彦
  • 海ゆかば水漬く屍 (渡辺正行プロデュース 2008年 作:別役実 演出:小林勝也)
  • 思い出トランプ (ONEOR8 2008年 原作:向田邦子 作・演出:田村孝裕
  • キャンディード(東宝 2010年 演出:ジョン・ケアード)
  • 想い出のカルテット~もう一度唄わせて(PARCO 2011年 作:E・オールビー 演出:高橋昌也)
  • 姑は推理作家(2011年8月13日 - 22日 三越劇場)
  • ラ・パティスリー(アトリエ・ダンカン 2012年 脚本・演出:藤井清美)
  • ジェーン・エア(松竹 2012年 演出:ジョン・ケアード)
  • 100歳の少年と12通の手紙(アトリエ・ダンカン 2012年 演出:鈴木勝秀)
  • しゃばけ(アトリエ・ダンカン 2013年 作・演出:鄭義信)
  • Be My Baby  いとしのベイビー(加藤建一事務所 2013年 作:K・ラドウィッグ 演出:鵜山仁)
  • カチバス(アトリエ・ダンカン 2014年 脚本・作曲:まきりか 演出:北澤秀人)
  • ウィズ〜オズの魔法使い〜(パルコ 2015年 翻訳・演出:宮本亜門)
  • TOC TOC あなたと少しだけ違う性癖(2016年 作:ローラン・バフィ 演出:山上優)『O.G.』(ユアストーリー 2016年 脚本・作曲:まきりか 演出:本藤起久子)
  • 劇場 ―汝の名は女優-(2016年 池袋グリーンシアター) - エディ劇場しゃばけ)aby(20年、三越劇場
  • グッドピープル(2021年10月27日 - 2021年10月31日・博品館劇場[5]
  • パルコ・プロデュース2022 舞台「桜文」(2022年9月5日 - 25日、PARCO劇場 / ほか大阪・愛知・長野公演)- お内儀[6]
  • ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜(2024年 脚本:リー・ホール 演出:スティーヴン・ダルドリー) - ビリーのおばあちゃん[7]

バラエティー・教養番組 編集

他多数

テレビアニメ 編集

CM 編集

その他 編集

  • ニッセン TVショッピング「売れ筋解明!買いたい新書」

脚注 編集

  1. ^ 「八雲在住の女優・阿知波さん講演 」/eHAKO函館地域ニュースアーカイブ:-)”. www.ehako.com. 2023年1月30日閲覧。
  2. ^ 北海道瀬棚郡今金町役場. “女優 阿知波悟美|ふるさと応援大使”. 今金町 行政情報. 2023年1月30日閲覧。
  3. ^ “第58回紀伊國屋演劇賞、JACROW・篠井英介らが受賞”. ステージナタリー (ナターシャ). (2023年12月15日). https://natalie.mu/stage/news/553281 2023年12月15日閲覧。 
  4. ^ 劇団NLT、獅子文六の短編小説を舞台化した「喜劇 二階の女」演出は鵜山仁”. ステージナタリー. ナターシャ (2023年11月6日). 2023年11月6日閲覧。
  5. ^ 格差社会を描いた現代アメリカ演劇の傑作『グッドピープル』 東京本公演が今週開幕”. ぴあ. 2021年10月25日閲覧。
  6. ^ 秋之桜子×寺十吾が届ける「桜文」乃木坂46の久保史緒里が“笑顔を見せない”花魁に”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年6月22日). 2022年6月22日閲覧。
  7. ^ ミュージカル「ビリー・エリオット」大人キャスト発表、鶴見辰吾・濱田めぐみらが登場”. ステージナタリー. ナターシャ (2023年12月18日). 2023年12月18日閲覧。

外部リンク 編集