メインメニューを開く

阿部 勝宝(あべ かつよし/かつとみ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武士甲斐武田氏の家臣。近年の研究により、本来は安部宗貞であると言われており、名前は他に貞村、定村とも。

 
阿部勝宝
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正10年3月11日1582年4月3日
別名 通称:五郎左衛門、安部宗貞
墓所 妙善寺
官位 加賀守
主君 武田信玄勝頼
氏族 阿部氏
テンプレートを表示

略歴編集

甲陽軍鑑』によれば、武田信玄に仕えて使番12人衆となり[1]永禄5年(1562年)、永禄5年(1562年)に信玄四男・武田勝頼信濃国高遠へ配置された際に付家臣となる[1]

『甲陽軍鑑』『甲乱記』によれば、天正10年(1582年)3月、織田信長による甲州征伐では最後まで勝頼に付き従い、天目山の戦いにおいて勝頼に殉じた[1]。織田軍を迎え撃ち、討ち死にしたと伝わる。

墓所は山梨県甲斐市宇津谷妙善寺

脚注編集

  1. ^ a b c 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』 新人物往来社、1990年、51頁。 

出典編集

  • 平山優『武田氏滅亡』〈角川選書〉、2017年。ISBN 978-4-047-03588-1

登場作品編集