阿辻 哲次(あつじ てつじ、1951年7月10日[1] - )は、日本漢学者言語学者中国文学者京都大学名誉教授漢検協会漢字文化研究所所長。

経歴人物編集

大阪府出身。1975年京都大学文学部中国語学中国文学科卒業。1980年京都大学大学院博士課程中退。『均社』第四代社長[2]静岡大学助教授。京都大学大学院人間・環境学研究科教授、2017年定年退任、名誉教授。

文化庁文化審議会国語分科会漢字小委員会委員で、2010年常用漢字追加の選定に携わる。

研究編集

人物編集

  • 家業が印刷工場であり、人名などで活字にない文字が注文された際に、既存の活字を削るなどしていたのを見て、漢字に興味を抱く。

著書編集

単著編集

  • 『漢字学―『説文解字』の世界』(東海大学出版会、1985、新装版2013)
  • 『図説 漢字の歴史』(大修館書店、1989)
  • 『知的生産の文化史―ワープロがもたらす世界』(丸善ライブラリー、1991)
  • 『教養の漢字学』(大修館書店、1993)
  • 『漢字のベクトル』(筑摩書房 ちくまライブラリー、1993)
  • 『漢字の字源』(講談社現代新書、1994)
  • 『漢字の文化史』NHKブックス、1994。ちくま学芸文庫 2007
  • 『文字 (一語の辞典)』(三省堂、1998)
  • 『中国漢字紀行』(大修館書店 あじあブックス、1998)
  • 『漢字の社会史―東洋文明を支えた文字の三千年』(PHP新書、1999)。読みなおす日本史・吉川弘文館、2012
  • 『漢字のなりたち物語』(講談社ことばの新書、2000)
  • 『漢字道楽』講談社選書メチエ、2001。講談社学術文庫 2008
  • 『漢字のいい話』大修館書店、2001。新潮文庫 2020
  • 『漢字のはなし』(岩波ジュニア新書、2003)
  • 『漢字三昧』(光文社新書、2003)
  • 『漢字の字源』講談社現代新書、2003)
  • 『漢字の知恵』(ちくま新書、2003)
  • 『部首のはなし―漢字を解剖する』(中公新書、2004)
  • 『故事成語 目からウロコの85話』(青春出版社・青春新書、2004)「故事・ことわざ・四字熟語」青春文庫 2017
  • 『タブーの漢字学』講談社現代新書、2004。講談社学術文庫、2013
  • 『「名前」の漢字学―日本人の“名付けの由来”をひも解く』(青春出版社・青春新書、2005)
  • 『知っておきたい漢字の知識』(柳原出版、2005)
  • 『部首のはなし〈2〉もっと漢字を解剖する』(中公新書、2006)
  • 『近くて遠い中国語―日本人のカンちがい』(中公新書、2006)
  • 『漢字を楽しむ』(講談社現代新書、2008)
  • 『漢字の相談室』(文春新書、2009)
  • 『漢字文化の源流 京大人気講義シリーズ』(角川書店、2009)
  • 『漢字逍遥』(角川書店・新書、2010)
  • 『漢字と日本人の暮らし』(大修館書店、2010)
  • 『戦後日本漢字史』(新潮選書、2010)ちくま学芸文庫 2020
  • 『漢字再入門 楽しく学ぶために』中公新書、2013
  • 『日本人のための漢字入門』講談社現代新書、2020
  • 『遊遊漢字学 中国には「鰯」がない』日本経済新聞出版〈日経プレミアシリーズ〉、2020年。ISBN 978-4-532-26435-2

共編・編著編集

  • 『角川 現代漢字語辞典』(角川学芸出版、2001)
  • 『ザ・漢字―「字源」から「パソコン文字登録」までの最強の雑学本』(学習研究社、2002)
  • 『角川新字源 改訂新版』(角川学芸出版、2017)

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ Ogawa, Tamaki, 1910-1993.; 小川環樹, 1910-1993. ((2005 printing)). Senjimon. Kida, Akiyoshi, 1950-, 木田章義, 1950-. Iwanami Shoten. ISBN 4003322010. OCLC 41188169. https://www.worldcat.org/oclc/41188169 
  3. ^ “日本の研究者、漢字の国際大会に参加 甲骨文字の発祥の地・河南”. AFP BB NEWS. AFP. (2017年9月26日). http://www.afpbb.com/articles/-/3143931 2017年11月7日閲覧。