メインメニューを開く

阿部 和成(あべ かずなり、1989年5月19日 - )は、福岡県大牟田市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

阿部 和成
千葉ロッテマリーンズ #60
Kazunari Abe2011.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県大牟田市
生年月日 (1989-05-19) 1989年5月19日(30歳)
身長
体重
183 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト4巡目
初出場 2011年9月17日
年俸 810万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

小学1年時に大牟田イーグルスで軟式野球、5年時に投手を始める。6年時には、エースとして福岡県大会へ出場した。

田隈中学校への進学後に軟式野球部に所属すると、2年時の秋にチームを福岡県大会準決勝へ導いた。当時から県内屈指の好投手として評価されていたため、複数の高校から入学を勧誘されたが、実際には地元の大牟田高等学校へ進学。1年時の夏からエースとして活躍した。2年時の秋に福岡県大会優勝・九州大会準優勝を成し遂げたことから、3年時の春に第79回選抜高等学校野球大会へ出場。佐野日本大学高等学校との1回戦では、先発で8回3分の1を投げて7失点で敗れたものの、自責点は0であった。

2007年のNPB高校生ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから4巡目で指名。契約金3,000万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は60

プロ入り後編集

2008年には、イースタン・リーグにおける二軍のチーム防御率が5.02という状況で、先発リリーフ両方でフル回転。同リーグ公式戦28試合の登板で、2勝4敗、防御率3.29という成績を残した。

2009年には、イースタン・リーグ公式戦19試合に登板。1勝1敗、防御率5.74を記録した。

2010年には、イースタン・リーグ公式戦10試合の登板で、1勝2敗、防御率6.56という成績にとどまった。

2011年には、6月にイースタン・リーグの月間MVPに選ばれた[2]ほか、リーグの最終規定投球回へ初めて到達。通算18試合の登板で、リーグ5位の防御率2.68、6勝3敗、1完封勝利、2完投という好成績を残した。7月21日のフレッシュオールスターゲーム富山アルペンスタジアム)でも、同リーグ選抜の先発投手として、2回を無失点に抑えた[3]。9月17日の対オリックス・バファローズ戦(QVCマリンフィールド)で、先発投手として一軍公式戦にデビュー。勝ち負けは付かなかったが、5回0/3を2失点に抑えた。以降も2試合へ登板したものの、2連敗でシーズンを終えた。

2012年には、一軍公式戦で6試合に登板。4試合で先発を任された。前年と同じく白星は付かず、2敗を喫したものの、防御率は3.95と前年(12.96)から大幅に改善した。イースタン・リーグ公式戦では、15試合の登板で3勝4敗、防御率3.23をマーク。

2013年には、5月6日に地元・福岡 ヤフオク!ドームの対福岡ソフトバンクホークス戦で先発。一軍公式戦へのシーズン初登板ながら、6回1/3を無失点に抑える好投で、一軍公式戦初勝利を挙げた[4]。一軍公式戦全体では5試合の登板にとどまったが、2勝0敗、防御率4.22をマーク。イースタン・リーグ公式戦でも、最終規定投球回へ2年振りに到達すると、リーグ3位の防御率2.91、5勝3敗を記録した。

2014年には、イースタン・リーグ公式戦24試合に登板。しかし、5勝9敗、防御率6.27と振るわず、一軍公式戦への登板機会はなかった。

2015年には、一軍公式戦14試合の登板で、1勝1敗、防御率4.50をマーク。イースタン・リーグ公式戦では、15試合の登板で2勝2敗2セーブ、防御率4.81を記録した。

2016年には、レギュラーシーズンの開幕を一軍で迎える[5]と、一軍と二軍を行き来しながら一軍公式戦13試合に登板。イースタン・リーグ公式戦では、21試合の登板で1勝1敗4セーブ、防御率3.68という成績を残した。

2017年には、イースタン・リーグ公式戦で、チーム最多の45試合に登板。2勝3敗ながら、クローザーとしてチーム最多の6セーブを記録したが、一軍公式戦では2試合の登板にとどまった。後に述懐したところによれば、シーズン終了後には球団からの戦力外通告を覚悟していたという[6]

2018年には、オープン戦から一軍へ帯同。開幕一軍登録も果たしたが、登板機会のないまま、開幕カードの終了後に登録を抹消された。6月3日の対広島東洋カープ戦(ZOZOマリンスタジアム)4回表に、同点で迎えた1死満塁の局面からシーズン初登板を果たすと、無失点で凌ぐことによって、チームの逆転勝利につなげた[7]。その後も4試合に登板したものの、1敗を喫しただけでシーズンを終了。イースタン・リーグ公式戦では、35試合に登板すると、前年に続いてチーム最多の7セーブを挙げた。

