メインメニューを開く

阿部 昌樹(あべ まさき、1959年7月15日 ‐ )は日本法学者。専門は法社会学大阪市立大学教授

目次

来歴編集

群馬県高崎市に阿部家の長男として生まれる。京都大学大学院法学研究科を卒業したのち、1989年から1992年まで同大学職員、その後大阪市立大学助教授、2001年より教授を務める[1]

学歴編集

職歴編集

  • 1989年京都大学法学部助手
  • 1992年大阪市立大学法学部助教授
  • 2001年同教授

学会活動編集

著書編集

  • ローカルな法秩序(勁草書房2002年)
  • 争訟化する地方自治(勁草書房2003年)

大阪都構想について編集

大阪横浜名古屋の3市立大学の連携事業で設置する大都市制度研究会のメンバーとして大阪日日新聞の取材に答えている。「府市で重複する施策は一元化される」としつつも、「一元化が唯一の方法ではない」としている[2]

脚注編集

  1. ^ 大阪市立大学研究者要覧
  2. ^ 阿部昌樹教授に聞く「大阪都構想」判断のポイント(大阪日日新聞)