メインメニューを開く

来歴編集

京都府京都市左京区で生まれ、父親の転勤に伴い、福井市堺市高槻市で育つ[2]高槻市立五領小学校洛星中学校・高等学校東京大学法学部卒業[2]1983年住友商事に入社し、車輌鋳鍛貿易部でアメリカ合衆国北部向けの鉄道車両の輸出に携わった[2]1963年からアメリカ合衆国に駐在[2]1991年ニューヨーク大学ロースクールに入学し、1993年に修了(比較法修士MCJ, 法学修士LL.M.を取得)[2]1992年ニューヨーク州弁護士資格を取得した[2]1993年、日本に帰国し、住友商事法務部に勤務[2]1996年より住友商事中国総代表室副部長[2]1997年に住友商事法務部課長に就任し、2000年に退社した[2]。退社後、義父である佐藤信二衆議院議員の事務所に入所し、2003年より公設秘書[2]2004年から2014年まで、ポール・ワイス・リフキンド・ワートン・ギャリソン外国法事務弁護士事務所カウンセル[2]

2007年第21回参議院議員通常選挙自由民主党公認で比例区から出馬したが、次々点で落選した[2][3]2008年より日本大学法科大学院非常勤講師[2]2010年第22回参議院議員通常選挙自由民主党公認で比例区から出馬したが、再び次々点で落選した[2][4]

2014年より東京大学大学院情報学環特任研究員[2]。同年12月、佐藤ゆかり参議院議員が第47回衆議院議員総選挙大阪11区から出馬するために辞職し、阿達が繰り上げ当選した[5]

2016年第24回参議院議員通常選挙自由民主党公認で比例区から出馬し、再選[6]。同年8月より自民党外交部会長[7]

2018年第4次安倍改造内閣内閣府大臣政務官国土交通大臣政務官に任命された[8]

所属団体・議員連盟編集

著作編集

脚注編集

  1. ^ “「日本を支えた」佐藤信二氏悼む 東京 葬儀に400人│ヒロシマ平和メディアセンター”. 中国新聞. (2016年5月13日). http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=59251 2018年10月7日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o プロフィール - 阿達雅志(あだちまさし)オフィシャルサイト
  3. ^ “比例代表 自由民主党:開票結果:参院選2007”. 読売新聞. https://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/kaihyou/yb00001.htm 2018年10月7日閲覧。 
  4. ^ “比例代表 自由民主党:開票結果:参院選2010”. 読売新聞. https://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/kaihyou/yb001.htm 2018年10月7日閲覧。 
  5. ^ “阿達氏が繰り上げ当選 自民の参院比例”. 産経新聞. (2014年12月4日). https://www.sankei.com/politics/news/141204/plt1412040053-n1.html 2018年10月7日閲覧。 
  6. ^ “開票結果・速報 比例代表・自由民主党(自民)【参議院選挙2016】”. 読売新聞. https://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/kaihyou/yb001.html 2018年10月7日閲覧。 
  7. ^ “小泉進次郎氏は農林部会長留任 自民、部会長人事を内定”. 産経新聞. (2016年8月18日). http://www.sankei.com/politics/news/160818/plt1608180012-n1.html 2016年8月18日閲覧。 
  8. ^ “第4次安倍改造内閣 副大臣25人、政務官27人の顔ぶれ”. 産経新聞. (2018年10月4日). https://www.sankei.com/politics/news/181004/plt1810040006-n1.html 2018年10月7日閲覧。 

外部リンク編集