2019年には、一軍公式戦4試合に登板。8月29日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天生命パーク宮城)でプロ初ホールドを挙げたことを皮切りに、2つのホールドを記録したほか、シーズンを通じて無失点で凌いだ。イースタン・リーグ公式戦でも48試合の登板で2勝1敗3セーブ、防御率2.74と好投。しかし、レギュラーシーズン終了後の10月3日に球団から戦力外通告を受けると、同月30日に現役引退を発表した[8]

現役引退後編集

「引退してもマリーンズの仕事に関わっていたい」との意向に沿って、2019年11月1日付で、ロッテの二軍サブマネジャーに就任[8]

選手としての特徴編集

細身ながら、しなやかな腕の振りから繰り出される最速143km/hのストレートと、切れ味鋭いスライダーが武器。ロッテへの入団後は、スライダーやチェンジアップといった多彩な変化球と、キレのある直球のコンビネーションで勝負していた。2013年以降は、当時一軍のブルペンコーチを務めていた川崎憲次郎直伝のシュートも、勝負球に用いていた[9]

ストレートについては、ロッテでの現役末期(2018年)にチームへ導入されたトラックマンで回転数を計測したところ、平均値より極端に少ないことが判明した。判明当初は回転数の少なさを引け目に感じていたが、「回転数が少なくても平均値より大きくずれていた方が、打者の体感が変わる分だけ武器になる」という球団スタッフからのアドバイスを受けたことをきっかけに、自信を持って投げられるようになったという[6]

また、打者としての能力も高く、高校時代には対外試合で通算24本塁打を記録した。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2011 ロッテ 3 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 50 8.1 17 1 7 0 2 3 0 0 12 12 12.96 2.89
2012 6 4 0 0 0 0 2 0 0 .000 111 27.1 28 3 5 0 0 6 0 0 13 12 3.95 1.22
2013 5 4 0 0 0 2 0 0 0 1.000 91 21.1 25 1 10 0 1 7 0 0 10 10 4.22 1.64
2015 14 1 0 0 0 1 1 0 0 .500 89 20.0 26 3 8 0 0 11 2 0 10 10 4.50 1.70
2016 13 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 85 17.1 22 2 11 0 0 6 0 0 10 9 4.67 1.90
2017 2 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 10 2.0 3 2 1 0 0 1 0 0 3 3 13.50 2.00
2018 5 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 21 4.0 4 0 4 1 0 2 0 0 3 1 2.25 2.00
2019 4 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 14 4.0 1 0 2 0 0 2 0 0 0 0 0.00 0.75
NPB:8年 52 12 0 0 0 3 6 0 2 .333 471 104.1 126 12 48 1 3 38 2 0 61 57 4.92 1.67
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手












2011 ロッテ 3 1 2 0 0 1.000
2012 6 1 5 0 0 1.000
2013 5 0 3 0 1 1.000
2014 14 0 3 0 0 1.000
2015 13 3 2 0 0 1.000
2016 2 0 0 0 0 ----
2017 5 0 0 0 0 ----
2019 4 0 1 0 0 1.000
通算 52 5 16 0 1 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録編集

背番号編集

  • 60 (2008年 - )

登場曲編集

  • 「お前はスゲぇよ! 」175R(2011年 - )

脚注編集

  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月29日閲覧。
  2. ^ 2軍月間MVPにロッテ・阿部、広島・庄司 デイリースポーツオンライン、2011年7月7日
  3. ^ 2011年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果
  4. ^ “ロッテ阿部、故郷福岡でプロ初勝利 恩人ノリと対戦したい”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年5月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/07/kiji/K20130507005753750.html 2013年5月30日閲覧。 
  5. ^ “ロッテ阿部は現状維持950万「いい年にしたい」”. 日刊スポーツ. (2016年11月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1744510.html 2013年5月30日閲覧。 
  6. ^ a b “プロ11年で一軍43登板の崖っぷち男。ロッテの29歳・阿部和成が広島斬り。(3)”. NumberWeb. (2018年6月6日). https://number.bunshun.jp/articles/-/830997?page=3 2019年10月31日閲覧。 
  7. ^ “プロ11年で一軍43登板の崖っぷち男。ロッテの29歳・阿部和成が広島斬り。(1)”. NumberWeb. (2018年6月6日). https://number.bunshun.jp/articles/-/830997 2019年10月31日閲覧。 
  8. ^ a b “阿部投手 現役引退と二軍スタッフ就任のお知らせ”. 千葉ロッテマリーンズ. (2019年10月30日). https://www.marines.co.jp/news/detail/00004930.html 2019年10月31日閲覧。 
  9. ^ 今度は年俸700!ロッテの“格安右腕”阿部が2勝目”. スポニチ Sponichi Annex (2013年5月30日). 2013年6月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集