阿部俊子 (国文学者)

阿部 俊子(あべ としこ、1912年 - 1993年)は日本国文学者。元大正大学教授。『伊勢物語』の研究で著名。

人物編集

1937年東京文理科大学国語学国文学科卒業。国文学(古代)専攻。文学博士。のちに学習院名誉教授大正大学教授等を歴任。夫は文学者の阿部秋生

著書編集

  • 『校本 大和物語とその研究』三省堂出版、1954年。
  • 『校本 大和物語とその研究 増補版』三省堂出版、1974年。
  • 『歌物語とその周辺』風間書房、1949年。
  • 『伊勢物語』(上巻・下巻)講談社学術文庫、1979年9月10日
  • 『大和物語』『日本古典文学大系9;竹取物語・伊勢物語・大和物語』岩波書店、1957年。(今井源衛と共著)
  • 『大和物語の伝本に就いて』東京教育大学『国語』第三巻第一号、1938年。

関連項目編集