メインメニューを開く

阿蘇 惟時(あそ これとき)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将阿蘇氏8代当主。

 
阿蘇惟時
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 不明
死没 正平8年/文和2年(1353年
別名 宇治惟時
氏族 阿蘇氏
父母 父:阿蘇惟国
惟直坂梨孫熊丸阿蘇惟澄室、
惟成[1]惟定
養子:惟澄恵良惟資子)、
惟村(阿蘇惟澄子)
テンプレートを表示

略歴編集

7代当主・阿蘇惟国の子として誕生[2]

元弘3年(1333年)に後醍醐天皇綸旨を受けて討幕軍に寝返った後、六波羅探題攻略や足利尊氏との戦いに参戦した。その後、長男・惟直に家督を譲って隠居したが、延元元年/建武3年(1336年)に惟直が多々良浜の戦いに敗れて自害したため、再び家督を継ぐ事となった。ところが、尊氏の調略で惟時の庶子・坂梨孫熊丸が相続者として大宮司に選ばれたため、阿蘇氏内部で内紛が発生する。惟時はこれを抑えるため、やむなく北朝側に寝返った。

しかし家中で不満が相次いだため、正平4年/貞和5年(1349年)に再び南朝側に帰順する。正平6年/観応2年(1351年)、家督を養嗣子・惟村に譲ったが、惟村の実父・惟澄が当主となって実権を握っていた。正平8年/文和2年(1353年)に死去。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 惟直の長男とも。
  2. ^ 『熊本県大百科事典』18頁中段

出典編集

  • 熊本日日新聞編纂・発行『熊本県大百科事典』、1982年
  • 熊本の風土とこころ編集委員会『熊本の人物』熊本日日新聞社、1980年、38-39頁
  • 阿蘇惟之編『阿蘇神社』学生社、2007年