メインメニューを開く

阿部 房次郎(あべ ふさじろう、慶応4年1月18日1868年2月11日) - 昭和12年(1937年5月12日)は、日本の実業家政治家。長男の阿部孝次郎東洋紡績社長。

あべ ふさじろう
阿部 房次郎
Abe fusajiro.png
生誕 1868年2月11日
滋賀県彦根市
死没 (1937-05-12) 1937年5月12日(69歳没)
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
出身校 慶應義塾大学
配偶者 ゑき
ゑみ
子供 信吉(ゑきとの子)
阿部孝次郎(ゑみとの子)
ふみ(ゑみとの子)
藤造(ふみの夫、娘婿
荘吉(ゑみとの子)
まさ(ゑみとの子)

来歴編集

近江国彦根(滋賀県彦根市)出身。辻兼三の子として慶応4年(1868年)に生まれ、明治28年(1895年金巾製織阿部市太郎の養子となる。

慶應義塾に学び明治26年(1893年)卒業。

明治27年(1894年近江銀行、明治33年(1900年近江精油取締役、明治34年(1901年阿部製紙王子製紙の前身のひとつ)専務、、明治37年(1904年)経営不振の金巾製織に専務として入り、再建に尽力する。その後金巾製織は明治39年(1906年)に大阪紡績と、大正3年(1914年)に三重紡績と合併して東洋紡績が発足、山辺丈夫社長の下で専務となった。南洋、中国、インドにも販路を広げ綿布を輸出。大正15年(1926年)に社長に就任。

また昭和レーヨン、裕豊紡各社長、上毛電力、王子製紙、湖東紡各取締役、大阪商工会議所顧問、大日本紡績連合会会長などを歴任した。

昭和6年(1931年)には勅撰貴族院議員となる。

美術蒐集家としても知られる[1]

脚注編集

関連項目編集