阿部 定高(あべ さだたか)は、武蔵岩槻藩の第3代藩主。阿部家宗家3代。

 
阿部 定高
時代 江戸時代前期
生誕 寛政12年(1635年
死没 万治2年1月23日1659年3月16日
改名 千勝(幼名)、定高
別名 別名:正貞、貞勝、成利
戒名 普広院孝誉寂照閑清
墓所 埼玉県さいたま市岩槻区加倉の浄国寺
官位 従五位下、備中
幕府 江戸幕府
武蔵岩槻藩
氏族 阿部氏
父母 父:阿部重次、母:松平定勝の娘・正寿院
兄弟 定高正春
正室:松平定頼の娘
六丸、正邦
テンプレートを表示

来歴編集

寛永12年(1635年)、第2代藩主・阿部重次の長男として生まれる。慶安4年(1651年)に父・重次が江戸幕府第3代将軍・徳川家光に殉じたため、家督を継いで第3代藩主となる。このとき、弟の三浦(阿部)正春に新田1万6000石(大多喜新田藩)、従兄で大多喜藩主(当時岩槻藩の支藩に近かった)の阿部正令(正能)に6000石を分与したため、岩槻藩の所領は9万3000石となった。11月17日に日光山御造営奉行に任じられ、12月29日に従五位下・備中守に叙位・任官される。

慶安5年(1652年)7月24日に正令が新田6000石を定高に返還したため、岩槻藩は再び9万9000石となる。明暦3年(1657年)の明暦の大火で焼失した江戸城二の丸の普請奉行も務めた。

万治2年(1659年)1月23日に死去。享年25。このとき、家臣の小倉政光が殉死している。

定高には次男の作十郎(正邦)がいたが、前年に生まれたばかりだったため、家督は弟の正春が継ぐこととなった。