メインメニューを開く

阿賀野川橋梁(あがのがわきょうりょう)は、新潟県新潟市東区北区に跨る阿賀野川に架かる東日本旅客鉄道(JR東日本)白新線鉄道橋である。

阿賀野川橋梁
阿賀野川橋梁。向かって左側が豊栄方面、右側が新潟方面
阿賀野川橋梁。向かって左側が豊栄方面、右側が新潟方面
基本情報
日本の旗 日本
所在地 新潟県新潟市東区(左岸)
新潟県新潟市北区(右岸)
交差物件 阿賀野川
建設 第1代 - 1956年
第2代 - 1979年
構造諸元
形式 複線下路式平行弦ワーレントラス13連
全長 約1,200 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

概要編集

 
 
白新線内での位置

白新線の沼垂駅(現(貨)沼垂駅) - 葛塚駅(現豊栄駅)間の延伸工事に伴って1956年(昭和31年)に完成した。大形駅 - 新崎駅間の阿賀野川に架かる全長1,200mの橋梁である。

1979年(昭和54年)に、東新潟駅新潟操車場) - 新崎駅間の複線化工事に伴い、阿賀野川の上流側に新しく架け替えられたのが現在のトラス橋(2代目)である[1]

旧橋梁は、横河工事により手延式引戻し工法で撤去されている。これは、センターホールジャッキで橋桁をジャッキアップし、手延機に橋桁を連結し、かつ自走台車に乗せてから引戻して撤去するというものである[2]

構造編集

初代の橋梁は、単線上路式プレートガーダーの形式である。

2代目の橋梁は、複線下路式平行弦ワーレントラス13連の形式であり、トラスは1977年(昭和52年)製造の日本橋梁製である。

周辺編集

左岸側編集

右岸側編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 県道16号と交差する辺りから、県道15号と交差する辺りまで旧線跡の築堤が確認できる。
  2. ^ 横河工事株式会社 工法資料室にて紹介されている「送出し工法(自走台車)」の逆手順が「手延式引戻し工法」である。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯37度55分9.6秒 東経139度8分44.1秒